風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 被害者としての悲しみを主張することの そもそもの誤解

<<   作成日時 : 2016/06/26 13:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

前に勉学に関しての教育法で遺憾に思ってることを挙げたけど
今回からは思想教育を何度かに渡って書くけど。

人生を苦しめるものの正体、
思春期に物事を否定的に捉えて皮肉ろうとする癖や
メンヘラなんて呼ばれたりする人の自己否定、悲観の癖も
元々の原因は過度な道徳教育だと考えてる。
それを おめでたい教えと僕は呼んでる。

そもそもが この世で起こる物事や価値観全てが
あらゆる経緯の積み重ねであって
その積み重ねる以前の部分ではなく
積み重ねられた先端、表面的な部分ばかりを
基準、前提、当然 とした上で思想を植え付け
考えてる、そうさせてる、っていう。

上手く言葉に出来ない。
のでその表面的な部分の一例から掘り下げていくことにする。
過度な道徳教育によって発生した罠。


まず、正しい、という前提が
「人は他者に対し道徳的であるべき」とされている。
本来 不幸などはあってはならないもの、
それが一般的である、と刷り込み、強く思い込んでる。


いくつかの他人の話を引用する。


2ちゃんの ある主婦の書き込みだけど
ママ友が、手作りでポーチを作って
幼稚園児の息子に持たせてた。
が、それが盗まれてしまった、と。
そのママ友はひどく落ち込んで、
主婦仲間に愚痴や嘆きのメールを送って同情や慰めを求めた、と。
「せっかく心を込めて作ったのに・・・」と
手首を切った写真とか添付したりと。
書き込み主にもそういうメールが届いてきて戦慄した、と。

気の毒だとは思うけど。
守ってもらって当然、は子供のうちだけなわけで。
ましてやもう 親だろ。
もう守ってもらう子供じゃなく
子供を守っていかなきゃいけない立場なんだから強くあれよ。
って伝えたいなこれママ友に。




ツイッターなんかで一部、問題になってる無断転載。
人が描いた絵を 他人が勝手に使ったり
自分が書いたと言い張ったり、という行い。

これをやめて欲しい、と問題視してる
ある絵描きの人(女性?)が描いた漫画が回ってきた。

内容としては、まぁ
自分が書いた絵を「わが子」と比喩して
無断転載される自分の心情を表現した話。

「(絵が)ついにできた!
 生まれてきてくれてありがとう!」
と、頑張って描いた絵(わが子)の完成に喜んでるのもつかの間、
全く知らない他人がその子供を連れ出して、
自分の描いた絵(自分の子)だと公言して回って、
「ちょっとその子私の子なんですけど・・・
 勝手なことしないでください!」と言ったら
その他人は嘲笑しながらまぁ 何らかを言い返してきて
それで絵描きの女性は悲しくなって、わが子に
「あんたなんか生まなきゃ良かった」って言い、
わが子はポロポロ泣き出してしまう。
という漫画。


まぁつまり、絵を描き、見てもらう事が喜びであり
そのためなら苦労も時間も惜しまないが、
無断転載によって その喜びも打ち砕かれ、
絵を描くこと自体が嫌になってしまう、
だからやめて欲しいと。
そういうことが言いたいのだろう。

この漫画でこの絵師に嫌悪感がわいた。
被害者だけどな。
被害者意識が高すぎる。
テメー実の子供が出来てもそんなスタンスでいるつもりか?って。



この世は偏見と主張でありふれてる、と思ってる。
多くの人が望んでるのは
自分の視点や考え方に他人を同調させること。
主張は大概そのためにある。

そのうちの一つとしては
悲劇、そうなり得る立場の発生を減らすため
被害者視点でどう見えるか、を 人々に意識してもらうこと。
(結果的な)加害者の良心に訴えかけたり
当事者意識を浸透させる、といった目論み。
戦争の犠牲者の主観を描いた「はだしのゲン」もそうだし
いじめをテーマにした話だとか大概 被害者側。
多くの主張で使われてる。




僕は 人間社会の平穏、緩和を目指す上で重要なのは
各々が自分の器量を出来るだけ高く持つことだと思ってる。
他人との解釈や考え方の些細な違いで
いちいち傷ついたり許せなかったりしなくていいぐらいに。
相手の言動、世の中の風潮などに
気に食わないものに対し 随一相手に訂正を求めるのではなく
自分の中で 解釈を変えたり 許容したりする。
(悪意ではないだろう、怒りを収めよう)
(このぐらい些細なことか、許そう)という感じで。


何気ない行いで、知らずに人を傷つけてしまうかもしれない、
という部分に目を向けてもらう主張。


前に見た主張を引用するけど。
創作(漫画アニメ他)好きにはキャラクターのカップリングを
作る趣味ってのがあって、それをネット用語で
男同士は BL(ボーイズラブ)、
女同士は GL(ガールズラブ)、そして
男女の組み合わせだと NL(ノーマルラブ)と呼ばれるが
その人はそれが気に食わないから呼び方を変えて欲しいと。

「男女の恋愛を普通と呼ぶなら
 それ以外を普通じゃないって思ってるのと一緒だ」と。

まぁ「普通じゃない」(→異常)という言葉に
ネガティブなイメージを強く持ってるのか。

これって僕的には そういう悲観的な解釈もある、って程度のレベルで
そんなに問題視するようなことじゃない。
ってかこの主張がもし力を持って世論に影響しだしたら
次に始まるのは言葉狩りやろ。キリが無いわ。

多少の嫌悪感程度なら そう感じた人が抑えればいいだけ。
ノーマルじゃない扱いが嫌、という解釈、
「考え方を自分の方が変えて」
その概念のアブノーマルさも含めて愛すれよ。って。
同性愛は特殊、という解釈そのものごと好めばいい。
と僕は思うんだがな。



3月辺りに流行った話。
自分が好きなアニメを 友達に悪く言われたせいで
自分もそのアニメを好きじゃなくなってしまった。
・・・っていうのを この人も絵師として
漫画にして主張してて。
まぁ
「こんな悲しい思いをしてしまう人が
 いることも分かってください」
っていう 先述の漫画に似た
被害者側の解釈を広める意図としての主張。



そもそも加害者(となり得る立場)に意識してもらう目論みは
「人は道徳を是とする」という大前提の上でしか成立しない。

いざ道徳という枠組みの外側から来た害や悪意には
どうやって対応するんだって。
「相手が傷つくならやめよう」じゃなく
「相手が傷ついてもかまわない」とか
「むしろ傷つけるのが目的」とか。
それこそいじめ問題や泥棒だとか。

「お前が傷つくことなど知ったことではない」
って返されたらどうすんだって。
まぁそう返さなかろうと 相手の考え方の根底に
守るべき対象にこちらの尊厳が含まれてはいない、という場合。
全然珍しくは無い。



著しい悪意は勿論やる方が悪いけど
常々周りがその解釈に同調してくれるとも限らないし。
そもそも問題視する人間自体が発生しなければ
それ自体が問題ですらなくなるわけで
結果的に 問題を減らせる、ってのもあるし。
まぁ何が言いたいかというと。

周りにトゲを引っ込めてもらう以前に
自分が身を固めることを優先的に目指す、
ってのを当然にした方がいいと思う。



てかNLの例なんて 元々そこに悪意は無かったのに
一人が否定的な見方をして、
嫌悪感からの敵意、悪意が発生してる例。

差別を批判する人間こそ 差別意識が高い、というジレンマ。

「どうしてもそれを自分が許せないか」って考え方をしてみると
そこまでのものって この世にはそんなに無かったりする。
なら いちいちそんな風に怒らなくてもよくないか?と
 ・・・っていう域の解釈、観念まで持ち出して
 「気にしなくていいはず」と言うなら
 この人達の怒りや主張をされる側、聞く側も
 そんな風に気にする必要ないはず(こんなブログ書く必要無いはず)
 ってなりだしてキリが無くなるけど
 まぁ僕の観念、器量の程度としてはそこまでの域ってことで。




先述の「わが子が〜」の漫画の問題点を、
もう一つ挙げるとしたら。
「道徳の枠の外の強者」に敵わなかったから、
恨みの矛先を「道徳の枠組みの内側の弱者」に切り替えた、
って部分もあるな。
悪が前提の敵よりも
善が前提の内縁の者や味方の方が攻撃しやすい。

自分をバカにした原因であるジャイアンに勝てないから
それについ同調してしまったしずかちゃんを責めるみたいな。

自分をいじめる相手に敵わないし言い分も通じないから
助けてくれない周りのクラスメイトを責めるみたいな。

まぁそもそもは擬人化してあるだけで
それ自体には意思の無い「作品(絵など)」であって
「かわいそうな子供」は存在しない。
結局傷ついてるのはこの女性(被害者)一人だけ。

その事実が耐えられないから 作品を
「道徳の枠の中にある弱者」(スケープゴート)に見立て
そして「一般的には守られるのが当然」である
「幼い子供」にすることで
「世間がその子供を守る → 結果、作者が守られる」という
流れを目論んで 偶像を作り出した。
「私が傷つくからやめて下さい」より
「この子が傷つくからやめて下さい」の方が説得力を持つから。
・・・って所までが僕の推測。


まぁその漫画に関しては
本人も思う所があったのか、しばらくして消された。




絵が上手い人・・・もとい上手くない人もだけど
絵描きって総じてメンタル低い人多くないか?って思うんだけど。

絵を描いて公開 → 評価される → 次の絵のやる気に繋がる
のサイクルで絵師は絵は上手くなる、って聞くから
否定的意見にも人一倍敏感なのかね、とか思ったり。


まぁ僕自身は逆に画力の向上をかなりおざなりにしてて
代わりに思考だけは散々やったつもり派。
今年に入って絵とか一枚も描いてないし。

画力高い代わりに精神力低い人に
ダメ出ししたいわけじゃなくて。
画力と精神力の両方を兼ね揃えた
パーフェクトな人間になろうぜって言いたい。
せっかくだから。


1月に書いた記事でのカステラの話での例
もそうだけど。
他人の言い分は 答えではなく その人個人の都合や意見で、
決定するのは自分である、という意識を高く持つのが大事。
でないと生む必要の無い不幸を発生させてしまうことに繋がる。


少し前まで 秋葉駅前で個展を開いて半ば押し売りしてる
「エウリアン」と呼ばれてる女性が居て、
僕もリアルで絡まれたことあるんだけど。

ネットで読んだ話で、
「すぐに終わるから話だけでも」と言われ、
個展で何時間も軟禁された、って話。

出ろよ、と。
威圧されたわけでもないんだろうし。
拒否する勇気が大事。
そもそも相手が道徳的であると期待しない方がいい。

まぁエウリアンの方も、必死なだけなんだろうな、って。
多分「この人なら買ってくれるかも。帰らないでくれてるし」
と思って粘った感じなのかもしれん。

相手に決定権、判断基準を委ねちゃ駄目だわ。

「私が大好きなアニメを〜」の騒動で
「繊細チンピラ」って呼び方を知った。
http://togech.jp/2013/09/12/3445
今回の件と論点は大分違うけど。


僕が言いたいのは
「こう呼べるタイプの愚かさだと見定める」んじゃなく
呼ばれうる、不都合を持ちうる側が強くならなきゃと。


例えば、自分がカレー好きで
他人がカレーを不味いと言って来た場合。
根に持って、相手の言い分を随一否定する方法を模索したり
他人に話して 相手が非人格的だと広めたり
そんなことは無いという賛同意見を求めたりするんじゃなく
その場で いや自分は美味いと言い返さなきゃ駄目なんだわ。
意見には意見を。
戦わなきゃ。一意見を持つ 一人間として。

自分の観念や考え方に自身があれば
反論や主張に 悪意や敵意を織り交ぜる必要すらも減るから
各々が器量や観念を高めた方がいいっていう


そんな感じ。


ちなみにさっきの
大好きなアニメを嫌いになってしまった人の主張漫画だけど。
この人、これで有名になったのをいいことに
続編を作って 有料で売り出した。

被害者意識の高さはキライだったけど、
この行いに関して批判は多いけど 僕は良いなと思った。
使えるものは合理的に使う。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、山田花子という漫画家がいた。残酷なほど厳しい現実を知って打ちのめされるさまが描かれている。普通の漫画とかネットでは、本当に悲惨で過酷な現実はなかなか表現できないものである。
あじさい
2016/06/27 23:08
頼むからまともな事を書きたいのなら2ちゃんねるとか漫画とかアニメとかTwitterとかでなく、まともな書籍を引用して欲しい

でなければ、書いている人間の教養の無さから、『アホが何か言ってる』と、解釈されるかも知れない

ここは作者にとっては掃き溜めの落書き場なのだろうが、もしも人にきちんと理解を求めるならば、低俗なものからの引用は説得力に欠けるのではないだろうか
ふむふむ
2016/06/28 21:49
>あじさいさん
24歳で亡くなられた、とのことですね。僕もいくつか描きたい漫画案のうち一つが実体験に基づいた皮肉みたいな話で頭の中にあって いつか描けるだろうか、とか思いながら保留してる感じ。その主人公は最後自殺するんだけど リアルの方の主人公(僕)は自殺はせずに生きてるんだけど。まぁどっちの方が良いかなんてのは未だはっきりできてないままです。
おっさん
2016/06/28 23:00

>ふむふむさん
一般人の思想や観念を知りたいから一般的に用いられるSNS等の方が良かったりするわけで 別に書籍を読むのが嫌ってわけじゃないけど。
目的じゃなく結果なんですわ。
最近は特にブラック勤めで自由時間も限られて電車の移動時間ぐらいしかゲームや本読む時間取れなくて。眠くて頭に入らないことも多いし。
となると長い本とかよりスマホで5分程度のスレまとめの方を選んで 仕事中に思考、帰ってパソコン開いて時間あれば出力(ブログ)、みたいな流れ。
本を読みたくないってわけじゃないですけどね。そういう書籍を参考に、ってのは他の人にも勧められたし。

どういう前提を望まれてるというか 誤解されてるかもしれませんけど元々僕は教養無い方です。
中学、高校と底辺の社会で育ってきたし。常にその過去を恥だと戒めてはいるけど。

前回のコメントでの「達観」「人間らしさ」云々に関しては
返信を書くにあたって 僕をそう解釈した人の 形容に準じてるに過ぎないので
僕自身その辺どう思われても構わないです。別に目指してるわけでもないし。
達観してる、してない、人間的、非人間的、バカ、アホ、AI でも。
これが僕なんでそっち(周り)が勝手に解釈してくれって感じ。
まぁ言われた以上は 評価を参考にはします。 応用するかどうかは別として。
それ以上を望むってなら むしろあなたが僕の思考の方針が変わるような工夫を試みてほしい。
こうしろああしろ言うのは一向に構いませんけど 現状僕から見た限りじゃ「要望」であって「啓発」には至らない。
おっさん
2016/06/28 23:26
違う

そうじゃない
ふむふむ
2016/07/01 01:36
多くの日本人は、利己的で嘘つきで、すぐに裏切る。ずるいがどこか憎めない庶民がたくさんいる。そのような平均的な日本人でも、他国と比べれば善良で穏やかで健やかともいえる。
あじさい
2016/07/01 23:01
おっさんの境遇は良くない。優れた作品が残せればよいのだが、それは妄想かもしれないし、崩壊に向かって進んでいるようにも思える。だけど、それでも良いじゃないか。
あじさい
2016/07/01 23:01
そうだな

現状が過去の結果であり、未来は現状の積み重ねの結果であるわけだから、誰が何を言うことでもないな
ふむふむ
2016/07/02 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
被害者としての悲しみを主張することの そもそもの誤解 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる