風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元と今の仕事の話。 僕が地元を嫌う理由と将来的な方針

<<   作成日時 : 2016/01/28 23:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

去年の1月に夜間バス使って福岡から東京に帰る際
バスの中で筆箱落として。
問い合わせたら見つかったみたいなんだけど
福岡の会社にまで本人が取りに来ないといけないとかで。
結局諦めてて 今どうなってるのか分からんけど。
クラブ・ニンテンドーの筆箱に高級ボールペンが入ってて
惜しいな、と思う気持ちもあって。
融通利かないな、って憤りと
でも落とした自分が悪いのかってのもあって複雑な気持ち。


1月中旬に地元の福岡に帰った。
毎年1月には帰ってるから 東京に来て3度目。
バスが安いからこの時期にしたんだけど
友達忙しいからろくに会えなかったし
金銭的に余裕が無いから外出もしなかったし
帰るタイミング間違えたな。


父が病気で顔がむくれて
諸事情で年金が下りないから病院行けないとかで。
去年の9月に5万送って以来 金は渡してなかったけど
「一万くれんか」って言われて ギリギリの持ち金渡して
その後すぐ僕に未納の請求の電話着たりして
やっぱ返してくれんか、って。
まぁギリギリ病院行ける金が入ったとかで
翌日には返してもらった。

家族嫌いだから長生きして欲しいとも思ってないけど
(それ以前に長生きが幸福だとは思ってないし)
道徳の観点(親孝行できる人間が肯定される)から見れば
ろくに仕送りもできん僕って
せがれとしても相当ハズレやな、と。
父は身体を動かすだけで、というか
何もしなくてもきついきつい言ってた。
なんか祖父の方がよっぽど健康そうで。
 全然関係ないけどI組の十万が浮かぶ。
 あんな奴らに取られるなら父にやればよかったと。

3年前に 家の所有権が無くなる、とか聞かされたけど
わりと普通に親は暮らしてる。
まぁ、いつ取られてもおかしくはないっぽいけど。







僕は自分が属してた社会が嫌い。
その社会は家族、底辺高校、福岡(地元)を指す。
 人間には抽象的な敵と定めるものが必要で
 ひとまずそれを福岡、として見てるけど。
 福岡を好意的解釈してる人の「福岡」と
 僕が嫌悪してる「福岡」は基本的に違うものを指してると
 予め非難からの逃げ口上を作っておく。


理由としては大きく分けて二つ。
怨嗟と軽視。

この社会に組み込まれていた20余年、
「面倒くせぇ…」「気持ち悪りぃ…」
「ふっざけんなよ…」が僕の口癖で。
基本的にストレス抱えてたし毎日イライラしてた。
腹痛もよく起こしたし。
夢にはしょっちゅう嫌いな奴が出たり。
頭皮が薄いから(おそらくストレス)
将来ハゲるなんて言われてた。

その社会を出てからその現象が一切無くなった。
頭皮も隠れる程度には髪が濃くなったし。



もう一つの理由は
あそこは価値観が停滞している人間で構成された社会、
みたいな見え方がある。

相互理解や解決の糸口を見出す思考をする人間が見当たらない。
断片的な論理で相手をねじ伏せる手段のみ。
むしろ 主張が理に叶ってる必要すら無いようにも見える。
物事を一回り客観視する、ということが出来ない。
相対的な見方しか出来やしない。だから視野が狭い。

僕が20余年 理解できずに苦しんでたことが
この社会を出てから たった3年で色んな答えを出せた。



これらの結果を見るとどうもな…。
あの社会は一体何だったんだ?と思わざるを得ない。
散々迷走させてくれやがって、と。

まぁ解釈の仕方なんていくらでも出せるし
(社会じゃなく僕個人の方が悪いみたいな見解も出せる)
自分が属していた社会を好意的にじゃなく
悪い所ばかり見出そうとしてしまう辺り
僕の器量が乏しいのかもしれん。

社会が悪い、という言い方だとどうもアレなんだが。
社会は悪いが 自分の不都合や落ち度を
あの社会のせいするわけではない。
「社会が悪い」は ただそうだという事実の明言。
「ピーマンは苦い」「カレーは辛い」みたいな。
いやいや甘くも出来る、自分にとっては甘い、なんて意見は
そう解釈する人からすればそれも事実。
僕の判断基準からしては苦い。


ただ「社会」や「風潮」を咎めるにあたって
個人を悪くは言わないし(例に挙げる程度はするが)
自分は違う、なんて言わない。
自分自身もその社会の一端であったし
(特に「家族」という社会では20%もが自分だし)
落ち度は恥だと戒めないと。

 地元に帰って気付いたんだけど
 僕の父親って価値観が変わらないみたい。
 何年もずっと同じ話を聞かせてくる。
 母ですらここ数年 過去を振り返って
 反省したりしてるというのに。

僕は地元のことを嫌ってる、というか
ある種 憎んですらいるけど。
まぁたまに帰ると感慨深いものもあるな。






12月から 今の会社で紹介された会社での
契約社員に移って週5で営業の仕事してる。

訪問販売、まぁセールスマンって
する側にもされる側にも嫌なイメージしか無くて。
 する側:世にも奇妙な物語の自販機男みたいな
     客に断られたり上司になじられたり
     どんどん陰鬱とした気分ばかり貯まる。
 される側:突然尋ねてきて 断っても執拗に
     いらないものを売ろうとしてくる。
     断る力をそれなりに持ってないと泣きを見る。

一生こんな仕事やるまい、と思ってたけど。
まぁすることになって。
先月も書いたけど 伝達力を培うため。

契約の内容としても別に
客が損する話ではないので
あとは上手く納得させたりすることが重要。

最初は本当に出来なかったけど
まぁ今では一人で回ってそれなりに工夫の仕方も考えてる。
結果は今ひとつだけど。


元々僕は 個人の権利の行き届く範囲を重視してるから
まぁ、なんというか 本当に この仕事は
その辺に踏み入る行いをしなきゃいけない。
相手の敷地、時間、個人情報などもらう必要があるから。

自分と他者の権利の境界に踏み入らない、ってのは
突き詰めると「他者と一切の接触を避ける」ことに
行き着くわけで 生きてる以上 絶対に無理だから
丁度いい所で割り切らねばならないんだけども
本来の自分のその 丁度いいのラインを変動しないと
まともに この仕事に取り組めない。


多分 人間はそうやって
決めていたラインを 都合によってズラして
正当化して、ってのを繰り返していくのが必要なんだろうと。

「生き物を殺すのは悪い」
→「必要の無い殺生は良くない」

「人肉を食うのは畜生にも劣る」
→「緊急事態なら致し方ない 死ぬよりは良い」

「絶対に友達からは金は借りない」
→「利子つきで返せば問題ない」

こだわりよりも 大事なものが決まったとき
それを優先する形になる、
そのためこだわりのラインを緩める、みたいな。




まぁそれまでは日雇いの建設補佐やってて。
日当9000円ぐらいで運が良ければ
12〜15時に終わることがある。

で、今は 一日7000円いくらか。(契約を取れば加算)
18時まで回って 帰宅する頃には夜の8時か9時。
給料は二ツ月後。
だから12月から2月の頭までは給料入らない期間で。
支払いとか色々遅れてる。
週4にしときゃよかった…って後悔してる。
まぁ3月中旬までは続ける手筈だからどうにかする。

映画とか見に行く暇とかが無い。
レンタルDVD借りなくなった。見る暇無いし。
短いスパンで見れば日雇い労働の方が
圧倒的に処遇がいいんだけど
まぁ自身の成長的なものを今の仕事に見出すようにする。

客という優位な立場でなく、
他人の敷地に訪問して知らん人に話しかける、ということが
数週間で一人で出来るようになっただけでも
まぁ自分にとっては進展。





去年から 趣味にはあまり金使わなくなって。
趣味で使う金は月一万も満たなかったり。
あとゲームしなくなった。
やってるけど。
以前よりはやらなくなった。

気になるゲームは実況プレイ動画で見たり。
なんつーか自分でやるより楽だし。
そもそも娯楽なのに 楽って何だ…って話だけど。

WiiUが発売から3年以上経つけど持ってない。
自分は任天堂好きのゲーマーだと思ってたけど。
あと雑誌の講読もやめたし。楽しみが無え。

2年前に起こったLLの置き引きの件や
家にあった漫画とかグッズ手放す必要が出た件で
”もの”に対して色々思う所が出て。
あんまり物持たない方がいいか、って
考え方するようになった。
ツイッターとかでコレクションの写真
載せたりする人多いけど。
ものを確保できる、ってのは幸福なことなんやな、と。
僕にも元々はそれが当然だったけど
もう当然では無くなったし。


まぁあれ。
娯楽の方面でやりたいこと、欲しいものはある。
イカのゲームとか。
そのためにはWiiU買うことだけどまず
据え置き機を置けるだけの
余裕のある住処に移りたい、ってのと。
でもそれ以前に自分は金に余裕ができ次第
親の方に送ったりしてるし。
(自分が余分に金を持ってたら
 誰かに盗られそうな気がするのと、
 まともな大人という体裁を
 何らかの形で持っておきたいため)

まぁ、貯蓄じゃなく 収入の面やな。
そのためにはまぁ立場的なものの向上か。


安定や保証、立場が欲しいって気持ちと。
いつ旅立ったり死んだりしても
いい身でありたいって気持ちもあったり。
(もの集めるのやめた理由の半分はこれ)

将来的に目指したい 自分の身って大きく分ければ
安泰か破滅か のどっちか。
別にどっちでもいいんだけどな。
元々望んでた前者は あまり信用出来なくなったし。


僕の年齢的にももうあれだし。
母は「何なら帰ってきたら」と提案してくる。
まぁ安泰の方面で見れば確かに帰るのも手だけど。

先述の「20余年受けた苦痛」は忘れてないからな。
あそこに戻ればまたそれが再発するのは請け合いだし。
戻ってたまるか。

まぁそんな感じ。
あと半年で25歳になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
煽りとか皮肉とか中傷とか、そんなの一切抜きで、一度カウンセリングを受けてみてはどうだろうか?

その生き苦しい苦しみがどこから来ていて、それはあなたに対して今この瞬間も何をしていて、あなた自身はそれに対してどうすれば良いのか…ということに関して基本的なアドバイスを聞いてみるのはいかがかな?

人生における過去の呪縛というものは、取り返しのつく年齢と、取り返しのつきにくい年齢と、取り返しのつかない年齢の三種類があるけれど、25歳という年齢は、取り返しのつかない年齢に片脚を突っ込んでいると思います

せっかく飲み込んだ苦しみを、わざわざ吐き戻して反芻するような行動を起こしてしまう、その矛盾の原因が判るかもしれませんよ?
ふむふむ
2016/01/29 20:48
本当のことを知っているから、言えないことが多くある。真面目に真意をのぞこうとする人の目つきは厳しく、ぞっとして近寄りがたいところがある。

標準的であることを正常というならば、異常といえる。

このブログの良い点は、他社に対して攻撃的なわけでもなくモラルもあるし被害者的でもない。
淡々とシュールな世界を描写している。
隠者という立場に近い。

私の周囲には頑張りすぎてうつ病になる人が多いので
このブログを見ているとホッとするところがある。

あじさい
2016/01/29 21:51
ふむふむさん
>一度カウンセリングを受けてみては…
18,19歳の頃は精神的に苦しかったんで精神科(というか心療内科?)に行こうかと思ってたりしてた時期はありました。行かなかったけど。

あの頃に比べて全然 悩みらしいものは無いです。納得の出来る答えは自主的に出せるようになったし。
虫の居所が悪いときは確かに 以前居た社会への憤りを考えるけど それよりI組やLLの件に向けての方がずっと多いし。
どうやらふむふむさんには僕が精神的に苦しい状況だと思われてる節があるけど 僕は別に現時点では悲観とか絶望だとかしてるわけではないです。ただ普通。
まぁそう見せてるのは僕の書き方なんでしょうけども。

おっさん
2016/01/29 23:23
あじさいさん
主観でものを見ることは他の人に任せて 僕は中立的観点で 物事へ偏見や偏向を抜きにした時 ただそこに残る事実を極力見抜いてみたい、って気持ちです。無理の無い程度にで。
おっさん
2016/01/29 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
地元と今の仕事の話。 僕が地元を嫌う理由と将来的な方針 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる