風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 表現の仕方 はだしのゲン閲覧制限とか

<<   作成日時 : 2014/10/08 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕はよくブログでなんか例え話する時、ある主張を引用するとき
自分の経験談、他人の経験談、と
漫画とかで読んだ話持ち出したりするけど。
格好悪い言い方したら「漫画でこう言ってたから〜」になるけど。

とあるインタビュー動画で、僕
「人を見返すのに手っ取り早いやり方は
 大金を得るか世間の支持を得るかだ
 ってこち亀で言ってたんで・・・」
って言ってしまったんやけど。
もっとこれこれこういったセリフに感銘受けて納得して〜とか
他に言い方あるやろ、と後悔してる。

活字本や自伝とかに限らず 漫画やら小説みたいな創作物でも
製作者の伝えたい意図があるもんだと思ってる。
物にもよるけど。

「トリコ」のボス戦前の晩餐シーンでの四天王の会話とか。
「ガッシュ」の進路についての話とか。
2010年末にやってた「Q10」ってドラマとか(内容覚えてないけど)
作者が読み手に向けて言いたいことなのか、と。




漫画、小説、脚本など話を作る仕事のメリットは印税とかとは別に
それを通して言葉を伝えられる、ってのがある。

極端な話 殺人暦のある人が命の尊さとか説いても
あんまり説得力無いけど
作品の中でキャラクターに言わせることは出来る
…とか「言ったのは自分じゃないから」っていう
責任逃れができる、って言いたいんじゃなく。

僕シャーペンで漫画描いてネットに上げたりしてるけど
内容はまぁ 僕がブログで書いてるようなことを
キャラクターに言わせてるって感じの。

この作風が定着したおかげで基本暗い話しか作れなくなったけど
何を描きたいのか、ってのが無くて
変なバトル漫画描いてた頃よりは今の方がいい。

一話につき平均閲覧数はブログの記事の約20倍以上。
(つっても漫画の中じゃ少ない方)
まぁ、漫画とかにした方が自分の話に興味を持ってもらえやすい。




すげぇ今更やけど はだしのゲン回収問題。
「読みたいんなら自分で買えばいい」とか言い分があったけど
そーゆー話じゃないやろ、と。

この漫画は好んで買いにいってまで読みたくなる漫画じゃない。
面白くない、ってんじゃなく。

僕もはだしのゲンよく読んでたけど。
図書室に唯一ある漫画がこれだったから。
子供に読ませるべき作品と推奨されて目に付く位置に置いてあったから。
強制されたわけじゃないけど漫画だから興味持った。

自主的に戦争のこと知ろうって気持ちは無かったから。
はだしのゲンが無かったら
戦争について詳しく知るきっかけは少なくなる。

一度だけ行った修学旅行での経験者の話。
時代が進むにつれて経験者の数も減っていくだろうな。

たまに授業で見せられた戦争のアニメ映画。
この映画だって白黒写真とナレーションだったら
ちゃんと見なかっただろうし。

大戦はいいか悪いかで言うならほとんど嫌なものでしかない、
しいて良い所として上げるなら
失敗から学ぶとか後の世代に残すとか。


とまぁここまでベタなことしか言えてないけど。
どんなものでも いい影響も悪い影響も両方もたらすもの。

2ちゃんまとめで
クラスのあるグループが はだしのゲン読んで
「お前○森って名前だからクソ森だろ!ww」とか言って
はやし立ててきた、って話。(後にやり返した)

※作中に青森というキャラクターが居て
 被爆して頭髪が抜けた女子のカツラを取って
 バカにしたりしてた嫌な奴。
 ゲンに「クソ森」って呼ばれてた。 


こーゆーのって漫画がどうって話じゃなく
何か読む度に人を攻撃する材料にしようってする
読み手の人間性の問題だと思うけど。


小学生の頃 道徳の授業で 障がい者とか、
侮辱する略称で「S」って言葉があると教えられた。
してはいけないこと、として教えたかったんだろうけど。
中学で変な上級生が「S! S!」とか言ってきたりして
あぁ、この授業で単語を学んだんやな、と。

ちなみにサディスト、マゾヒストって意味での
S,Mは当分知らなかった。
S=障がい者 って意味として認識してて
高校で読んだ銀魂で「総吾はS」とかセリフがあって。
サディストって意味だと理解するのに時間かかった。
悪口で障がい者って意味で言ってんだと思った。
こんな言葉使わせていいのか?と。


難しそうな、賢そうな言葉を新しく知ると
嬉しくて多用したくなる所が子供にはある。
悪口とか特に。

僕は受験問題が簡単だから必然的にバカが集まる
底辺高校に通ってたんやけど。
あるきっかけで知恵遅れって言葉が出て
「知恵遅れ知恵遅れ〜♪」とか嬉しそうに言ってきた奴が居た。

僕にとっちゃとっくに知ってた言葉だから
傷ついたりはせんかったけど。
 まぁ普通に気分は悪いけど

小中学生の頃から知恵遅れ、きちがい、
食わせてるメシどこに行ってんやろうね、など
色んな暴言や言い方を教えて
慣れさせてくれた母親に感謝やな。


知識として知ること自体は問題じゃなく
過激な表現に慣れさせること、
読み手の人格の成長、

だと思う。問題視すべきは。
後者のが特に難しそうやけど
それをやるのが義務教育…って風潮も廃れてきてるんじゃないのか
って思うがどうなんやろうな。



小学生の頃から
障がい者を差別しちゃいけない、って教育されて
授業の一環で施設に行って触れ合ったり、とかよくあった。
それが原因なのか分からんけど障がい者を見たら
真っ先に「差別しちゃいけない」って言葉が出てくる。
それってつまり 普通と違う、劣ってる、おかしいって
マイナスイメージが先行して出てくるわけで。
見たら正直「うわ」って思ってしまう。
で、「いや差別しちゃいかん」みたいな。

アニメのキャラって大概
容姿も人格も最低限のものは出来てる人間しか出てこない。
けど
サウスパークってアニメは障がい者のキャラとか普通に出てくる。
骨格がへこんでて焦点が合ってなくて
松葉杖ついてて上手く喋れないキャラ。
最初「うわ」って思ってしまったけど
毎回普通に出てくるもんだから慣れて
特徴の一つぐらいにしか見なくなった。

インタビューでその辺について語ってて
なるほどな、って思った。



差別はいけない、って念押しされて言われてた。
主張は正しいんだろうけどその念押しは正しかったのか、と
今になって疑問になった。





偏向報道って言葉を知った。
http://dic.pixiv.net/a/%E5%81%8F%E5%90%91%E5%A0%B1%E9%81%93

昔とある町で コンクリートを突き破って大根が生えてきて
テレビで取り上げられたり「ど根性大根」と呼ばれて
ちょっとした名物になった。

で、何者かが折って持ち去った、と悲しい事件として取り上げられた。
その後また折られた部分が元の場所に戻された。
折れたままやけど。

その後その大根は絵本になったりした。
折られたエピソードも入ってる。
ニヤニヤした顔のシルエットで完全に悪者として描かれてた。
ダイちゃん「やめて〜〜〜!」みたいな。


僕は全然思い入れが無いから
客観的な見方ができるから言うけど

もしこの大根が気持ちの悪い存在かのように扱われたら
世間の見方もそれに従っただろうな。

あと持ち去られたのも それを人気にしたのが原因。
多分持ってった奴にそれほど悪意は無い。
報道されて戻しに来たのがその証拠。
「ヤベッ…」とか思ったんやろうな。


大根をマスコット的に取り扱って
ほほえましい話にしたのは いい影響
欲しがって持ち去る奴出したのは 悪い影響

それで世間的に悲しいイメージ流れたのも
犯人が悪者(という扱い)になったのも悪い影響。

まぁ見方、考え方次第なんやな。
悲しい事件のままとして伝えたのは報道者の責任。

これで終わらず大根をクローン化して増やしたり
マスコットとして活躍続いてったっぽい。
いい影響か。



生命の強さを子供に見せるいい効果と
折られて悲しい思いさせる悪い効果と
まぁ悲しい(ように感じる)ことも
世の中いくらでもあると学ばせるきっかけになれば…とか


捉え方次第やな とまぁそんな感じで。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
表現の仕方 はだしのゲン閲覧制限とか 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる