風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間は平等って言葉の真意

<<   作成日時 : 2015/09/18 18:59   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

5月に 次あたりにこの話について書く、とか言いつつ
ずっと保留してた話。

Pixiv大百科ってサイトで「吐き気を催す存在」という
最低な言動、行動を行った
キャラクターを列挙してある記事がある。

それで ギャグマンガ日和の
夢野カケラって漫画家のキャラ 他が挙げられてた件。
才能が乏しい上に編集部を困らせている、といった具合で。
ギャグマンガ日和の登場人物は皆 一癖あるキャラクターで
どっかしら不誠実、不真面目な人間同士の掛け合いを楽しむ漫画。
特定の人物だけの悪い所が槍玉に上げられるのはおかしな話。

編集部も例外じゃなく
漫画家を舐めてるような態度だったりする。
潔白な人間が一方的に嫌な思いさせられてんなら別だけど
編集部は潔白じゃないからこの場合もお互い様。

だから夢野カケラがこの一覧に挙げられてるのを見て
なんか、書き込んだ人間の偏った捉え方 が見えた。
この人雑誌編集の仕事してる人か何かか?

その観点を突き進めればここに挙げられてるキャラ全員が
その可能性があるように思えてきた。
書き込んだ人間が偏った捉え方をしているに過ぎない、と。




以前イナズマイレブンの人気投票で
おとな気ない大人達がこぞって
「五条」っていう一癖ある元々人気の無いモブキャラを
一位にしようって 呼びかけをし始めて。
それで普通のファンが怒ったり、なんてことがあって。

まぁ、開催側も本当に真面目に人気順を調べたいなら
もっと投票権を得る方法とか厳重にするだろうし。
結構そのへんどうでもいいんじゃないかと思う。
ファンは怒ってるけど。正当な審査でないと。

そもそもキャラクターの人気投票における
正当な審査ってどんなだろうか。
基本的に主人公格がトップに上がるのは必然。
それだけ活躍を見せてるから。

活躍を見せる、つまり人目に触れる所、
物語で描かれてる、ってこと。
描かれる割合が主役と脇役で大差があるのは当然。
それなら主役の方が人気になるし
それは結局のところ平等とは言えない。

そもそも キャラクター各々が生誕から現在に至るまで
どう生きてきたか、どういう経緯でそのような
人格、容姿、価値観、立場、他 が出来上がったのか、
それを判断基準に入れられるのは
読み手の目に触れる、つまり物語で描かれてるかどうかで。

まぁ、どっちにせよ
人が人を判断するのって その人の全てを知った上ではなく
断片的な判断材料を元にしているに過ぎない。

真に平等ってのはあり得ないな。
あるいはこういったあらゆる経緯や因果を含めて
逆に平等なのか。





で、まぁプライベートな話になるけど。
僕は基本 人は平等だって思ってる。
自分の都合のいい場合に限り主張するための考え方ではなく。


去年 昔バイト中に 僕に来たクレーマーのことで
愚痴を書いたら非難されたんだけど。
「人に迷惑をかける行動をするな」とか
「勝手に客怒らせといて…」とか。

はぁ?って ムカついて。
相手が潔白な人間ならそう言われても仕方ないけど
相手の客人は潔白ではなかったから。
 まぁその基準も人によりけりなんだけど
 僕の基準ではそう。


客という立場が上 何様のつもりだ、というより
僕個人の人権が一般より一段階下、みたいな。
そんなニュアンスで聞こえた。
 相手側の心境を色々と推察することは出来なくもないけど
 その辺はとりあえず置いといて。


まぁ 相手の言い分は答えではなく
あくまで一個人の意見に過ぎない。
それ以上でも以下でもない。
その上でその人達にはそう思われていた、ってのは事実か。

客観的な立場ならまだしも
主観となるとどうも公平な意見を出し辛い。
いや…それでいいのかもしれない。
相手が相対的な主観で責めてきてるのに
こちらだけ客観的に公平な見方をする必要も無い。
まぁ、器量が大きければ可能だけど
それに見合う器量を持ち合わせてないから無理にそうせず
一個人の主観でいいや。

この客クソ食らえだわ。
 僕からすればな。



福沢諭吉の言葉で
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
って言葉が有名だけど。

あぁ、そういうことか。って。
これって能力、容姿、貧富の差、とかを指してるんじゃなく
世の中は誰の為にあるべき、って事はない。

この個人は特別良く扱われるべき、とか
この個人は人一倍周囲に気を配らなければならない、とか
そういうのはない。

天は人に 階級、格差とかは作らない。
作ってるのは天じゃなく人。


昔キムタクが出演してたドラマ
「エンジン」だったっけ。その中で

「あの福沢諭吉の言葉嘘だから。
 天は人の上に人作りまくりだし
 人の下にも人作りまくり。」

ってセリフがあったけど。
そういうことじゃなかったんやな、と。
まぁ僕なりの解釈であって
福沢諭吉の意図とは大分違うと思うけど。


まぁ 人間は平等 みたいな言葉は
僕は基本的に肯定する。

まぁそれを唱える人は大概 道徳
「こうあるべき」って主張なのかもしれんけど
僕は因果を重視しての考え。

格差なんかはあらゆる因果で人間が作ったもので
天が作ったものじゃないし
それで不都合を感じる立場であれ 都合がいい立場であれ
「平等じゃない」「平等だ」と考えたり主張する権利自体が
誰しも平等に持ち合わせてる。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
子供にとって平等な社会とは家に優しいい家族がいて子供が親と社会から愛されているのが理想的な状態。不平等な社会とは虐待されたり無視されたり孤独である状態。

ところでギャグマンガ日和を初めて読んだが、面白かった。一部の人は嫌うかもしれないが、自分にとっては最高の漫画。夢野カケラは人間関係に囚われすぎているような気がする。友達に過剰な期待がある半面、交友関係で深く傷ついているようだ。
以前高校生の意識調査をしたことがあるが、自己効力感の欠如、生活の乱れ、人間関係への過剰な依存が顕著であったが、夢野カケラさんは典型例。
あじさい
2015/09/22 19:03
>子供にとって
まぁ一般的に指す平等ってそれでしたね。
僕は考えすぎなのか。
無視する相手達のその行動原理は 接触する相手を選べる自由の上での選択に過ぎないのでは・・・なんて考えるようになってます。

>ところでギャグマンガ
東谷文仁氏の黒いラブレターもお勧め。
夢野カケラの話は基本的に編集にクレーム入れる話だから友人は出てきてないのでピンとこないです。
おっさん
2015/09/22 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間は平等って言葉の真意 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる