風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS ●残り6100日 失敗した側とされた側と許容とかなんかそんなん

<<   作成日時 : 2014/11/02 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京来てびっくりしたこと。
横断歩道で車が曲がろうと待機してるのに
歩行者は早足になるわけでも止まるわけでもなく
普通に渡ってる。
ずーっとそれが続くから車がそこ通過できない。

こいつら自分のことしか考えてねぇのか、と。
福岡クソやけどこの辺に関しては福岡の人間の方がまだいいわ。

以前ネットで上げられてた写真やけど
救急車が急いでるのに
全然道を空けようとしない人達の光景。
なんだかねぇ。



2014年11月2日が終わった時点で幸せ期限が残り6100日になる。

幸せって いつなるか、って話じゃなく
人生常に明るい面と暗い面両方あって、
どっちの方が割合的に多いか、って話だと思う。
これまでと現在と今後。

この100日で起こった主なこと。
3DSLL買い戻した。
授業で撮影したドラマの授業の打ち上げ、放送あった。
プチコンでプログラミングまたやり始めたけどすぐやめた。
TRPGのオンラインセッション何度かやった。
動画作ってみたら40日ぐらいで再生1000いった。
パソコンで絵とか描き始めた。

月一の楽しみだったケンタッキー
ちょくちょく食べるようになるぐらい金銭面で落ち着いてきた。

ツイッター
ツイート8369、フォロー188、フォロワー126


中学高校でクズばかり見てきて
まともな人間になることばっか考えてきたけど。
最近は 出来た人間 って言い方になってるけど。

僕はこれでも人として正しい形であろうとはしてる。
そんな風に見てもらえてない人も居るみたいやけど。
といっても正しさ目指すのは半分。
残り半分は適当でいいと思ってる。

世間の為を第一に考えるなら僕の家族(僕含め)は
全滅した方がいいと思ってる。
〜かもしれない、じゃなく確信してる。

それをやらない理由は
我が身可愛さ、やりたくないってのと
自分より出来の悪い人間いくらでも居ると思ってるから。
そんな連中も”世間”のうちに居る。
だから自分が命まで捧げる気にならない。

これまでの人生で僕に迷惑かけてきた奴で
謝罪されたのは一割程度だし。

まぁ彼らのおかげで僕が人間の最底辺に
行きつくことは無いだろうし。

目指すのは向上心持って出来るだけ上に行くことと
自分より出来てない人間を容認できる強さ持つこと。

 他人を蹴落とすために上に行くのが悪人、
 向上もせず上に自分を容認することばかり求めるのが駄目人間。



一つ言えば 強い、出来た人間ってのは許せる人間だと思う。
反省しない奴とかは許す以前の話だから今回は例外。


前に「むやみに人の人生、選択に介入すべきじゃない」
って書いたけど。
かといって人に干渉しちゃいけない、ってのは無理だし
それが正しいとも思ってない。
人に干渉すること自体は人間社会で生きていく以上必然。
 まぁ極端に人に迷惑かける接触は別やけど。
 いじめ、ストーキング等。



人の反省とかについて。
これは僕 した側にもされた側にも当てはまるけど。

よく失敗したことについての話で
「本人に出来ることは次から気をつける、
 改善すること」みたいなのを読む。

一回目で迷惑をかけたなら
二回目から迷惑かけないように、ってことで。

じゃあその一回目の相手はどうなるのか、っていう。
した側の謝罪と された側の許容 が問題。
あとお互いの力関係とか。


一回目で”された側”になって 謝罪など無く納得できなくて
その相手が二回目以降改善してたの見てると
たまったもんじゃない。腸煮えくり返る。

心が強い人は あぁ、改善したんやな、等
しみじみ見れるもんかもしれんけど。



「高菜食べてしまったんですか」で調べたら出る有名な話。
ラーメン屋でラーメン来る前に高菜食べたら
店主がキレて追い出されたっていう。

で、その後その店はアイドルのグルメ取材に普通に応じてて
追い出された人はそれ見て ガッカリした、と。
改善というより妥協やろうな。



実話かどうか分からんけど2ちゃんで読んだ話。
高校でDQNに苛められてニートになって
同窓会で再会したDQN連中は出世してて
当時のことを土下座してまで謝ってきた、と。
ここまでのことをしてきといて反省してるのが逆に悔しかったと。

まぁ 本当に罪を償いたいなら
その築いた地位を崩して社会の底辺になって
できるだけ被害者と同じような思いをしてみろ、って話。
そこまでしないと多分この苛められた人は納得しない。

まぁDQNもそこまではしたくないだろう。
反省はしてるけど贖罪する気は無い、みたいな。
そこまでして被害者に納得させる価値が無い。
相手は雑魚だから。僕がDQNならそうする。

 そこまでする気になるとしたら
 そのニートがDQNより上の立場に着くなどして
 弱みを握るか、とかやな。
 反社会的なやり方ならDQNの家族を人質に取るか。


まぁそんなもんなんだわな。
この辺は最早 強いか弱いか、勝ち負けって話。





僕の母は時々何を考えてたのか知らんけど
何の脈略も無く忠告してくることがあった。

父に「もしあんたが登山して遭難しても
  自業自得やき私助けんきね!」とか。

別に父は登山家でもなんでもないし
山に行くといった発言はしてない。
難癖レベル。


僕と弟にも
「もしあんたら車で人撥ねて殺してしまって
 自殺するとしても私止めんからね
 あんたらの自由やき」

とか言ってきたことがある。
免許取る何年も前。
まぁ不愉快やわ。
母が言うことの中ではマシな方だからそこまででもないけど。

そりゃそうなったら表面上は義務として謝罪も治療費も払うけど。
罪悪感どれほど感じるかは
どちらにどれほど過失があるか、ってのが問題やな。

僕が居眠りや余所見やらしてたなら完全に僕が悪いけど
相手が飛び出してきたりした場合。
責められれば責められるほどふて腐れそうな気がする。
知らん奴のために面倒事に巻き込まれてむしろ迷惑に感じそう。

そーゆー時どうしたらいいんやろうな、と考えて。
殺した相手がどんな人間だった、ってのかを知ることやな。
関係を持つ人から思い出話とか聞いていけばきっと
罪悪感を感じれるだろう。

 その人の普段の素行が悪けりゃ逆に知れば知るほど
 殺してしまった相手がこいつでまだよかった、とか
 思うことになるかもしれんが。


相手を知ろうとする、理解しようとすることなんだろうな、と
過失で殺してしまった場合に限った話じゃなく。

また作品の話持ってくるけど

はだしのゲンで日本兵がアメリカを鬼畜米英とか呼んで
子供や一般人に敵は悪とイメージを刷り込ませてたり。

映画「アバター」 アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」
敵の軍(異星人)の中で生活して敵視する気が失せたり。

戦後、日本人の女性がアメリカ人と恋に落ちて
そんな悪い人間ではなかったと知って 結婚する話
戦後だから周囲に大反対されたらしいけど。


まぁこれが「した側」は どうすんのが正しいかって見解。




で、「された側」の話。
した側ってまずここまでしない。上記みたいな。
反省はしても贖罪はしない。

前にも書いたけど
「相手を許せないのは結局、成長できてないってこと」
ってのは真理だと思う。
ただこれが「した側」の口から出ていいもんじゃないけど。


苛められた奴、
それが相手にとって成長の礎になるなら
「踏み台」やな。

けど大概 別にやらなくてもいいようなことだから
「足拭きマット」やな。

僕も高校で苛められたけど
前にも書いたけどもう恨んではない。
嫌いではあるけど。

あの連中に贖罪なんか求めても無駄だろうから。
せめて反省してまっとうな人間に近づいてりゃもういいや、と。
まぁそれも別に期待してないけど。


相手の「一回目の失敗」の生贄に
自分が当たってしまったのは不幸やけど

ぶっちゃけた話
もう前向きに成長するしかないと思う。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●残り6100日 失敗した側とされた側と許容とかなんかそんなん 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる