風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 親の悪口と 人間関で発生する爆弾

<<   作成日時 : 2013/11/26 02:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間、ネット上の顔、でも色んな人が居る。
2ちゃんねるの書き込みとかだとみんな書き方や言葉遣いが同じで
全員同じ人間に見えてくるけど
真面目な話になると結構バラバラな意見が出たりする。

僕のフォロワーでまぁ二人間逆の人が居て

片方はコメディアンとゆうかアイドルとゆうか
嫌なことを書かない、かなり人に見せるための書き方?をしてる人。

もう片方は本音でボロクソ書く人。
かといって言うことが的外れなわけではない。
むしろ同感することが多い。
「○○はクソゲーだった!」
「今年のクラニンの特典しょぼい!」みたいな。


前者は相互フォロワーなんやけどなんか
僕には本音で話されてない、って印象。
まぁ本音で話されたいんなら僕の信頼度的なものを
上げるようにすればいいだけ。

で、まぁ あんなアイドルみたいに良い書き方しか書かないのって
しんどくはないのかね、と思ったりする。

後者の人ほどでもないにしろ
時々適度に自分の嫌な部分こぼしといた方がいいんじゃね?と。



僕のブログは閲覧数10行けばいい方なひっそりしたもの
だからってわけじゃないけど
まぁ自分の嫌な部分を隠そうとはしてない。
嫌なことや嫌いなことについてボロクソ書くのも躊躇わない。

まぁ常連でブログ読んでくれてる人居るんやけど
その人に減滅されても別に構わない…こともないけど
まぁされたらされたでまぁしゃあないと思う。
ここに書いてるのは全部僕の本心だし。

誤解で伝わって嫌われるのは嫌やけども
まぁそれも誤解されない書き方を目指すように、とゆうか。





極端に特殊な家庭環境で育ったわけでもない場合の人の
”親”への見方。
良い見方の人も居れば悪い見方の人も居ると思うけど
一般的にはどっちが多いのか。
友達居ない僕は人と話すことが少ないし
話すにしても親をどう思うかとかって話はあんまりしない。
だから周りは自分の親をどう見てるのか、ってのは分からん。


まぁ僕の場合は両方。良くも悪くも。
とゆうより普通にしてたら悪い見方(親を嫌う気持ち)が働くから
良い見方で考えるようにしてカバーしてるって感じ。



僕は物盗んだり壊したり極端な悪いことはしたわけでもないけど
勉強、運動、友達、資格、体型、など
それらの人間としての能力が人並み以下で、
しかも伸ばそうとゆう気持ちもない、ってだけで 親には
生きる資格のない人間の屑と言わんばかりに罵倒され続けてきた。

ってのと

僕と親は親子であると同時に 共同生活してる相手だから。
グループの生活のための金や食べ物は全部親がまかなってる、
僕はそれらを仕入れない。
まぁ子供だから、ってのもあるけど それならせめて
親の要望に応えて自身の能力を上げる努力をすべきだったんだろう、
その気すらもなかったんだから親は憤怒して
ある程度虐げられたのも当然の報い、だと納得してる。


まぁ両方やな。こんな感じで。




幼稚園児だか入園前だったかってぐらいの古い記憶なんやけど

僕が口の怪我か病気で 声を出そうとすると痛みが沸いて泣くほど、
って状態になってて
喋れないから あいうえお表で言いたいこと伝えてたんやけど
母がキレて「しゃべれー!!」と怒鳴ってきて
僕が口押さえて泣きながら ブンブン首を振ってた。

テレビでしゃぶしゃぶってのを初めて見た。
生肉を鍋のお湯につけて温めるやつ。
で、しゃぶしゃぶ食べたい、つったら作ってくれると。
そしたら夕飯のおかずの一つに 煮た豚肉があっただけやった。
 まぁ他にも 今夜は寿司、と言われ期待してたら
 ちらし寿司だったりってこともあったけど。

「これしゃぶしゃぶじゃない」…つったら
母が弟の皿の肉を箸でつまんで僕の皿に投げてきて
「これがしゃぶしゃぶてー!」みたいな。
「食え!」と。まぁ弟に悪いと思いながら食った。


初めて胸倉つかまれたのも母親やったな。確か。
あとは小、中学で
死ね、気持ち悪い、知恵遅れ、張り倒すぞ、父親の汚い血が流れてる、
飯だけ食いやがって、お前に与えてる飯は何処に行ってるんやろうね、
等々言われてきた。

まぁやっぱ女だからか暴力はそれほど痛くはなかったけど。
月に、1、2回こんな風にキレることがあって
家に一緒に居るのがしんどかった。
家出、とかは考えなかった。
無力な子供の家出なんか数時間しか持たんのも分かってたし
帰ってきたとき余計何か言われそうな気がして諦めてた。
嵐が過ぎるのを待った。

親の元を離れてもいい将来に懸けてた。






まぁ世の中 子供を虐待したり 物を買い与えなかったり
捨てたり殺したりする親だって居るけど。
まぁ僕も前述の通り 人並みに持つべき能力もなければ向上心も無く
優しさも持ち合わせてなく 自分の権利や不都合ばかり考えてる
クズな子供だったし。
そんなクズをちゃんと見放さず育ててくれた、ってゆう。
物買ってもらったり遊びに連れてってもらったりしてもらってるし。

親も僕も人間だし万能じゃない、
嫌なことされたけど自分もクズだから当然の報いだった、
と納得してる。


まぁ暴言言われた時
「クソッタレが…!」
「家を出たら本当…」ってゆう
気持ちが消えたわけではないし

総合的に言えば
感謝はしてるけど愛してはない、って感じ。
今後とも親を大事な人間だと思うことは無いと思う。






で、まぁ本題なんやけど


僕の母は稀になんか 感傷に浸っていい気持ちになって
なんか言ってくることがある。
つっても2回やけど。



1回目は高校の頃。
僕の母は うどん(僕の友達)の母と友達で
まぁある日悩みとか聞いてもらったみたいで、
なんか「一人だけでも悩み聞いてくれる友達は持ってた方がいいばい」
って感じの あんま覚えてないけど
まぁ格好つけて、とゆうか、諭すような言い方で語ってきた。

どの口が言うか。

友達居ないのって本人が困ることであって
他人にとやかく言われないかんようなことじゃないのに
僕が友達居ないのを散々責めてきて
僕は 親に怒られないために友達増やそうとするようになって
それほど仲良いわけでも 仲良くなりたいわけでもない相手を
家に呼ぼうとしたり
友達居ないことが不安でこのままじゃやばいと夜中泣くようになったり
友達って何?って考えるようになって
口先だけの付き合いとか…ってゆう反抗的なものの見方をするようになったり。

「友達」とゆう概念について散々悩ませて
反抗的な気持ち、見方させといて
僕を一時期そうまで追い詰めたくせに
よくそんな綺麗な言葉を言えたもんやな、と。
よく友情とか語れたな、と。






で、まぁ2回目は僕が放浪出て間もない頃。
たまに母とメールするんやけど。
なんか一度長文のメールが届いて。
内容としては
弟が確か自主的に就職探し出した、ってゆう報告。
まぁ僕も弟もしっかりしてくれた人間に育って
自分は親としてちゃんと出来ただろうかってゆう
気持ちになりました、みたいな感じの。

返信も保管もしてないんで
すでに仕事のメールに埋もれて消えてるけど。

親として自分はちゃんとしてるのに
こんな出来損ないになりやがって!!、じゃなかったの?
今まではそう言われてきたけど?
僕もそれで納得してるけど?


なんか(育児期間が)終わってから
こんなさぁ…っつーか。






なんやろ。
僕は敵や悪人はずっとそれで居てほしいんですわ。
こっちがしっぺ返しを食らわせたりしない限り
勝手に改心とかしないで欲しい。
って感じなんだわ。

損害があるときはチンピラかヤクザみたいに
脅して取り立ててきたくせに
金返した途端善良的な市民ヅラに戻ったI組。

なんか勝手に揉め事、みたいな感じにされて
僕を殴ってきて、それで気が済んで
その後また馴れ馴れしくなってきた
高校で特に僕をいじめてた変顔坊主。


僕と相手の間に 恨み、モヤモヤしたもの、が発生して、
僕の方に押し付けて自分だけ綺麗になった後で
僕が一人憤りを抱えたままなのを
「あいつ何怒ってんの?ww」みたいな風に言ってくるような。

爆弾ゲーム、とゆうか。
 ヨッシーアイランドのボーナスステージの
 コマンド入力して爆弾を相手にパスする、のを繰り返して
 爆発した側が負け、ってなるミニゲーム。

 しりとりやクイズでその概念を取り入れて
 膨らんでいく風船持ってて
 答えを言って相手にパスして
 破裂したら持ってた人の負け、みたいな。

まぁ現在進行形で爆弾抱えてる人って
焦り、不安、のような気持ち。
抱えてない人はとりあえずその時点で安堵してる。

まぁゲームじゃなく
人間関でのいざこざでの爆弾はもっと気分悪いもの。

永久に人に渡すことができず、爆発もしないからずっと残る、
そーゆー爆弾を抱えさせられたような気分。
こないだブログで言いたかった
「スケープゴート的な」ってのはこーゆーことやな。


まぁその爆弾を今までの人生 
色んな奴に結構押し付けられてきたと思う、
いやまぁ誰かに押し付けることもいっぱいあったから
それでチャラにすべきなんやけど。

やっぱ人間誰かに迷惑かけ合って生きてるから。
まぁ誰かに迷惑かけられてる分
自分も誰かに迷惑かけてるんだから
ある程度は許したり我慢したりすべきだと思ってる。


でも迷惑かけた奴がその相手に
馴れ馴れしくすんのは違うやろ、って。
お前がダイレクトに与えた爆弾
現在進行形で相手は抱えてるんやぞ、って。


I組とか高校の変顔坊主とか。
連中が何事もなかったかのように
馴れ馴れしくしてくんのがどうしても許せん。

僕が爆弾を相手に返して
それを相手側が消化できたんならまだいい。

僕の方で消化することは多分無いな。
自分が正しいと思ってるんで。
まぁ向こうも同じだろうから。
要するに和解することは永久に有り得ない。
相手が変わらない限り(折れない限り)。

一人で勝手に憤りを抱えてる僕を
相手や世間は 馬鹿にしてきたり
相手の方が正しい、僕がおかしいとか勝手なこと言ったりしても
僕だけは連中を否定する。
正しいとか、良い人間として見ることはない。







で、まぁ話戻すけど。

母。
まぁ僕も母に色々嫌な思いさせたんでお互い様ではあるけど。
かなり学校に呼ばれたり恥ずかしい思いしたらしいし。
まぁ前述の通り僕は物盗んだり壊したり
するような子供ではなかったから
大概は相手が先に仕掛けてきたか、授業で寝てた、とか。



僕が「このクソ親が…」って思ってきたのと同時に
母も「この出来損ないが…」とか思ってたんやろうな、と。
まぁお互い様やな。


で、なに感傷に浸ってんの、って。
母の方だけ勝手にそれ解消できたとしても。
僕の方はまだ解消しきれてないんやけど。

…ってわけでもないな。
別にもう結構どうでもいいとゆうか。
やられてた当時は本当に
「畜生この母が…」「家出たら本当…」とか思ってたけど
今ではそれほどでもない。

理由はおそらく
時間と、自分の方の落ち度と、もう会ってないから、
って感じだと思う。



まぁ何やろ。
とりあえず許す。
かといって会いたいって気持ちも沸かない。
一緒に居てストレスが溜まる相手だとよく分かったし。
 放浪出てから全然ホームシックにならないし。
たまーにでいいんやね?
向こうがいいなら別に会わなくてもいいけど
モラシー(猫)には会いたいんで帰るけど。
まぁ死に目には顔出すわ。できる限り。

僕にできることってのは
まぁ僕が 親や親のしてきた育て方が
あんまり良いものと思ってない、
ってのをまぁ 死ぬまで伝えないようにすることかね。

父も母も人生として結構後半、終わりに来てる方だし。
もうこれ以上子供を育てることは無いだろうし。
もうやり直しようがないし。
今更間違いを咎めることもないやろ。

僕から見ての親の評価、親が僕をどう育てたか、
正しかった、と思い込んだまま逝ってもらおう。

僕の本音を知られないようにするのと、
まぁ中年になったらとっとと死を早めようかって考えてるけど
最低でも親が死ぬまでは生きよう、って感じ。
それが僕の親孝行。

まぁ僕は交際、結婚したりする可能性低いから
多分孫を見せたり出来んだろうからそれは申し訳ないけど。
その辺は弟に任せる。


まぁそんな感じ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親の悪口と 人間関で発生する爆弾 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる