風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 営業と尊厳と権利の話

<<   作成日時 : 2016/04/02 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

3年前に福岡を出て結構早い段階で意識しだしたのが
人の尊厳に関してで。
皮肉なことに、社会から外れてから
初めて尊重とか社会構成の大切さを考えるようになった。

社会を離れて初めて大切なものに気付いた、というのか。

前にも書いたがあの地元は
相対的な見方とか揚げ足取りを繰り返す負のスパイラルで
そこに属してると必然的に思考や価値観の成長が望めない、
吹き溜まりか毒沼のような社会だったから
抜け出したことで視界が広まった、というか。

まぁ事実がどっちかなんて解釈の違いでしかないが。




12月中旬から3月中旬の3ヶ月営業やった。

最初は全然出来ないし
1月に福岡から帰って初の仕事で
全然取れずに精神的に自主的に自分を追い詰めたりして
嫌な感じになったりしたけど。
営業のコツをネットで調べたりとかして
断られる度に 言い方のどの辺が悪かったかとか
自分なりに考えたりして。
最終的には2,3月は
支店では僕が成績トップだったらしい。

一応 この支店の成績自体が
全体の店舗のうちで成績があまり良くない方で、
実力ある奴がサボリ気味だから
僕が繰り上がりでトップになった、
僕は訪問数も契約数も少ないけど
たまに当たり(客一件で複数持ち)を
見つけることが多いからとか。
という背景があるけど。

まぁ背景がどうあれ トップ取れたのは事実なので
慢心は程々に、使える場面では使わせてもらう所存。
面接とかな。


営業つっても何か売ったりするわけじゃなく。
(会社がハッキングされて 顧客の個人情報が流れる等の
 トラブルでも起きたりしない限りは)
客には金とかかからないし損はない。
肝心なのは相手を納得させる、理解を得ること。


僕は元々 人一人の権利の行き届く範囲とかを重要視してる。
営業はその領域に踏み込む仕事だったりする。
基本的に仕事してる人に突然訪問するんだけど
相手の作業や商売を阻害するわけにはいかない、みたいな。
二、三言断られて早めに引いてしまいがち。
相手の尊重とか、綺麗事ばかり言ってられないのか、とか。
そんな複雑な心境でやってた。


人一人権利の行き届く範囲、ってのは
人によって解釈が異なるだろうが。
人は平等であるべき、という人権もそうだし、
力量によってはある程度優位に立てることも
ある意味 自然の法則に基づいての権利の行使ではある。

腕力が強ければある程度他者に傲慢になれるし
知性が高ければある程度他者を見下したりも出来る。
周りがそれを認めるかはともかく、
それが成り立ってる、という事実。
それを良くない、とするのが道徳とか法律。

まぁ、そういうのを含めての 権利の範囲、というものに
僕は人一倍気にかけてるから。
その範囲を踏み越える奴は本当に頭に来る。
まぁ、その辺 他人の意識や認識に関しても
もう諦める、期待しない方針になったけど。
去年の10月に書いたとおり。


2ちゃんの書き込みだけど
主婦が旦那のビックリマンのコレクションを勝手に捨てた、って話。
まぁ当然糾弾されてたんだけどその主婦の言い分が
「なんで旦那の幼稚な趣味を許容しなきゃいけないのか」と。
旦那の趣味が自分の権利の範囲に入ってて、
その是非を決める権利は自分にある、って前提がもうね。
お前どういう認識だと。


昔バーガー屋でバイトしてた時
客がやってるゲームの画面を僕が見たってことで
クレーム入ったんだけど。
意図して見たのは認めるが
公共の場での他人の視界、視線まで
自分の権利の範囲に入れてるのか、と。
そんなに見られるのが嫌なら公共の場でやらなければいい。
と むかついたけど。

営業に関しては 時間も敷地も相手のもので
そこに踏み込むわけだから。
それをやる必要、会社の事情、
客の怒りや叱責のリスクなどを
背負う覚悟をしなければならない。
踏み込む自分に責任がある。



それを重要視すべき職種が 一番それに構ってられない、というか。
例えば 結果的に
食べ物の廃棄を一番やってるのって飲食店や料理人、
家畜を多く死なせることになるのが牧場主、
相手の権利に踏み込むのが営業、みたいな。

廃棄を出すわけにはいかないから
注文が来るギリギリの時間や量しか
料理を作らない・・・じゃ
客が離れていくし店が成り立たなくなる。

牛や豚が可哀想だから精肉としては売らない、じゃ
農業成り立たないし。

人の敷地だから入れない、
忙しそうだから時間もらうわけにはいかない、じゃ
営業成り立たなくなる。

だから自分の考え方をギリギリの所まで譲るしかない。


普通の人が10やって1の悪い結果が出るのを
それを多く取り扱う仕事だと
100やって10、
1000やって100の悪い結果を出すことになる。

肝心なのはその悪い結果を
70、50・・・へと減らすことだけど
それでも一般人の1よりは絶対に多い。


営業で何度か訪問先に、僕の属してる会社のせいで
別件で嫌な思いをした、と言われたりする。
当然僕はその誰かに代わって謝罪するけど。
何で自分が怒られなきゃいけないんだ、って心境でなく
まぁわりと本心で 代理の謝罪をしてる。
相手の尊厳とかは無視できないから。

まぁ上に報告するんだが
こちらに不都合発生しないなら特に問題なし、
って感じで聞き流される。
いや、不都合を発生させた相手へのアフターケアだとか
再発防止の為の情報共有だとか・・・無いの?


昔、家のネットが使えなくなって業者呼んでもらったんだけど
その業者 結局原因が分からず、出張費だけ取っていって
ふざけんなよ、と思ったんだけど。
やっぱ何千人もの顧客を扱う会社からすると
客一人の印象が悪くなろうと屁でもない、
客一人ぐらいの信頼なら捨てた方が合理的なのか。

まぁ同じことやってんだよな。
せいぜい下っ端の僕が客の為に出来ることは
10分20分話を聞いて平謝りすることか。


2年前、建築で 僕が客でもない民家の
敷地に入って苦情来てしまって 呼び戻されて
建築の親方と、その会社のお偉いさんと
菓子折り持って謝罪に行ったんだけど。

当時はその客が謝罪を要求してきたのかと思ったけど
もしかしたら会社が自主的に謝罪に行こうと、
客や一般家庭の尊厳とかを重要視してる方針だったのかも、と。



あと 以前 別の営業の研修受けたんだけど。
「客が買った後で後悔しても
 売ってしまえばこっちのもん」みたいに言ってた人いて。
うーん・・・と思って。

まぁ、ものを買った後は
その商品に関しての権利と責任は客に移る。
例え需要が無くて後悔したとして すべきことは
返品したり裁判起こしたりすることじゃなく
好意的解釈、使いこなすこと、
客の方が改めることだと思う。
やり返せば勝ち、じゃなく 幸福になるのが勝ちだと。


まぁ 訪問することへの慣れだとか 成長とか。
色々考える要因になったこととか。
いい経験になった。

次回辺り 日記とか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
世の中は広いと思うのは、予想外の毒沼もあるし、輝かしくて幸せいっぱいの場もある。世間的な見方では、親元での楽な暮らしとか、上京して一人で苦労しているとか見られることもあるが、千差万別なのが事実。東京で孤独に耐えて故郷をなすか敷く人もいれば、自立して向上する人もいる。

営業マンには、モラルが求められる。一般市民が道端にごみを捨てても咎められることもないが、営業マンは失格。個人の領域に入ってくるのであれば、高いモラルが容共される。

大部分の人は、つまらない毎日を過ごしていて、何か面白いことないか探している。誰か状況を変えてくれる人がいればとか、自分の能力を引き出してくれる環境を探している
ゲームのパーティーで、世界を救う戦士だったりする妄想。

リアルな世界で思考して価値観が上昇して、経験値を増してレベルアップしているようで今後が楽しみですね。
あじさい
2016/04/03 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
営業と尊厳と権利の話 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる