風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 友情破綻の起因と ルールに背く上での責任

<<   作成日時 : 2016/01/31 20:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2、3年前 あるゲームでの
自分の舞台とキャラクターを題材にした漫画を
ネットで投稿するのが流行ってて
僕も真似事でやってて そしたら
少女二人のファンが出来て
賛美の言葉を貰ったというか求愛されてた。

まぁ、なんというか
あぁこの子ら魔法にかかってるな、って感じ。

個人が他者をどう見るかは
自分が捉えた断片的なその人の情報に基づいて
自分の中で形成された相手の人間像と
自分の判断基準に基づいて判断した結果。

一定の観念が備わってない時期は
断片的な情報が入り次第
早々に結果を出してしまったりする。
人の言うことを鵜呑みにする。

それゆえの他者への過度な好意的解釈。
まぁ比喩するなら 恋の魔法 なんてもの。

まぁ錯覚だから。恋は。
「愛」には「真実の」「永遠の」なんて言葉が
付け加えられて表現されることがあるが
「恋」には付かないし。

まぁ人生を輝かせるのは
そういった錯覚だったりもするんだが。

で、その子らの年齢的にも、
その子らの僕への好意は その類やな、と。
半年か 早くて2,3ヶ月で冷めるだろうと思ってた。
まぁ案の定 今じゃ声がかからなくなったし
ていうかアクセス拒否にされた。(嫌われた)

僕の要因として思い当たる節や
それによっての相手に
どう解釈されたかも推定はできる。
人間の価値の測り方は
他者からの批評の数や度合いで測れる、って見方もあるから
正直嫌われたことに残念な気持ちもあるけど
ま、因果やな。




先述の題材のゲーム漫画だけど
結構人気な人達同士で仲良くなって
同盟を組んで、るわけではないが
成り行きでそんなグループみたいになって。

まぁ僕もファンとして見続けてたんだけど。
(僕は嫌われてるが)
去年 グループ内でのいざこざによる
不仲、絶縁なんかが発表されて。
漫画もいくつか消されて無かった事にされた感覚。
まぁ仕事帰りに知ってショックで
結構そのことばかり考えてたり。
まぁそういうことがあった。




8年ぐらい前に僕 あるネット友達と仲良くなって
まぁ一年せんうちに不仲になって縁切った。
そいつを題材にして描いた絵も破棄して黒歴史扱いに。
その後も数年はむかついてたし。

今ならまぁ冷静に判断できるが。
性格の不一致とか 相互理解の足りなさとか。
あとは近付きすぎたこととか。
まぁ僕もかなり悪かったなと。
もう接触したくはないけど。

離婚とかもこれに近い感情なのかねぇ。




共依存というか その個人に対して
自分に向けての処遇、基準を
高く見積もってしまったり。
「こういう関係なんだから 普通に
 これぐらいはしてもらえるはず」
みたいな印象が 仲良くなった相手に発生してしまう。

まぁだから「何で○○してくれないのか」
みたいな風に思ってしまったり。

「〜してもらえる」ってのは
「許してもらえる」も含む。
相手に対しての軽率な発言だとか。
これが原因で他者を見切ったことあるし
友達に見切られかけたこともあるし。




さて 話を戻して 別の論点で挙げるとして。


1月の頭に幸福の仕組みについて書いたけど。
基本的に世間、社会は個人の幸福に関しては
一定のもの以上は肯定しない。というか
社会は人が幸せになれるようには
作られていないというか。
うまく表現出来んが。

まぁ、僕だって否定するしな。
個人の幸せや それを目指すこと。
ものによっては。

まぁ例えば
「僕の彼女はサイボーグ」って映画があって
男が謎の美女と おいかけっこみたいな感じで
街中を走り回って 売り物の果物盗んでいったり
舞台をめちゃくちゃにしたり、
ってことを楽しそうに映してるシーンがあって。
なんでこいつらの些細な快楽の為に
周りが迷惑を被る羽目になるのかと。

フィクションといえど
非常識を肯定するような描写は見てて気分が悪い。
まぁあくまで僕の嗜好なんだけど。

まぁ現実で似た例を挙げるなら
どっかの海沿いに天然記念物の柔らかい岩があって
色んなカップルがそこを訪れた記念に
岩に名前や言葉を掘ってて
管理してる人は迷惑してる、という話。

まぁ娯楽や快楽は絶対に
誰かしらに害が発生し得るもの、なので
完全に失くすことはできないんだけど
このぐらいは良識で避けられる範囲だよな。
(まぁその辺については
 違う解釈から掘り下げた話を
 別の機会に用意している。)



2ちゃんの書き込みなんだけど。
男が不倫した上、妻を捨てたのが原因で妻が自殺して。
そのせいで自分と新妻がバッシングなどを受けて苦しんでる。
という愚痴というか 元妻の心の弱さを咎めてて。
まぁ案の定コメントでボロクソ叩かれててそれに対して
「前の嫁には確かに悪かったが
 新しい妻と前を向いて生きるべきだと思うんだ」と。

こういうのはあれだわ。
「例え世間に認められなくても〜」ってやつなんだわ。
世間から否定される事実も認めた上で、っていう。
世間に肯定されないと 正しいと思えない時点で浅薄。
だから他者に同意を求めること自体がおかしい。

口説き文句とかキャッチコピーで
「例え君が世界中を敵に回そうと〜」みたいな。
主観で 当事者の視点で見ると美談かもしれんが
客観的に見ればその人は 世界中を
敵に回すだけのことをやってる事実があるわけで。
 (本来一般的に肯定されるはずの価値観を
  否定されている世界だとか、冤罪だとか。
  まぁ物語によりけりでその条件も変わる。)


「ヒメアノ〜ル」って漫画で
殺人でしか快楽を得られない人間、
ってのが出てきて 人を殺しながらも
その人なりの苦悩も描写されてるんだけど。
まぁだからって肩入れも肯定もし難いよな
無差別に人殺してるんだし。

まぁ 僕が主観で否定する幸せってのはこういう例。



成人男性が未成年の少女と交際したり
性的な接触に及んだりして
報道で取り上げられて、
罰せられたりなんて記事たまに見るけど。
同意の上、両想いなら別にいいやろ…ほっとけよ。
って思うんだが。
同意の上だろうと 成人側が強姦の罪に問われるらしい。


まぁ冒頭の話を挙げるが
人は幼い頃は未熟で観念が備わってない。
後に自己否定するような早計な判断をしてしまう。
そこに漬け込むべきではないし
向こうから来られても 大人の側が責任を持って
冷静な判断を下し 拒否すべき。
ってのがまぁ 法の言いたいことなのかな。

まぁ女性を上手いこと言いくるめて
遊ぶだけ遊んで責任を取らず捨てるハラの
男が居て普通なんだろうし。
その面を見ればまぁ納得というか。


先述の少女達がどうってわけじゃないが
未成年の少女と付き合うって
夢というか理想の一つではある。
けど仮にそのチャンスが来ても
きっと道徳的な観点の元に拒否するべきなんだろうな。
世間体やリスクもあるが何より
相手にとっては後に後悔する
過ちになるかも、という危惧がある。



で、先述の 交際がバレた人達は
真剣だったのか遊びだったのかは分からんが。
まぁ遊びで漬け込むことに関しては論外として
普通に付き合いたいつもりなら。

夢や幸せを目指すのは否定されてなんぼのもの、
交際する当人たちが
世間の否定も視野に入れて許容するべきってことなのか。

まぁ一部に反感買うのは事実なんだから
交際当時は極力隠して10年ぐらい経って
「馴れ初めは実は…」って感じで明かす分には
まぁあんま非難もされんだろうし。
浮気の告白みたいに誰かを傷つけるわけでもないし。
まぁ要は やるならバレないようにやれってことか。

例えば一切車の来てない短い横断歩道でも
信号を無視すれば交通法違反になる。
でもある程度はそれが許容されてるのも事実だし
それにも関わらず ルールを武器に
偏見や悪意で責められる可能性があることも事実。
まぁ 声高に主張するよりも ひっそりと
反感や問題に発展しない程度に留めるのが先決。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
友達と楽しい時を過ごすと満足するし、良いことをした気がする。
険悪な状態になれば、自分が悪いのか相手が悪いのか不明であるが気分が悪い。
人間には本質的に破壊的な本能があるので、自然に任せれば当然ではないか。
争いを少なくするには、努力、工夫、知恵が必要だろう。
他人はうわべは幸せそうに見せているが、一歩踏み込んで観察すると皆それぞれ苦労しているようである。
あじさい
2016/02/01 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
友情破綻の起因と ルールに背く上での責任 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる