風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 推察と直感 僕が死ねばいいって思ってる考え方

<<   作成日時 : 2015/08/15 01:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

客観視を登りつめて行けば 結局主観に戻る。
自分の意見は所詮単体個人のものに過ぎない。
審判を下す立場でもないし責任も大きくない。
せいぜい好き嫌いするか意見を言うかどうか。
ならば自分個人の人格や価値観を形成するに
あたった環境や経緯が
どういうものを好み、嫌うかが決めたのであれば
それに従うのも因果、といった具合。



因果の観点で物を見るようになって…
もとい因果と道徳の観点両方で物を見るようにして
偏った考えになれば更に一回り客観視、といった
考え方を繰り返して変わったことを一つ挙げれば

相対する価値観はなんというか
両方分かるようになってきた。
全部ではないけど。

その上で主観的にどちらに肩入れするかは自分で選ぶ。
物事って善悪じゃなくて、どちらに肩入れしたいか、
なんじゃないか。
共感、理解があるか無いかの違いに過ぎないんじゃないか、と。

自分の嫌う意見を聞いての直感的に嫌悪しても
その意見に至るまでの経緯、事情を辿った上だと
嫌悪の気持ちはまぁ あまり感じなくなる。
ただ、その推察は精神力を使う。
必要が無ければ使わなくてもいいか、ってなってくる。




まぁ例えば。
「いま、イキガミが届いたら」って本があって。
もしあと24時間で死ぬ、と予告を受けたら
残りの時間をどう生きるか、という問いに対しての答え。
色んな著名人や一般人の回答を集めたもの。

その中で
「童貞を卒業したい。風俗じゃ嫌だ。
 ナンパしてでも土下座してでも相手を見つける。
 もしどうしても駄目だったら
 申し訳ないけどレイプするかもしれない。」
と(当時)20代前半の男の回答があった。

じゃあ死ねよ。って思った。
くっだらねぇ。

何故こうまで嫌悪するかというとまぁ
強姦(あるいは未遂で済むか)の要素がある作品で
被害者視点のものばかり読んだ、ってのが大きい。
極限状態に追い詰められるサバイバル系とかでも
一人はこういう男出てくる。
客観的に見るとすげぇ見苦しい。潔く死ね。


まぁ じゃあ死ね は直感的な感想。
相手の経緯を辿っての答えは別。
相手がどういう環境、境遇、価値観形成を経たか
もしこうだったら こういう考え方に至るかもしれない。
…っていう推察。
まぁあくまで推察で 理解や共感で言えば
並の半分にも満たないかも。

とにかく、推察に多少の心労と時間を割けば
理解は出来なくもない。
それをやる必要性がこの男のどこにあるか…で言えば
まぁ、弱気、悲壮感な考え方への情け、か。
本人だって多分 こんな考え方を持つ人間に
なりたかったわけではない。
性行為が未経験だと人間として駄目、ってレベルで
そんな考え方を持ったのは恐らく
周りの人間による影響が大きいんじゃないか?
…ってのは推察だけど。

ま、やること(強姦)やったら別だけどな。
同情の余地はキッパリ無くなる。

 まぁそれも人による感性の違いで
 やることやっても 情状酌量の余地があれば
 罰せずにおくべき、罪を軽くすべき、
 という考え方の人も居る。
 少年犯罪を擁護する人に多い。




あと直感的に嫌悪してる考え方、主張は
「人の握ったおにぎりは食べられない」とか抜かす奴。

じゃあ死ねよ、くっだらねぇ。

まぁ多少の心労と時間を割いて推察すれば
形だけでも共感、理解できる考え方を
見つけることは可能。

それをやる必要性が見当たらない。
判断材料が乏しい。
傲慢、気取り、の言葉と思っていたけど
警戒、恐怖心、の言葉のようにも見て取れるし。

これ関連の意見を見つければまた考えるかも。
それまでは保留。(主観:死ね)


理解、推察に 時間と心労を裂く
価値、必要性が相手にあるか?かどうか。
その判断において心情が足かせになる場合がある。
あるにも関わらず 認めたくないから
ない、と見ようとしてしまったりする、





元々僕って結構臆病というか。
過去の拷問の歴史とか見て恐怖した。
常識的に考えれば自分の身に起きる事は一生無いけど
痛覚ってものがある以上、
物理的に起きうる可能性は無くなることはない。

自分の弱さを知ることって大事だと思う。
別に悲観しろってんじゃなく。
心臓を刺されれば死ぬし。
格闘技とか極めても核落とされれば死ぬ。

放浪に出て 自分は社会に生かされている、
そして、守られてるわけではない、と感じた。


なんというか、等身大以上の振る舞いをするなってこと。
こないだ書いた殺人の話だけど
子供殺しの中学生のケースだけど
格好つけてやったら酷い目にあって…っていう。
学習しないのが頭に来る。

 僕が中学生の頃 クソ友達がケンカ売ってきて
 胸倉つかんだらなんかグスグス言い出したから
 許してやるか、って思ってやめた。
 で、体育の時間にやたら悪意を込めてボール
 ぶつけようとしてきて。
 なんか「泣き止んでから仕返ししてきた」んだわ。
 格好悪いとは思わんのだろうか。

また殺人事件の話で
「俺は殺しのナンバーワンだ!」とか言ってたらしい犯人。
お前それプロの殺し屋とかマフィアの前で
同じこと言えんの?って。

自分以上の者と相対したとき、
最後まで傲慢で居続けるバカでいるならまだしも
(こう考えるとDBで強敵に突っ込むのをやめなかった
 べジータってあっぱれやな。)
その時になってビビリ出したり
命乞いしたりするぐらいなら
最初から慢心するな って思う。


僕の通ってた高校もなんか 勉学の観点から見ても
せいぜい中の下か 下の上で。
悪、不良の観点から見ても それほど大したもんでもなく。

底辺の中では底辺なりに上に居たがる傾向がある。
勉強でも腕力でも。
上を目指す、でもなく下を見てバカにしてくる。
(そもそも上を目指す奴がこんな高校来ないけど)
それが本当に浅ましく見えた。
 人間の持ちうる性だと今じゃ理解してはいるが。





本題。
僕は亭主関白ってものに個人的にいいイメージを持ってない。
社会全体を見れば格の差は上にも下にもいくらでもいるのに
自分の身内の小さなまとまりの中で 公平でなく
自分が上として振舞いたい、ってのが浅ましい。
だって言い換えれば内弁慶やろ。

フリーター、家を買うの父親とか嫌いだった。
クズ親やろあれ。
周りのフォローでギリ”人間”を保ってらてれるレベル。
 YAIBAの父とか 山田太郎物語の両親みたいに
 ただの個性としてじゃなく
 作中でひとつの問題として扱われてる分
 まだマシだったけど。


だいぶ前に書いた、なんかのテレビに出てた著名人?
もう名前も顔も覚えてないけど。
スパゲッティーが食べたいのに 帰ったら
嫁が用意してた夕食はステーキで、
キレて壁に叩きつけて、カップラーメン作って食べた。
嫁は泣きながら壁に張り付いたステーキ片付けてた、と
笑いながら自身の亭主関白っぷりを自慢してた
チョイ悪オヤジ(笑)みたいな人。
以降 チョイ悪さんって呼ぶ。




で、ルパン3世の声優を務める栗田貫一氏の
妻への暴言、振る舞いが話題になって炎上したって話。
ネットのバッシングも「関係ねぇよ」と一蹴。
内容次第じゃ格好いいけどな…。

このチョイ悪さんとクリカン氏の違い。
挙げれば価値(能力、社会的地位)の差。
チョイ悪さんの方はもう誰だったかも知らんし
どうでもいい。死んどけ。

クリカン氏の方は 認めたくないけど
国民的アニメの主役という大役を担ってる。
このままでいてほしくない。
改善するにせよ降板するにせよ。

こちらの方から推察、理解、
ダイブしていく必要があるのか?
なんて思ったりしたわけで。

つっても情報が少なすぎて。
個人に対してか 女全般に対してか。
女全般、ってことはないだろうから
身内にした女、嫁だと別になるのか。

自分の過去で 小学生時代まで遡れば
ようやく 女嫌いになりうる原因を見つけた。
まぁ個人的な経験だけど。

これからこういった経緯を辿れば
あぁまでなる 可能性にはなる、とは言えなくもないか…
が 正直これじゃ同情の余地が皆無だしな…とか。

検索予想で「くりかん 病気」って出て
突然キレる病気ではないか、と書かれてて。
なるほど 病気、そういうのもあるのか。
じゃあ奥さんに当たるのは甘え か…。

いいや。分かんね。
成り行きに任そう。
賛否両論じゃなくほとんど非難しかないし。

そもそも自分が意見出してどうにかなる話じゃないし
擁護がしたいってわけでもないし。


世間が理解に務めるのではなく
少数派、悪とされてる派が理解されるよう務めるべき。

だけど別に 関係ねぇよ って姿勢だから
こちらから推察したら…ってことになったんだった。

どうにかなんないもんかな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おっさん元気ですか?
先日NHKの「ロンリのちから」という番組でやっていたが、主張する場合はその背景の根拠とか理由を説明したほうが良いですね。私も、「説明がわかりにくい」と指摘されることもある。

考え方というのは、1.4リッターの脳の中でこさえたバーチャルな世界の話。
現実は広大な世界の話。

自己中になりやすいので、その他の基準(常識とか他人の意見)も参照すると良いようだ。物事の判断が情緒的なことに流されやすいのも事実。心理学では「バイアス」という。認知の歪み、色眼鏡で見るのが普通のこと。

人間は受動的であるから、最後の時が近づいても否定することが多い。
自分だけは特別で永遠に生きるなど思う人は多い。

私の友人で、ホームレスの同情して炊き出ししていた人がいるが、彼ら(ホームレス)はプライド高い人が多く、ある時襲われて棒で後ろから殴られて気絶した。

ニヒリズムは危険性があるが、おっさんが虚無の世界に引きずり込まれないことを望む。
あじさい
2015/08/15 17:07
あじさいさんの話は結構 別の話に飛んでるというか
自分の世界?に入っていく傾向が随所見られるので
今回の本題は何か、というものを意識した方がいいのではというのが僕の意見としてまぁ参考程度にしてください。

ホームレスに同情する気持ちがあるってのはやっぱ
自分の基準で勝手に判断して見下してしまっている、って所があるんじゃないですかね。
僕も路上とか橋の下でよくホームレスを見ますけど 普通の通行人と大差ない、ただ普通の光景に見えるようになりました。
彼らにとってはその現状が当たり前だから悲壮感とか多分感じてないんじゃないんですかね。慣れてる。
人は各自あらゆる経緯を辿ってその現状に至ってるってのは社会人もホームレスも変わらない。
勝手に下に見ることのが失礼、なのかもしれないんじゃないですかね。
おっさん
2015/08/15 20:40
殴ってきたホームレスは食べ物を奪うのではなく
その友人の行動を 自分の持ってる考え方と色々と照らし合わせて 見下してるのか、っていう風に考えて激昂して…とまぁ 推察しようとすれば出来る。
暴行したことを擁護する気は一切無いですけど。
おっさん
2015/08/15 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
推察と直感 僕が死ねばいいって思ってる考え方 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる