風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 気分欲の話。 弱肉強食かその逆か

<<   作成日時 : 2014/09/24 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

23の誕生日で まともに生きてる人は
そろそろ結婚しててもおかしくない歳って言ったけど
別にそうでもないな。
ろくでもない奴も早めに結婚してたりする。
何にせよ 人と場合による。

相手の事情やら言い分、思考を
理解したり知ろうともしない奴が
正義だの善だの語る資格が無い。

 もちろん こんな事情があるから
 仕方ないだろ とか主張する方も
 正当な人間ぶる資格無いが。


そーゆー人、場合は単純に
勝ち負けを主張する方がまだいい。
叩く理由も「むかつくから」でいいやろ。

理解できないというより
あえて理解しない ことで
相手に出す二択
・弁解する余地
 (納得させれるもんならさせてみろ みたいな)
・叩かれて当然の悪の立場

この相手ってのが少数派だったり
弱い立場だったりする つーかそれが大概。

慰安婦問題での問題発言とかな。
「いやそーゆー意味じゃなくてですね…」
「そーゆー意味で言ったんだろ!」みたいな。




さて、最近は
なぜ人を殺しちゃいけないのか、とか理屈考えてて
思ったことやけども。
記事一つじゃ書ききれそうにない。


答えにならないから先に自分の見解だけ出しとくと
それが正しいって決まってるから。
多数派がそう決めてるから。

その問い方にもよるが 大概は調子こいた子供とかだろう。
「なんで人を殺しちゃいけないんですか」とか聞く奴は
安全地帯でぬくぬく育ってきたくせに
血だの暴力だの凶器だの 世の中の暗の部分に憧れだか持って
そんで危険地帯に出てみるんならまだしも
安全地帯の中で自分より弱い者にのみ手を出して
「暗の部分」に触れた気になって悦に浸るガキ。




僕 悪い奴嫌いなんですわ。
一言に悪い奴じゃ語弊があるけど
それ相応の苦難や理不尽を受けて価値観が変わったわけでもなく
まぁ上記のような悪への憧れや我侭みたいな悪。

あと正しさ武器にする奴。
悪い奴叩くのが気分いい、ってのを
正しさのため、だの理屈に置き換えてる、その自覚が無い奴。
そんな感じ。

人間そんな所があるから仕方ない、自分もある、と
理解はしているけど容認していけるかどうか分からん。
 容認できるかは自分の心の強さ次第やな。



あからさまな 善人も悪人もそうそう居ない。
人が持つ 善い部分と悪い部分(と呼ばれるもの)って
0か100じゃない。
それが多いか少ないか、周りがどう見るかで。

善い悪い、は別として 人は誰しも
・他人を攻撃する、恐れられる
・他人に親切にする、感謝される

これらを気持ちいいと感じるもの。

人としての正しさやら
善い悪い、って概念は後からついたオプション。

悪い奴なら攻撃していい。
悪い奴は叩かれるのがいいってのは
かの「おめでたい教え」ですら肯定してきた。
 むかしばなしのいじわるじいさんしかり
 グリム童話の継母(ままはは)しかり。


「気分欲」とでも呼んどこうか。

嫌な奴が優しくなったり、
優しい人がひどいことしたりってのは
単にその時の気まぐれ、気分欲に従ってるだけ。

幼いとき よくあったけど。
普段相手が気に食わないのに普通に接そうとしたり
意地の悪い相手が居て警戒してたら
相手が優しくしてきたらなんか乗せられてしまう、とか。

 落とし前をつけずにどちらかの落ち度をうやむやにして
 仲直りしたり出来るってのは良い意味で子供特有のものやな。
 僕は今じゃもう無理やけど。

友達なのにも関わらず 仲良くしたり馬鹿にしてきたり、
度々態度を切り替えてくる奴居たが
それって 人として、の概念より
自分の気分欲に忠実、って奴なんやな。

 僕の友達だった奴で過去に2人ほど、
 僕と二人きりの時は好意的に、
 他に友達が居るときは悪意的に接してくる奴がいた。
 まぁ僕は彼らにとって都合のいい相手やったんやろうな。
 友達かサンドバックか 欲しい時次第で切り替えられる。


そう考えると I組って両方やってきたな。
相手が悪いんだから、って感じでボロクソ言ってきたり
取るもん取った後で
困ったら来いよ、とか善人のような振る舞いをしてきたり。

僕ももう「気分欲」で振り回されるほど単純じゃないから。
このI組ってバカなのか、
僕がバカだと思われてるのかのどっちかやな。





F社での赤羽騒動。
ABさんが僕を騙してシェアハウスとして部屋貸してたこと。
そのことを問い詰めに行ったときの話やけど。
まぁ僕もあんま相手責めたくないんやけど、
内容が内容だから重いムードになってた。
そしたら急にABさん「そのシャツいいね」つってきた。
気分っつーか空気のバランス元に戻したかったんだろう。
しっかりした人間なら「話を逸らすな」と言うべきなんだろうけど
僕もそんな空気に不慣れなもんだから
「あぁはい、こないだ仕事でもらったんですわ」とか合わせてしまった。
情けない。





高校の頃 僕いじめてきた奴って いわゆる強者ではなかった。
上司にヘコヘコ、同僚にヘラヘラ、
いじめても問題なさそうな奴一人だけ叩いて解消するような感じの。

 いじめても問題なさそうな奴ってのは
 世間から必要とされてない死んでもいいような人間。
 弱いから反撃される心配が無い。
 友達居ないから 他の誰かにまで恨みを買われることが無い。
 元々成績悪いから 勉強しなくなっても先生が味方に付かない。
 まぁつまり当時の僕みたいな。
 誰にも狙われて無いだけで今もそうなのかもしれんけど。



中学の時も いじめらしきことは受けたな。
そいつも強者では無かったけど勉強できる男子。
色白で女子とばかり話してるから
男子たちから「オカマ」とか呼ばれてた。
時には友達っぽく接してきたり
時には理不尽に殴ってきたり。
僕みたいな唯一勝てる男子が居てうれしかったんだろうな、と思う。
彼の方には別に恨みはない。


いじめ自体が 気分欲を満たすためにやるものなんやろうな。
大概。



高校の時 友達にそいつのことを話し、っつーか愚痴った。
強者にへつらい弱者にしか手を出さない所。
そしたら「人間誰だってそんな所あるやろ」と。

 だから大人しくしてろってのか、って話やけど。
 嫌だったら反撃できるようになれってことやな。



生き物の根元の部分言い出したら
そりゃ強者か弱者か、って話。
けどそればかりでいいのか、っていう論が
「人間として〜」って部分なんじゃないの。

欲か理性かって話か。



以前「偉い」には2種類あると言ったけど。
落とした食べ物踏みにじる奴か拾って食う奴か。


「上の立場」にも二種類あるな。
心から尊敬できる相手か
立場上 敬うしかない相手か。

上司、客、目上、先輩とか。

強く出れる立場にあれば強く出るのが人の性。
自分が客だとか 相手が年下だとか
その立場を利用して横暴に振舞うことは出来る。

出来るからって やる、やらない、は選べるもんで。

人間は「強さが全て」「人としてどうこう」の
両方持ち合わせてるもんだと思うけど。
前者ばかりの人間、つまり勝てると決まった場合に限り欲に忠実で
弱肉強食だ 人の性だの理屈抜かすとか
そんな奴ってどうよ、って話なんだが。

極力後者の選択を多く取っていられる、のが
人間として…って感じなんじゃないの、とか

まぁそんな感じ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まともな人、人格の完成した人なんてそうそうそのへんにはいないんだと最近思うようになりました。
社会を構成してる大多数の一般の人というのはなんとなく社会のルールに従って特に問題も起こさず生きているに過ぎず、そういう一般人の行動を始終観察すれば程度の差こそあれ何かしら「悪事」と呼べることもやっているはず。
この前、駅のホームでごく普通の勤め人風の男性が乗車する私の前に割り込んできて、「あー、ちょっと見は立派に見える社会人でも疲れてたら自分をコントロールできなくなるんだな」と。
状況次第ではどんな人だって他人に醜悪な面(言ってみれば動物的な本能)を見せるかもしれない、って思いました。
私もそうだし、おっさんさんもたぶん同じでしょう。
ただそれでも可能な限り自分を抑えて、醜悪な面を他人に見せないように努力している人に対してはやはり敬意をおぼえます。
接していて「いい人」と思える人というのは、生まれつきいい人なんじゃなくて「いい人」であろうとして自分の嫌な面を抑える努力をしてる場合が多いんでしょうね。
K
2014/09/27 20:42
>ただそれでも可能な限り自分を抑えて、
>醜悪な面を他人に見せないように
>努力している人に対してはやはり敬意をおぼえます。
それですね。

「人の性」は言い分に基本するようなもんではない。
「自己中に強く出たがる」のが当然と言うなら
「そんな振る舞いをする者を軽視する」のも当然。

周りがその意思をある程度持ってるおかげで
自分がその分 気分を害すことが少なくて済んでるもんだと思うんで。
自分も極力振る舞いに気を使うべき、みたいな。
おっさん
2014/09/28 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
気分欲の話。 弱肉強食かその逆か 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる