風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3年前に10万取られたタコ部屋についての見解

<<   作成日時 : 2016/03/07 01:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

過去のことで僕が今だに毎日憤ってる事柄が2件。
I組の件とLLの件。
地元(小学〜高校、家族 他)でのことは
特に蒸し返さなければもう気にならなくはなったけど
この2件だけは本当に悔しいし憎んでる。


3年前の春、東京に来て間もない頃に
タコ部屋の社員に脅されて10万取られて。
それについて書いた記事だけが閲覧数が40000越えてて
未だに毎日 僕のブログの中で日別の閲覧数が上位5位に入ってる。

後に知ったけど ネットでは
「検索してはいけない言葉」ってのがあって。
まぁ怖いもの見たさに調べる人も多く。
その中に「タコ部屋」っていう現代社会の闇のような話があって。
まぁ、閲覧数が高い原因これかもな。

詳しい内容については右のタグ欄から
「I組シリーズ」ってのがあるから
そこから古い記事を見てください。

仕事をくれると言われて 行ってみたけど
なんか研修とか説明とか一切無い、契約書だけ普通に出されて
最初の10日で仕事もらえたのがたしか二日だけで。
やめさせて欲しいと言ったら4時間軟禁されて
ボロクソなじられた挙句10万取られた会社。

ぶっちゃけ言うけど「今井組」な。
ホームページを堂々と載せてるような会社だし
そこまで隠すことも無いかと。
検索したら同名の会社がいくつか出たけど
社員寮が加須駅と花崎駅の中間あたりだったから多分本社も近い。

http://www.imaigumi-saitama.com/company.html

僕は少なくとも事実しか書かないし
あからさまな中傷も避ける。
まぁまずいようなら消すわ。


この3年で僕の中で出した答え、出来上がった観念を元に
こいつらの主張を随一否定していこうかとも思ったけど
まぁ 不毛というか。
定期的に例として持ち出すことはするけど
ここでの件 全て列挙して、ってのはやめる。
あんまし意味が無い。


僕の経験談に面白い、興味深いと言ってくれる声がたまにあるが
中にはその感情に後ろめたさを感じてる人も居るようで。
まぁ、それが「ざまわみろw」みたいな
僕への嘲笑、冒涜の意図の意味合いで、って
わけでさえなければ別にその必要はない。
僕も知ってほしいから書いてるんだし。
「気になる」と「笑える」は別ってこと。


僕も「人間の価値」「善悪以前に肩入れの違い」だとか
その辺の概念も散々考えたつもりだし。
僕でなくI組に肩入れする人、僕を否定する人
イコール 非人間的 って思ったりしない。
まぁ一応理由は聞きたいけど。

まぁ、正直怖いのが、
一旦僕に賛同してくれた側が 途中で向こう側に移る、ということ。
上げて落とされる、って経験は本当にきつい。

このブログって僕の独壇場だから。
僕の見解、都合、主張でしか書かれてないわけで。
I組側には反論の機会が無い。
まぁ早い話がこの状況がそもそもフェアではない。

僕の主張で 読み手の多くに僕側に
賛同させる自信はそれなりにある。
なんせ僕の観点で話せば相手側はド外道に見えるし。

もし連中が発言する機会があって、読み手の人達が
「それならおっさんが悪いわ」みたいな
スタンスの人が多くを占めることになったり、っていう。
相手の発言の機会自体を潰したい気持ちは無いけど
その結果は危惧してる。


まぁ少し前に書いたが
人は解釈を統合させたがる癖がある、ということ。
善か悪かをはっきり分断させたい。
自分個人の中にしろ 世間の見解にしろ。

僕はその辺の偏見を取っ払った先に
何が残るのか、を見据えていきたいと
常々そんなスタンスで物事を見るよう意識してる。
(出来てるかどうかは別として)

まぁ「本当に彼らは悪か?」という懸念に基づいた
意見、確認が来たんだけど。

そもそも僕はあの人達のことを悪人だとは思ってないです。
むしろ付き合い方次第じゃ気のいい人達なんじゃね。
ていうか僕が過去に被害を受けてきた、敵対した人間全員が、
世間的に見解を統合できる悪かというなら別にそうでもない。
どちら側に肩入れするか、ソリが合うか、とか都合の問題で
その違いで人によって他者への解釈は変わる。

僕に落ち度は無かったのかというとそうでもないし。
向こうには向こうの都合や解釈があるってことなんじゃないの。


まぁその上で僕のニーズとは真逆の処遇を受けたし
(相手にニーズを合わせる配慮も見えなかったし)
軟禁されてボロクソなじられて 人格否定されて
親の悪口言われて 金まで取られたわけで。

一例・・・
 「お前就職するまで酒もタバコもやんねーとか
  格好いいこと言ってたけど
  仕事できないんなら意味ないから」
 「お前なんかどこ行ってもやっていけねーよ
  ミュージカル?無理無理」
 「親がどうとかあんま言いたくないけど
  親の育て方が悪いんやろうな」
 「会社入らないで自分で会社作れ。3ヶ月持たんと思うけど」
 「出んなよ県外に。ずっと家の中に居ろよ。その方がいい」
 「広く浅くじゃ無理だよ。土方も演劇も体力使う仕事だし
  ゲーム製作も…あ、ゲーム作りは別に体力いらねぇか」

その時の来週までに必要だと明示した持ち金3万も結局取られて。
僕に対して何一つとして許してくれたわけでもないのに
何故か再度行ったとき善人面で迎えて。
 もしかしたら 会社を出て行くのを許してやる、ってこと自体が
 相手側にとっては僕に対しての譲歩だったのか。
 となるとなんかもう まるであの会社は
 雇用者の人権全てを掌握してるつもりみたいやな。

実はその時5千円入った貯金箱を
別に持ってたから生活はどうにかなったけど
3万が全財産って言ったのに関わらずそれを取るってことは
僕なんかどうなってもいいってことだよな。

一個人の見解や都合で 簡単に他者を善か悪かなんて
分断できるものではないと 理解しているけど
その上で これだけの仕打ちと不都合を受けた以上
僕にとってあの連中は仇なのは間違いないし、心底憎んでる。
尊厳を踏みにじられた事実を周知させて
共感を得たい(悪としたい)というのもまぁ人情だわな。


まぁ上記の通り 僕も断片的な情報でしか発信できないが
その上で読み手が I組は悪くないと思うなら別にそれで構わない。
それだけの考えがあるんだろうし。 
 別件での(例えば過去のクレーマーについてとか僕のSNSとか)
 僕への悪意や印象を基にした、まぁ早い話
 僕のことが嫌いだからI組側に着こうみたいな。
 そういうのなら別だが。


僕の主観に基づいて、配慮の割合とかそういうのを取っ払って
両極端な善悪、とちらが悪いかで言うなら。
僕とI組ならI組の方だけど。
僕と読み手となら僕の方。

何度か書いてるけど、
両者の間で理解を得られないのは
基本的に伝達側の落ち度だと考えてるから。

読み手の方々が 違和感を感じたなら
僕の責任(書き方)だと自負する所存で居る。


まぁそういうことで。
今後書く記事でたまにI組を中心にした話を挟むかも。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
善悪二元論とは、世の中の事象を善と悪の二つに分類する認識法。
アニメでもこの世を「闇=悪が支配している」と考え、闇を倒す最終戦争がやって来るストーリーが多い。反体制な活動家、万年野党の市民運動の扇動者とかが多い。

善悪二元論を否定するのに、因果応報という思想の否定することもあります。幸せは良い行いの結果であり、不幸は悪い行いの結果であるというのが因果応報です。これなら子供でも納得します。しかし、実際はそれでは筋が通らないような事があまりにも多いのです。
あじさい
2016/03/07 17:00
コメント書いたらスパム言われた(笑)
ふむふむ
2016/03/08 00:16
ちなみに、「因果応報」とは「因果の法則」と全く関係ありません。あしからず。
あじさい
2016/03/08 22:07
あじさいさん
勉強になりました。

ふむふむさん
あらら。
書き込む前にコピペしておくのをお勧めします。
このブログに限らずネット全般で
おっさん
2016/03/13 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
3年前に10万取られたタコ部屋についての見解 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる