風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム機破壊母について気になったこと。「本当は違うんです」の意図

<<   作成日時 : 2016/05/02 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今では落ち着いてるけど 2月に 著名人の女性が
子供への罰としてゲーム機を破壊して
壊したゲームの写真と子育てコラムを新聞に載せて炎上した話。

僕は基本的に物事を判断するにあたって
中立という観点であろうと意識してる
器量の許す限りでは。
まぁアイスケースに入っただとか
ISISクソコラグランプリだとか
女優の不倫騒動とか。

この件に関しては特に中立を意識する気はない。
否定派。


ゲーム機って持ち主にとっては
長く使ってりゃ愛着も沸くもの、っていう感情論もそうだけど
今時のゲームは 遊び方によって
本体そのものの機能も持ち主に合わせて
変化していくようになったりしてる所あるから
最早 ソフトを起動するためだけの機械 に限らない
それこそ形容するなら「宝物」にもなり得るんだわ。
あと子供らしくシールいっぱい貼ってあったりしてさ。
それを壊したり盗んだりするってことはさ・・・。

まぁその辺も結局は3月に書いたように
他人の嗜好や価値観に理解があるかないか、
肩入れする気があるか無いか、の違いでしかないのか。


僕が 嫌いな親と縁を切ろうとしないのは
僕のゲームを売ったり壊したり、なんて一線だけは越えなかったから。
脅しはされたけど 実行はしなかった。
まぁ逆にその一線越えられたら話は別だけど。
まぁあくまで参考までに。

そこで 「元々は親の金で買ったんだろう」って意見を出されたら
ぐぬぬ・・・ってなるけど。
権利の話じゃなく感情の話。
仮に怒る権利は無くても嫌う理由にはなる。

まぁこの人の子供は ゲーム機は友達から貰ったらしいけど。

あと、この人のお子さんは 母を怒ったり恨んだりはしてなくて
むしろ世間がこの人を叩いてることに
「僕は怒ってないのに何で関係ない人達が怒ってるんだ!」と
遺憾に思ってるらしい。

一応、僕個人は子供のためを想って怒ってるんじゃなく
ただ自分の価値観、倫理観、あと私情に基づいてむかついてるだけ。
世間の人間も大概そうなんじゃないかな。
 まぁ中には「子供のための怒り」と称する人も居るだろうが
 そういう人は大概 自分のための怒り。
 怒りによって行う中傷、非難を正当化したいだけ。



まぁゲーム、って要素もそうだけど
上司、先輩、親といった優位性に胡坐をかく人間ってのが
本当に腹立つんだわ。
僕がそれを「やられる側」としてしか
生きてこれなかったからかもしれんけど。

前に、嫁を理不尽に泣かしたことを自慢げに
笑いながらテレビで語る男を例に挙げたが
この女性もなんか
「息子が九九の段が出来ないから厳しく叱責してたら
 九九の勉強のたびに過呼吸起こすようになった」とか
テレビで笑いながら語ってたみたいで。
あの男の女バージョンやな。



優位な環境で生き続けると慢心する、ってのは動物の性なのかもな。
見える範囲での階級では自分が最上位で、
何者も自分に害を成すことは出来ない、といった境遇。
自分を叩ける人間が居ないから何やっても叩かれない、みたいな。

まぁこの件で 見える範囲以外の人達から注目を浴びて
散々叩かれるようになったけど。
まぁ、徹底的に叩かれればいいと思うわ。
あんたは決して最強じゃないんだと。
今まで周りに気付かれなかっただけで。



ゲーム機破壊事件にも教育方法にも
色々言いたいことあるけど
その辺 結構色んな人がやってるからまぁ僕はそこそこでいいやと。
ただ、一つ気になったことがあったんで今回それを挙げる。

この女性はある程度非難を浴びて、謝罪と釈明を行ったんだけど。
「本当は修復できるように計算して壊した」とか何とか。
んでそれが嘘だと裏付けられる証拠が見つかったり。




僕が中学の頃の話だけど。
なんか僕の肩叩いたり 鉢巻ほどいたり
水飛ばしてきたりしてニヤニヤしながら逃げていく
わけ分からん女子が居て。

ある日座ってる僕の横を
2人がかりで走って通り過ぎながら
「あー手が揺れるー」とか言いながら
水飛ばしてきて逃げていった。

僕もいい加減イラッとして立ち上がったけど
特に追いつける自信も無いから諦めて座ったら
しばらくしてその2人が担任連れてきて。

「この2人はわざと水かけたわけじゃないんだって」と。

僕が言及してそう言い訳するならまだ分かるけど
自分で先生に言いに行く意味が分からん。
しかもわざとじゃないってのがどう見ても嘘だし。



今はあの頃よりそれなりに器量とか観念とか備わってるから
もし今同じことされてもそんな頭に来ないし
多分コミュニケーションの取り方が分からないんだろうな、
って理解は出来るけど。

当時は僕も中学生レベルの観念でしかなかったから
普通に不愉快な思い出として残ってる。

子供の頃は 大人の解釈が正解になってしまう、って考え方だから
そいつらが先生にそう信じさせた以上は
嘘だと立証する責任はこちらに転じ、
しかも証拠が無いっていう状況で 本当に悔しかったけど。

今思えば別に 僕が相手の言い分を信じない限りは
立証責任は相手にあるままなんだよな。
先生(第三者)の解釈は関係ない。



んで、そいつらの行動意図についての僕の推察だけど。
先述の通り、コミュニケーション能力が足らず
ちょっかいをかけて 意識を自分に向けるぐらいしか出来ない、
というか話しかけるより容易だからそうした。

んで、僕がキレて やべぇって思って。
けど謝りに行くのは危険だから先生に事情を話して携えることに。

嘘をつく、ってのは
相手を尊重してるか 舐めてるかのどっちかだと思う。
この女子達と 著名人女性の場合は多分後者。
「こいつならこのぐらい騙せるだろう」みたいな。



何故 自分のやり方が間違っていたと正直に話して
考え方を改めた、という風に言わず
本当はこういう理由で〜と 印象操作を試みるのか。
ということに関しての自論だけど。

物事ってのは、様々な経緯や条件を含めていて、
読み手は そのうちの一部のみを知り、
価値観に基づいて是非を判断するけど。

「自分のことを否定する人達は
 こういう事情(プラスになる要素)を知らずに判断してる」
っていう。
まぁ、10割自分が悪いのではなく、
3割ほどは 誤解している読み手も悪い、みたいな。

「誤解させた自分も悪いけど
 誤解してるあなた達も悪いんですよ」みたいな。

実は読み手にも問題があった、という形にしようとする意図、
だと僕は思う。

まぁ、要するに件の女性のやったことって
こいつらと同レベルだってこと。
中学生やぞ。


新聞では自慢げに「怒り狂ってバキバキと折った」と書いてるのに
「あれはカッとなって壊したのではなく・・・」って
表現を柔らかく変えたりとかな。


まぁ 後にゲーム機を修理に出して クリスマスに
「サンタさんから」といって返したって話は良いと思った。
(それをやったからクリスマスプレゼントは無し、じゃないといいが)

まぁそういう話。







ついでだけど。
中学の女子達がやってきたことで
何故あんなに頭に来たのか。

非論理的で意味が分からない、ってのもあるけど。
多分2人ともブスだったからってのが大きい。

もしあれで美少女だとそこまで悪い気はしない。
むしろ萌えてしまう。

顔が全てとは言わんが やっぱ容姿って大事なんやな。








日本ロックサービス ナンバー可変式南京錠 145-30 パープル 00721245-1
日本ロックサービス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本ロックサービス ナンバー可変式南京錠 145-30 パープル 00721245-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲーム機破壊母について気になったこと。「本当は違うんです」の意図 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる