風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸不幸の基準が高い人間

<<   作成日時 : 2014/11/01 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

半年前に来た批判コメントの賛同コメントな。

他人に迷惑かけて怒られたら
 「なんで我慢しないの!?ボクチンを許さないの!?
  ボクチン悪気ないんだから許すべき!
  学生時代ボクチンはいじめられてたけど我慢してたからしゅごいんだぞ!
  ポケモンもぶつ森もしゅごいんだぞ!漫画だいちゅき!」
  としか考えられないみたいだから
 批判コメンターがおっさんに常識教えても理解できないんじゃないかな



相手の言い分を幼稚語に言い直して煽るの好きじゃないんやけど
まぁ肝心な言い分さえ合ってれば…って思ってたけど
言い分というか考え方自体も理解してもらえてないみたいなんで。
僕の書き方、伝え方が悪いのかな。

本心伝わった上で嫌われたり卑下されるんならまだしも
誤解したまま受け取られて、ってのは癪だから訂正。
かなり遅れてのコメ返しだからこの際
書き込んだ人の人間性には目を瞑る。




高校時代苛められてたとはちょくちょく書いてるけど。
在学中は書いてなかったけど。
僕の中の世界ではこのクズは存在しないって考え方だったから。
まぁ当時のブログは消されたけどな。
このブログのタイトルに「。」が付いてるのは2つ目、ってニュアンス。

卒業してからまぁ負け組って事実を認めて
現実として受け入れるようにしていくことにした。
最初は連中の批判目的が強かったけど。

今はどっちかっつーと自分の恥の部分晒してるつもり。
今じゃいじめはある方がむしろ自然だと思ってるし
単に負けた方がゴミって話。
ある所と無い所 両方あって 僕はある所に出くわして
負けたっただけのこと。


あと我慢できても偉いとは思わんしな。
クズの相手より受験や部活に取り組む方が大事、みたいな
志があって我慢してる人なら偉いけど。

僕別に我慢しようと思ってなかったし。
先生に言ったりしたけどそれほど問題視されてなかったから
無くならなかったってのと
不登校になったらもっと面倒なことになりそうだから
したくても弱いからできなかったって感じ。
親も敵だったし。
 親が悪いんじゃなく、僕が努力しなかったから。
 まぁ何にせよ母親は生涯もう信用しない。
 

強い者は実行できる。
体育の時間 我関せずって感じで教室で寝てた
ヤンキーみたいな奴が居た。格好良かった。

てか我慢せずに登校拒否になったり
家出したりした奴の方がまだ自分より上だと思う。
世間や学校には「逃げた」扱いされるかもしれんけど
やりたいようにやった分 僕よりは上。

まぁ反抗しない子供は 都合がいいって意味じゃ
教師や親から見たら偉いのかもしれんけどな。

友達はこの頃既に「生き辛いなら強くならなければ」
って考え方に目覚めてたみたいで。

僕がその友達の家で
「あのクズ共(先輩)は歳は上でも格は下」つったら
 (格=当時は力関係じゃなく人間性的な意味での認識だった)
「負けてるお前が格下やろ」って返されてた。


まぁ高校時代は特に味方居なかったわ。
学校で虐げられ 家で親に罵倒され
唯一の友達からは同情得られず。
ギリギリ ネット上の友達と娯楽が心の支え。

精神的ダメージはほとんど自力で回復させた。


考え方ガラッと変わったし
当時虐げられたり味方がいなかったことは
自分がその程度の人間だったからと自負してるから
その件に誰にも文句は無い。


そんなんだから、例え悪意を持って無くても
些細な不都合で嘆く奴、文句言う奴、
まぁ小学〜高校ぐらいの頃の僕みたいっつーか
おめでたい教えが解かれてない、というか。

そんな人間を気の毒に思う気持ちが無くなった。

不都合が発生したら
自分に落ち度が無かったか、どうすれば減らせるか考えず
全部相手が悪いみたいな。

甘えてるなぁ…と。


「僕も自分より弱い奴の気持ち知る必要あるんだろうけど
 なんでこいつら自身は強くなろうとは思わんの?と。」

って書いたのは別に我慢強くって意味じゃないから。
本当に憤慨したなら我慢する必要は無いと思う。
正当な言い分ならな。


幸不幸の基準って人によって違う。
その人の人生での経験でしか判断材料が無い。
だからまぁ極端な例
失恋した奴に紛争地域で物が満足に食えない人の話しても
まず意味が無い。本人が経験してないから。


幸不幸の基準が高い奴ほど弱い、我侭、みたいに思ってる。
それが高いこと自体は本人に罪は無いんやけどな。

ただそれによって不都合が発生しやすくて、
本人のうちで収まるんならまだしも
他人に振りまきやすい奴ってうざいなぁ、って思う。
大概 本人は改善しようとしないし。

その類の輩が自分に執拗に来ることはあんまり無いけど。
来た時対処できるだけの力は持っておかねば、と。



世の中誰しもがお互いに自分の責任とかある程度持って
ある程度譲らなきゃいけないもんだと思ってる。

交通事故で例えるなら。
起こったらお互いに損をする。特に被害者側。
責任が大きいのは運転手側やけど。
歩行者もある程度気をつけなきゃいけないわけで。
運転手だって人撥ねたいわけじゃないからね。

歩行者の余所見も原因だとしたら
やっぱ歩行者も今後の改善に努める必要がある。
自分のためにも相手のためにも。

運転手責めるだ責めて 自身は今後も余所見歩きを続ける、みたいな奴。
まぁ例えるならそんな奴。

怪我したりしなくてもこんなシチュエーション多分今後も起こる。
大概僕は文句言われる側やけど。今までの例だと。


僕に非難する人って 僕の行いに対してというより
僕の態度に対してやろ。
反省の色が見えない、みたいな。

今後気をつけようって反省する気はある。
罪悪感が無い。

まぁ被害者(だと思ってる)人からすりゃ
原因作った加害者のくせに無関心な素振りをする奴って
すげぇむかつくやろうな、と。

ただ僕にすりゃ相手の言うそれが
それって「加害」か?って思うぐらい些細で。


最初は そっちも○○なんじゃないのっつっても
大概相手は聞く耳持たない。
かといって僕を納得させる努力も無い。
もう適当なところで諦めて折れることにするわ今後。

駄目な奴、出来ない奴として
受け入れるか 見切るかのどっちか。

相手の方に改善する気が無いならもういいや
勝手に生き辛い人生送ってろって感じ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幸不幸の基準が高い人間 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる