風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 道徳と世間への甘えについてとLLの話

<<   作成日時 : 2015/11/16 18:12   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

社会の状況とか関係なく、あくまで個人的に
僕が今遺憾に思ってること。
 高校のことはもういいや。
 7年も経つし割り切らないと。

I組の件とLLの件は今でも忘れた日が無い。
今回はLLの件。


一応また貼っておく。

画像


製造番号 SJH11756834 9
神々のトライフォース2同梱版

待ちわびたゴールドカラーを
本体価格と同じぐらいの料金払って機能を増やして
2年分のデータを移行したニンテンドー3DSLLを
買って一週間で盗まれた件。

去年の1月に置き引きされて以来
一日も忘れたことはないし
巣鴨のマクドナルドの前通る度に
客席を確認していく習慣は未だ消えてない。
犯人殺してぇ、って未だ呪い続けてる。

去年の8月にようやく同じの買ってもう1年以上経つけど
新しく買い代えれば済むものじゃないからな。

生まれて初めて警察頼ったけどまぁ案の定あしらわれた。
盗難、って扱いならもし任天堂に修理として行き渡ったら
警察に知らせてもらえる、なんて聞いたけど
盗難届すら受理してもらえなかったし。
 その旨をちゃんと伝えなかったのは落ち度だが。
まぁ、それで「もう税金払わねえ!」
ってなるほどガキでもないけど。

まぁ、警察は治安維持のための機関であって
個人の不幸、不遇、揉め事に関与、
ましてや解決に努めるのは
別に仕事でも義務でもない、っていう
本来正しいはずの認識をはっきりとさせた。


本体のシリアルナンバーと
盗られた時間とか場所、を含めて
ネットで公言したり。駄目元だけど。

まぁいくつか意見を寄せられたんだけど。
「逮捕状が出てないから犯人と表記するのはおかしい」
「それは盗難とは言わない」
「ブログに 犯人 と表記すると、
 名誉棄損などであなたが罪に問われる場合があります。 」

警察も盗難じゃなく紛失だの云々言ってたけど
まぁ面倒ごとは避けたい気持ちは分かる。
向こうからすりゃ無職の若者がゲーム機盗まれたとか
言ってきて動く気になるわけがけない。
警察はともかくコメントの人達は
何のために言ってきてるのか。
「盗まれて一年おめでとう!」とか言ってくるあたり
あぁ、僕を愚弄してるのか。と。

 なんか「SAW」っていう監禁殺人ゲーム系の映画で
 参加させた人間をむごたらしく殺す仕掛けを作った
 ゲームの主催者であり猟奇殺人鬼「ジグソウ」について
 死なずに済む手段を用意してる、直接手をかけないのだから
 「殺人」「殺人犯」と呼ぶのはおかしいって
 意見もあるって記述を思い出した。

言い方がどうとか
どうでもいいわ!ボケ!!
ってのが本音。なんだそのこだわり。
「汚名を着せるな」って事か?って。
名誉棄損って何?
本人は泥棒を汚名だと思ってないってか。
泥棒とか殺人とか、
いじめじゃなくて いじりだとか
呼び方なんか実質問題じゃないんだわ。
やられた側にとって被害を受けたって事実が問題。


分からんけどな。
単に言葉を重要視してるだけの人かもしれんし。
悪意があったわけじゃないのかもしれない。
僕がピリピリしてたからそう見えただけで。

まぁその辺を懸念する気も起きない。
仮に言った人に悪意がなかったにしても
悪意があるように見せたのは意見をした側。
伝達力の不足。
僕は見えたままを受け取るだけ。
 逆に僕が伝達する側である場合においても
 誤解を与えるのは自分のミスだと思ってる。

あとはまぁ法律などに関しての
知識の不足を指摘されたとか。


まぁ、僕の不遇に対しての世間の声は
(僕の見え方としては)
その大半が無視か嘲笑か愚弄って感じで。

こういう場合(集団からのいじめや迫害も例に挙がる)
・世間の人間が冷たい
・自分に相応の価値が無い(日頃の行いが悪い)
のどっちかやな。捉え方としては。
僕は基本 自分の落ち度を追究する姿勢だから
後者を見てるけど。

世間の返答、リアクションについて
あぁ、そうかよ…。って思った。
まぁ嫌われ者は今に始まったことじゃない。

買ったばっかの頃 喜んで写真挙げまくったりしてたのに
一週間して「盗まれた…」やもんな。そりゃ笑うわ。
個人の悲劇も他人からすれば喜劇だから。


じゃあ逆に自分は世間に何を求めてたのか?という自問。
まぁ当然これで探してもらえるとは思ってなかったけど。
(もしこの開示した情報が
 犯人の身近な人間に行き当たったら、
 なんて可能性にかけた)

やっぱあれか。同情を求めてたのか。
自分の不遇を明言してそれを
世間からも よくないものとして認識されたかったのか。
これは弱さであり、甘えやな。反省。


当時 幸福度を上げて落とされたような感じ、
しかもその”上げて”ってのが棚ボタじゃなく
自分で稼いで買ったんだし。
そんで思くそ落とされて特に救いも無く、じゃ
正直価値観や考え方はかなり変わってくる。


道徳から因果に観点を移したのは
これだけが理由ってわけじゃないけど
大きな要因。

道徳(もとい善)を重要視してる人にとって
不遇は理不尽だけど
因果(もとい悪)を重要視してる人にとって
不遇は自業自得(何らかの行いの)というか。

理不尽よりは自業自得の方がまだマシ。


のび太みたいな
「人として大事なものを忘れない人間」
まぁ もうあんな風にはなれない。
因果に観点を置いて考えを深めていったら
その考え方そのものが、もう自分は
ろくな死に方も ろくな生き方も
出来ないだろうな、と感じるようになった。
それを不幸だとは思わない。





まぁちょっと違う人の話になるけど。
ちょくちょく愚痴や鬱ツイートしてる人がいて。
メンヘラってやつなのか知らんが。
あー僕も成人前辺りはこんな心境だったな…って感じ。

その当時の僕よりは年上だけどその人。
まぁ年齢と内部の人格の成長度合いなんて
人によってまちまちだし。
僕より年下で 僕よりしっかりしてる人も居れば
僕より年上で 駄目だと感じる人も居る。

なんか僕や他人のプライベートな話まで
自分の不幸話に関連付けさせたりして
正直 見るに耐えないっつーか うんざりして距離置いたけど。

まぁ、交流や繋がりの多い人で 友達達から
同情や励ましのメッセージを結構もらえてる。

こりゃいかんな、と。
この同情や励ましが、この人の
人生を悲観、不幸の公言を
肯定してしまってることになる。

この友達たちが助けてくれたり
解決してくれたりするのかよ?
違うやろ。同情だけ。

だから友達達がどう、ってわけじゃない。
そもそも彼らには責任が無いから。
むしろ言葉をもらえてるだけ感謝すべき。

僕が昔しんどかった頃は学校や親も敵だったし
友達からも手厳しい意見が来た。
けどそのおかげで今 真理を見定めようとする
姿勢になったともいえる。
感謝はしてないけど。



僕は一応 道徳と因果、
両方の観点を知ってる。(つもりではいる)
だからまぁ 理不尽な不幸や不遇を嘆く人間、
そういう状況の人を客観的に見て
気の毒やな、と思う反面
無様やな、と思う気持ちもある。

 道徳=人は幸せになる権利があり 互いを思いやるべき
 因果=事実が重要。人生は勝ち負け。負けた奴が敗者ってだけ。

もう道徳の観点(人は幸せになるべき)を
捨てたら?って思うんだけど。
いい加減目覚めなさいよ、って。

弱い人間が 不幸だと感じつつも
尚も道徳性にすがってる姿ってのは
正直目も当てられない。

道徳性の観点は強い人間に任せて
因果の観点に移れば?
そしたら幸福の感じ方も減るけど
少なくともそこまで不幸さは感じなくて済む。


まぁ逆に言えば、
同情、肩入れしてくれる人間の数で人の価値が測れるとしたら
その人には価値があり、僕には無い、って見方もあるけど。

まぁ、道徳か因果か
いずれにせよ その人が選ぶことか。


この僕の心境を伝えた方が良いのかな、って考えもあるが
そんな風にしゃしゃり出るような権利も無けりゃ
その責任を背負ってまでその人を変えたいって
気持ちがあるわけでもなく

8月に「悲劇の話」で
改善の予兆も見せず 同情を誘うだけの人は
嘲笑、突き放すのも一つの手だと書いたけど。

そういうことをする気も無く、
まぁ、僕にとっては一番合理的な
一旦ある程度距離を置く、という対処をした。


まぁ、主観と客観、道徳と因果、
色んな観点に目を向けて合理的な判断を、と。
心がけてるのはそんな感じで。

こないだ指摘されたタコ部屋I組の件も
また5〜10件以内には書く予定。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
世の中明るい面だけ見て面倒なことは蓋をして押し込める
というのも一つの生き方。
皆違う目的をもって生きているので見方が違うし、溝もある。
主流派であれば説明する必要ないし、共感を持つことで生きていける。
道徳という観念は、便宜的、建前で使われることが多い。

友達は、いつも一緒にいるようなべたべたした関係でなくて、
年に1,2回しか会わないさっぱりした関係でもよい。
ただし、お互い許容量が大きいことが必須である。

友人がいなくて孤独がつらいことは実感できる。
自分の父親もそうであった。
あじさい
2015/11/17 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
道徳と世間への甘えについてとLLの話 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる