風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 残り5800日 他人の発言の本意を見抜くこと 他

<<   作成日時 : 2015/09/22 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

8月29日が終わった時点で幸せの期限が残り5800日になったけど
最近保険料やら税金やら年金やらの請求とか来て
月に1〜3万ぐらいかかったり
母に2万送ったり 父から5万くれって言われたから送ったり
そんで残高4桁になったりで
金貯まらんなぁ…と。

別に生き辛さは感じてないけど。
僕のやりたいことは紙とペンありゃ大概出来るし。
まぁそれも最近はあんまりやってないけど。



酒、煙草、女、博打なんかの
味を知らないまま24歳にまでなった。
それが特別良いことだとは思ってないけど。
他人だと良いことに見えるけど、自分だと別に。

昔の歌で
「酒も煙草も博打もやらないまま一生終えた馬鹿が居る」
なんてのがあるらしい。
一生潔白の身のまま、なんて人間には不可能だから
ある程度は好きなようにやった方がいい、って感じ。

元々は意地だったけど。
「大人になりたがる子供」が嫌い。
大人の苦心には目もくれず
快楽に限り進んで手を出して
しかもそれが自慢になるとでも思ってるような
身の程知らず。

自分がそれに進んで手を出すのは
しっかりした立場になってから、ってことを
苦痛にならない程度に意識してる。

まぁ酒ぐらいは飲めてもいいかなって思ってきてるけど。
「野郎ラーメン」のVIP会員になって
大盛り、野菜マシ、半ライス、味付けタマゴ、ミニビールが
無料になるんだけど
飲みたいと思わないからビールだけは貰ってない。
それがなんか勿体無いので。





7月、8月で1回ずつ建築現場で熱中症なのか体調悪くして
まともに仕事出来ない状態になった。
7月の方は職人2人で補佐が僕一人なのに
全然力入らなくなってすごい怒られてた。
仕事帰りにツイッター覗いたら
岩田社長が亡くなられた、って話で。
この日がこれ、って感じで覚えてる。

8月の方は大勢だったからまだ良かったけど。
飲み物飲んでも腹の中でタプタプ溜まってて下に行かない感じ。
水分は足りてるのに喉が渇く。
気分悪くて仕事にならない。ゲップのたびに吐きそうになる。
これもう吐いた方がいいわって思ってトイレで喉に指突っ込んで
振舞われたジュース全部はいて。
もう全部出たか!?もう無いな!?って自分に問いただして。
でまぁ少しは楽になって。
あと水みたいな下痢便が何度も出た。
昼は食べずに オレンジジュースと氷とか買ってきてヤケ飲み。
まぁ午後も顔と唇がピリピリ痙攣してる感じで
力が入らず気ぃ使われて楽な仕事を回してもらって
普段の三分の一以下の仕事量こなして。

まぁ迷惑かけてしまった。






コンビニで立ち読みした
実録、日本の闇社会みたいな感じの漫画。
その中で貧困ビジネスを取り扱った話が合って。
まぁホームレスに寝床と食事を与える代わりに
その人が国から支給される金をピンハネする、
みたいな感じの会社の存在。

ホームレスが男に紹介されて付いていった部屋が
狭い部屋に二段ベッドが置いてある感じで
ホームレスが目玉飛び出して「せまっ!!」って。

いや…僕の住んでる部屋も大体こんな感じなんやけど。
ホームレスが目玉飛び出して言うほど狭いのかこれ。

画像


ベッドは二段ベッドで 以前は上に荷物を置いてたけど
入居者が来るたびにどかすのが面倒で
下の部分に置きっぱなし


処遇には特に文句は無いけど。
自分の能力に見合った処遇だし。
これ以上を望むなら自分が先に努力すべき。

まぁ、それにこれ以下を知ってるからな。
地下通路や公園で寝泊りしたことあるし。
ここは雨や風も防げるしエアコン付いてるし。

なんやかんやでもう2年ぐらいここに住んでる。
去年からぶっちゃけ 向上した要素が見当たらない。

1月辺りに英語の本を何冊か買って未だ読み終えてない。
こないだちゃんと読むか、と思って一冊を2日で読み終えた。
まぁ見直し、復習も必要だけど。



真理を追求するにあたって 去年は
何かの件で、正しいと思える答えを出すと
それが 似た別の件でも応用が効く、
関係無いように見える別の問題にも繋がる。
そんな件、問題を複数 平行して考えてた。

とある観点で答えを導く見方を見つけると、
これなら あの話でも同じ見方が出来るんじゃないか、
って感じで。

で、今じゃあもう 答えを出すために
何というか 法則性のようなものが見えるようになった。
大概の問題に自分で納得できる答えが出せる。
 解決できるかは別だけど。

とある件で物事を考えると
とくに考えてない別件でも気付かないうちに答えが決まってくる。
たまにこうやって随時 それらの件に焦点を合わせて
自分にとっての答えをはっきりさせたりしていく。


人の言葉は大概答えじゃない。
その人間の本意ですらもない。
大方 その人間の心情や下手な知恵が
本意からずれた主張に変える。

例を挙げれば
前に書いた 母親に言われた言葉の一覧だけど。
「お前に食わせてる飯はどこに行ってるんやろうね?」
「お前には父親の汚い血が流れてる」

前者はわりとストレートに僕の怠慢、能力不足への遺憾。
落ち度は僕にあるのは分かるけど。

後者のが意味が分からん。
自分の選択やろ 知らんがな。嫌なら生むなよ。
父の血が子供に混じるのは僕じゃなく
母自身の選択による失敗。
それを不都合として唱えるのは自分が馬鹿だと
声高々に主張してるようなもん。
 まぁこういう例はよくあるみたいだけど。
 子供に「お前が生まれたから幸せになれない」等と
 文句を言ったりする親。

自分の選択の失敗で相手を責める、っていう
よくある人間の悪癖の一つに過ぎなかったってことか、と。
そこにあるのは器量の乏しさや心の弱さか。

まぁ 良いか悪いか、なんて見方次第だけど
それで悪い、失敗だと感じさせたことの
原因は結局 僕の怠慢や能力不足という
根本的な憤りの原因は同じものだったかと。

まぁ、こんな具合に
他人の「意味が分からん」部分を
こちらで 合理的な解釈をして
納得できる答えを出せるようになった。
…と、いうより本来人間はこんな風に
合理的に答えを出す、って事が出来るはずなのに
意図して、あるいは無意識に避けてるだけなんじゃないか?と。
そんな風に思うようになってきた。

真理の究明で一番の邪魔になるのは心情やな。
 まぁ、認めるべきではない、納得しない方がいい、
 ってものもあったのかもしれない、って思ってるし。
 そういう考え方、生き方もある。


まぁ、なんというか。
他人に答えを求めるのって無駄だな、って。
それどころか道徳すら期待できない場合の方が多い。

バカ…もとい
真理究明に時間を割こうともしない人間には
答えを期待できないのかも。
まぁ…適材適所ってものがある。
他人に求めるのは その人の得意分野で必要になった時
互いに長所を利用しあえる関係が理想。
 適材適所の観点で僕の両親に真理究明の気は無し、として
 じゃあ逆にあの2人には何があるんだ。って考えると
 特に何とも言えない。
 まぁ世話になった恩はあるし…







真理はある程度の域に達したつもりではいる。
慢心は毒なので思考は止めないけど。
あと自分に乏しいのは器量、能力、知識、
技術、言語力、コネクション…
上げだすとキリがないけど。


小、中、高でやらされた教養は無駄じゃなかった。
あんな面倒くさかった読書感想文なんかも
人の思考の推察、理解を求めることに応用が効くし
社会科も国について何かを判断する、語る上じゃ必須だし
世界史も創作なんかに使える。
調理実習、裁縫、英語はやってよかったと思うし。
理科や数学では特に挙げる点はないけど
自分が現状 応用するための何かを見出してないので。

あれらを無駄だ、と思いたい理由は
やらされる、やらなきゃいけない、っていう
教養を強要されていること、
学ぶ権利が 義務にしか見えない。
あと親とか先生の態度がむかつくとか。
大方そんな憤りだろうな。






9月は東京ゲームショー 東京に来て毎年行ってる。
2010年、19歳の頃 専門学校の人間学園に行く前、
学校に行けることになると思ってなかった頃
一人で東京に旅行に来て ゲームショーにも来て
学生の作品の展示コーナー見てなんか
自分は向こう側には行けない、みたいな
陰鬱とした気持ちになったけど。
当時は幸不幸の基準が今より高かったし 視野が狭かったし。

まぁ結局行けてないんだけど。
人間学園の滞在期間より
東京での滞在期間の方が長くなってるけど。

無関係、という風に感じなくなった。
生きてるだけでどっかしら繋がってるようなニュアンス。
まぁそんなんで満足してりゃ世話無いが。

自分の今後の人生を”未来”じゃなく
”残りの人生”みたいな風に見るようになってきた。
時間が経つのがすげぇ早い。

正義、信念、道徳を 人一倍意識することが
見方次第じゃ無意味だと分かった上に
それらを重要視する必要性も感じなくなった。

求めているものの答えはあらかた出せるようになったし。
あっ、もういいや。って思うようになってしまった。
 自分の今の認識が最上位、
 真理だと思ってしまう癖があるけど
 それはまやかしで その上はいくらでもある。
 見えてないだけで。
 特に中高生の頃なんかこういった傾向になり易い。
 その上で考えると正直
 まだ上があんのかよ…ってうんざりしてくる。
 多分これ以上の答えは幸福になる材料には
 なり得ない気がする。


一生放浪みたいな感じで過ごそうか
20代後半で海外を放浪して
40ぐらいになったら煙草の灰混ぜた酒飲みまくって
意図して身体の破壊を早めようかなんて考えてたけど
海外って滞在ビザ的なやつが要るんだっけ。
面倒くさいけどいずれ調べる。


客観的に見て 心境的な部分になんか
足りないものがある気がする
それが無いから衰退的な思考になってるような。
どうにかせねばな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今の世の中で真理の探究者がどの程度の割合いるかというと,とっても少ないと言わざるを得ない。
おっさんは希少価値がある。
真理の探究者はほとんどが不幸な結末になるか発狂するか自殺するかが多い。
大部分の人は、現実にそれほど興味ない、雰囲気、ムードにひきつけられるのだ。
論理的な思考は、拒絶されることが多い
イメージとか心情に訴える方が支持されやすい

私の場合、生まれた時にすでにハンディキャップを背負っていた。
普通に暮らすというために途方もない努力を要求された。
今では社会で成功者と認められるが
私の場合は、普通に怠けて堕落して暮らすという選択肢はほとんどなかった。
直ぐに底辺に滑り落ちる恐怖から逃れるために努力していた。
そのような経験から生じた物差しでおっさんを見ると、普通に生まれてきた幸運で
怠けてもそれなりに生きていけるある意味幸せ者。
今の私は妻と信頼関係と愛情ある家庭で幸せに暮らしている。
高収入と健康を手に入れて、過去に夢見た最高の暮らしを過ごしているともいえる。
ストレス発散の機会も沢山あり、交遊関係、社交場、遊び三昧。

おっさんは一般人ではない。志の高い(目標の高い)人だ。
酒とかたばこ、女、ギャンブルは意志の弱い庶民の楽しみ。
おっさんは満足できないであろう。
真理を探してクリエイティブな志向を持っているのは
アウトサイダーであろう。普通の人より重たいものを背負っている。
人一倍苦労をしてもがくのではないでしょうか。
アウトサイダーは世間と異なる尺度を持っている。

あじさい
2015/09/23 21:47

ご両親が発した言葉は、単なる「八つ当たり」でしょう。ストレス発散の最たるものは八つ当たり、いじめである。やった人はストレス発散するが、受け止めた人はたまらない。論理的に考えると「意味わからん」が多いのは仕方ない。もともと論理的ではなく、心情的に話しているのだ。
建築現場で働けるのは、もともと体力があるのだろう。恵まれた身体を頂いて生まれたのであろう。虚弱児であれば、無理をすればひどい状態になる。真理の探究者は、成功するものが少ない危険の多い道である。
最後は発狂するか自殺するか、破綻するかが多いが、
まれに真理を見つける人がいるかもしれない。

普通の人とは、虚構の世界に生きる人である。
映画でゾンビとかドラキュラのような人たち
何も考えないか、他人を食い物にして生きるか。
真実は厳しいので一般人は嘘の世界に生きている。
本当のことを言うと怒らせてしまう。
ブスにブスと言うと怒る。
自分を幸せだと思っている人にあなたは不幸だと言うと怒る。
自分は幸せだと信じたい。そう思わなければ元気が出ない。
無理してそう思う。故に嘘の世界に生きる。

因果の法則であるが、私の考える宇宙の法則は、人々の宿命として、動き回れ、情報をp集めろ、情熱を持て、心を燃やせという普遍的な前提条件である。
そして死の恐怖とか不安感を同時に用いる。
葛藤したり悩んだりするように作られているともいえる。

目的のない生活と言っても、
自分の気に入る目的がないということである。
存在意義も、自分の腹に落ちないかもしれないが、他人は喜んでいるのかもしれん。
家畜の生存意義は、家畜自身でなく飼育者の利益でありその都合であり、意味がある。

退廃的な思考パターンですね。
あじさい
2015/09/23 21:50
>真理の探究者はほとんどが〜
とても納得がいきました。
>おっさんは一般人ではない。志の高い〜
まぁ、物事はただそうあるって事実と、捉え方の二つから形成されてあって。
まぁ例えばToLOVEる(ラブコメディ)で色んな娘に言い寄られても一切手を出さない主人公、結城リトを
誠実と見るか、意気地なしと見るか。
要するに良く見るか悪く見るかって話で。
肯定的な見方を向けてくれているという事実に感謝します。
おっさん
2015/09/24 17:49
>八つ当たり
まぁそれですね。
いじめられ始めた生徒が それまで可愛がっていた飼い犬に暴行する、みたいな。負の因果を背負いきれないんでしょう。
母から最近「あの頃は祖母や父のせいでイラついていた」と謝罪のメールが来ます。まぁだからって僕は完全な被害者じゃなく一応は僕や弟にも原因はある、って戒めてはいます。
>ブスにブスと言うと怒る。
以前もそれをおっしゃってましたけど正しいかどうか、事実かどうかが問題ではなく 一般的には悪意とされている言葉を向けられれば気分を害するのは当然ですよ。特徴に当てはまるのなら否定や反論も難しいし。
「本当のことだろう」で正当化できることじゃない。
不美人にブス、肥満にデブ、頭髪が薄い人にハゲ、未婚の成人女性に行き遅れ、性交渉の未経験男性に童貞、黒人に二ガー…。特長に対しての悪口はいくらでもあるけど。
問題は発言者に悪意があるか、無くても
一般的には悪意とされているか、そうでなくても
本人独自の悪い意味での特殊な言葉か、とか。
おっさん
2015/09/24 17:59
推測ですけど不美人な女性に何か
個人的な恨みでもあるのではないでしょうかね。
僕はあるので。もう気にならなくはなったけど。
おっさん
2015/09/24 18:00
そもそも40歳まで生きられるのだろうか?
自分は2017年に何かが起きると思ってる。
内容はわからないが人類が滅亡するほどの何かが。
S.I
2015/10/01 21:41
はじめまして。
ハレー彗星が近づいたときもノストラダムスの大予言も結局何も起こらなかったし。個人での事故ならまだしも世界規模での唐突な悲劇だとかは特には懸念する必要を感じてないです。
僕はね。
おっさん
2015/10/02 12:50
何か足りないとのことですが、何が足りないのでしょう。

欲望が足りないと、渇望することがなく、苦も感じなくなる。苦があれば脱出しようと努力する。24歳の青年の大部分は、女性にもてたいという願望で頭がいっぱいでそのために良い会社に入ったり、経済的にゆとりを求める。

女性は優しい金持ちを探して値踏みをする。資本主義社会では、価値は金銭的なものが多い。理想の職業とは、楽でかっこよく収入が多いこと。それが結婚の良い条件にもなる。

正義とは集団の利益になることが正義であるし、道徳は支配者が利用したがるものでもある。虚構の世界で生きるとは、表と裏、本音と建て前を使分けることでもある。赤裸々な真理追及を求めると、それが理由で変人になり、他人と異なるということがコミュニケーション障害にもなる。承認されることもなくなり、負のスパイラルに入ることもある。

人類滅亡を憂うのは、例えば会社の創業者が倒産を恐れるように着実に積み上げている人には脅威かもしれないが、そもその人類の歴史を進歩と見ない人たち(自分を含めて)脅威ではない。
あじさい
2015/10/05 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
残り5800日 他人の発言の本意を見抜くこと 他 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる