風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS ルールに忠実かと 人として誠実かは別

<<   作成日時 : 2015/02/13 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジャンプで始まった学級裁判の漫画。
小学校で事件が起こって裁判で真相を追究する話。
逆転裁判、ダンガンロンパ、
ウソツキ!ゴクオーくん辺りを彷彿する。

面白いけど、なんか真似する子供が沸きそうやな、と思った。
主人公が論破が好きな小学生弁護士で
教師や委員長に反発するダークヒーロー系。
第一話から先生に
「どうして学校にゲームを持ってきてはいけないんですか?」
と言葉攻めにして言い負かしてた。

物事やシチュエーション次第で
問題や見え方は変わってくるから
一概に答えを出すのは難しいけど。

一言にルール違反と言っても
ルールを認めず公で堂々とやるのと
ルールを承知した上で隠れてやるのとは別。

まぁ なんで学校にゲームを・・・って決まりへの
僕なりの見解はまたの機会。


一つ言うと 正しいことを言う奴、
ルール違反を咎める奴が誠実とは限らない。

「正しさ」を武器にされて
叩かれたことが散々あるからな
それに関して別に誠実な人間でも無いくせに 
相手を叩ける要因を見つけたから使いたいだけ。
自分も使ったことあるから一概に悪くは言えんが
ただ、その目的は「正しい環境にしたい」っていう
社会的に誠実、みたいな目的じゃなく
「弱みを握って叩きたい」勝ち負け目的
とだけは言っとく。

とどのつまり
「ゲームの持ち込み禁止という規律を崩したくない等」
「気に食わない奴がゲーム持ち込みという
 叩く口実を今使える余地がある それも正しさの元に」
ってのは別物。

でもこれって結構 暗黙の部分。
正しさの主張のし合いじゃ 扱いづらい
けど人間性、誠実さの有無を判断する
材料としては結構肝心かと。


僕も意図してちょくちょくルール違反してることがある。
具体的には書かんけど。
一応そのルールが出来た原因を自分なりに想定して
それ自体には背かないように、人に迷惑かけないように
自分の満足を満たすレベルでやってる。
だったらやってもいいってわけにはならんけど。
まぁ一度でもそれを指摘されたら潮時かな、とは思ってる。

まぁ何にせよ自分じゃ こんぐらいいいだろ、って
加減を決めてやってるけど
それやること自体が一応違反だから他人や子供には勧めない。
むしろ(ルール上は)やっちゃいけない決まり って教える。
正直それほど悪いことだという意識が無いから
非難したり咎めたりする気は起きない
けど一応ルール上は違反だとは言っておく。



2ちゃんで見た バカ親の書き込みやけど
子供を連れて信号待ちしてるとき、
車が来ないから信号無視して渡ったら
後ろの大人が「おいおい・・・」って呟いてきて むかついたから
「絶対大丈夫だと思ったら赤信号でも渡っていいんだよ」
と その大人に聞こえるように 子供に言ってやった。
信号無視ぐらい誰だってやったことあるだろ
あの大人むかつく。

みたいな感じで書いて コメントで叩かれてたけど。
叩いてくる人達に
あんた達は自分が潔白と言えるのか。
って反論してた。

信号無視を咎める気は無いけど
無垢な子供にそう教えるのは違うだろう、ってことなんやけど。
子供に教えるのと 主張する内容で
「ルール」と「自分なりの正しさの基準」は別物。


キリスト聖書で
罪人の女に民衆が石を投げてる所にイエスが
「自分が潔白だと思える者のみ石を投げよ」と言ったら
みんな石を投げるのをやめた って話。

現在進行形の罪ならともかく 過去の罪は
誰しも間違いは犯す、ってこと
被害者ならともかく 第三者なら
この人を咎める資格があるか、ってこと
指摘、注意ならともかく、非難はしてやるな、ってこと
みたいな感じか。


ルール違反を見つけて
「目を瞑る」「指摘する」「非難する」「利用する」
それぞれ別物。
どれが正しい、というか
場面次第で自分はどっちに付きたいかやな。

どれを選んだからってその人が誠実とは限らない
(4つ目は普通に悪いけど)
2,3とかじゃ特に腹の底じゃ悪意を持って
やってる、って見受けれる奴が多い。



人間ってのは「ルールが根本」じゃなく
「利害、欲が根本」だと思ってる。
本来人間や生き物って何でも出来るようになってる。
そればかりだと良くないから後からルールが出来たって感じで。

「その行動を咎めたいと思う」人が発生しなけりゃ
別にルールに反してようと 悪いって思わない。
居たら その咎めたい理由を問うことからやな。


誠実な人間に 不誠実なことをする奴は
咎めたくなるけど
不誠実な人間に 不誠実なことをする、なら
ものにもよるけど咎める気が起きない。

外国で10代の少女が高齢の男に暴行されて、
少女の母親がその犯人を焼き殺したって話。

去年グッズ屋でロボットが盗まれて
店が犯人ネットで晒して取り返した話。

婆さん突き飛ばして馬鹿にした子供と
叱るどころか婆さん怒鳴った母親、というクソ親子が居て
その子供を蹴っ飛ばして走って逃げた青年。

いずれもルールに違反してるけど相手が相手だから
咎める気にならない。むしろ拍手喝采を送りたい。



去年の4月食べ物の話で取り上げたけど
食べ物を買うだけ買って平気で捨てる祖母の家で
孫が炭酸飴を間違って食べて
びっくりして流し台に吐き捨てて。
そのシュワシュワとなる音を スレ主の主婦が
「祖母が食べ物粗末にするから もったいないお化けがでた」
と言って祖母をびびらせてやった、って話。

よくやった、というコメントの中、
「祖母は食べ物粗末にしてる、って言うけど
 息子さんも飴捨てたんでしょ?
 なんだかなぁ…」 というコメントが一つ。
マニュアル人間かこいつ。


僕は物事を理解、納得するために
「人として」ってものを重要視するものとして
誠実さ、因果を一番においてる。
法律やルールは二の次。
こんな風に考えると自分に起きた不遇や理不尽を
全部因果として納得できるようになった。
物事に関して「なんで」「おかしい」って問いが即座に消える。

まぁ例えば
カップルでデートしてて 彼女が作った弁当を
落としてしまって 彼氏が
「勿体無いけど不衛生だから捨てるね」と捨てて
彼女の気を害した、って話。

「落としたら食べれないのは当たり前」
「落としたもの食えって言うのか」って主張は
衛生面の観点から見ても正論だし
法の観点から見ても彼女がそれを
食うことを強要出来るわけじゃない。
かといって もし彼氏が
「二つの観点から見ても合理的な判断を下しただけなのに
 これで彼女が自分を嫌うのはおかしい」
って本気で思い、納得のいく答えが出せないようなら
人間の正しさを測る基準に一番に「法律、道理」を置いて
生きてきたんだろう。
(ちなみに重要視することと、本人がそれに従うかは別。
 痩せた方がいいって思うことと、
 ダイエット実行できるかは別 みたいな)

彼女の気分を害したくなかったなら 落としても拾って食う、
誠実さの観点で動けばよかったってだけ。
(彼女が 心よりも衛生面を重要視した人間なら逆に振られるが)
どちらにせよ選択と因果。

法や道理を一番に置いてしまう思考。
理解は出来るけどな一応。
こういう環境で生きてきたらこうなってしまうって例は思い当たる。
けどまぁ、僕的にそれは 駄目な方の考え、
駄目な方の人間だって認識してる。




ウソツキ!ゴクオーくん 第1巻 (てんとう虫コロコロコミックス)
小学館
2012-04-27
吉もと 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウソツキ!ゴクオーくん 第1巻 (てんとう虫コロコロコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルールに忠実かと 人として誠実かは別 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる