風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS ムラ社会の犠牲と 社会への敵視

<<   作成日時 : 2016/11/18 02:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

前回のコメント返信がある意味
一つの日記みたいになってたけど。

あれ書いてる時かなり久々に精神的にしんどかった。
「前向きになるには豆腐や梅干などに含まれる
 アミノ酸を摂取することが大事」
という情報を聞いて、早速
冷奴、梅干、男梅粒なんかを買ったりしてた。


10月の給料日の明細に書かれていた
「経費 0円」という文を見た時に、何かがプツッとなって。

事業部のメンバー全員が見るグループラインにその旨と、
「今後上司と話し合いをした後
 この事業部を抜けさせてもらう方針で動くと思います」
と流した。



あー、もういいや。って感じ。
この事業は言って半年までは 僕の「辞めたい」は
「辞めたい、という風に感じる現状を改善したい」って意味で、
本気で辞めるつもりなわけではない、だったけど。
あのメール見て以降は本気。
あ、いいや 辞めよう。と。

まぁ、あの明細とは別に
ひとまず45000円振り込まれてた、ってのを
ATMで金下ろすときに知ったんだけど。
理屈じゃなくて感情的に。もういいです。






もう全体周知に辞めるって流しちゃったしな。
僕は 自分が手を切ることを駆け引きの材料にするような、
交渉術を試みる奴が嫌い。

自傷、自殺、退職、恋人関係を切る、離婚する、とか。
自分という固体が 相手にとって重要視されている、ということを
前提として 駆け引きの道具に使うっていうのが。

場合によっちゃ
「自分がそう(価値があると)思ってただけ」っていう
痛い勘違いを一人 勝手にしてる、って場合もある。

そうでなく、本当に相手にとって自分が
重要視されていた、としても。
やはりこの手段は多用すべきじゃない。

もちろんそういう解釈が全てとも限らない。
相手からすれば
「なぜ限界になる前に言ってくれなかった、
 都度 言ってくれれば改善は思慮したのに
 突然辞める(別れる)なんて」
って解釈もあるから。


まぁなんにせよ 僕の基準(正しさ)が
「お別れ詐欺(脅迫)は悪」だから。
(僕が個人的にこの手段を嫌う理由もあるからだけど)

ツイッターとかでたまに居るんだわ。
自殺や自傷を仄めかして心配してもらおうって奴。
助けてほしいんだろうな、辛いんだろうな、とは思うが
その手段は駄目。しかも
たまに、ならまだしも 多用してる人がな。
見る側としても「またか」ってなるから効果すら無くなる。








あの事業部に嫌いな人間は1人も居ない。
ただそれ故に 誰を憎めばいいのか分からないから
恨みの矛先が「会社」っていう組織、概念そのものに向く。

個人に悪意は感じない。
ただ悪い偶然が重なったな、とは思う。


僕を苦しめたのが「個人」でなく「社会(事業部)」だから。
個人が原因ならその人が僕に謝罪すべきだが、
僕の場合 はっきりとした「諸悪の根元」が居ない。

その「社会」が自分の所属とは
違うもの(取引先のような)なら
その社会の内の人間が誰か代表して
僕に謝罪に来るべきだが。

僕はこの社会の内側に居る。しかも下層部。

個人は誰も悪くない。
だからまぁ、「経費を僕に戻すこと」に
動いてくれてる人達を
僕が感謝すべき、って形になってるし。

僕が会社の誰かに迷惑かけたらその都度
その人に謝ってるけど。
会社が僕に迷惑をかけたことに関して
誰も僕に謝罪してないな、と。

要因が大きいと思われる経理の人間辺りが
代表して謝罪に来てほしいものだが
相手から見て下層部たる僕にそんな価値は無い。
(まぁ倫理の観点から見ても、
 上司や経理が僕に支払いを強要したわけでもないし、
 その人達の管轄だって他にも仕事あって大変。)

社会に取り組まれることでの
一つの恐ろしさやな。



この経費は
「会社が払う金」じゃなく
「僕が払う金」と 皆に認識されてて。

僕が出せる金が尽きて、他の人が出すこともあるがそれは
「会社のために金を出してる」じゃなく
「僕に金を貸してやってる」ってニュアンスになってる。
だから僕に経費が戻った際は その人に返済する。

僕はちゃんとプラマイ0になるなら
それで構わないんだけど 戻る経費が足りないから。
まぁ例えば、

支払いに必要な金が10万として、
僕が5万出す、Aさんが5万出す

会社から10万戻るはずが9万しか戻らない

僕が5千円負債、Aさんが5千円負債
・・・じゃなくて
Aさんに5万返し、僕が1万の負債を背負う、
という形になる。
これが数ヶ月積み重なっていく。

まぁ常に個人への返済を真っ先にしてるわけじゃないから
Aさんは「早く返してほしい」って主張を
会社じゃなく僕に向ける。


僕が「そういう解釈はおかしい」って声を
上げ足りなかった所もあるんだろうが。



大袈裟に言えば「ムラ社会の生贄」やな。
ただその立ち位置は誰でも良くて、
偶然僕がそこに納まった、って感じ。
個人に恨みはないが、僕がこの村に居るのは危険。
だから抜けた方がいいって思った。

僕が抜けたらその社会は
代わりの人間をそこに置くだけだろう。
学習の無い社会は同じことを繰り返す。

まぁ、この社会は一応 ちゃんとその
経費関係をどうにかしなきゃ、って
動きはあるから、僕が辞めようと辞めまいと
その生贄制度は無くなりそうな感じ。



そうやって改善していってるし、
お前の為にみんな動いてるのに
辞めたいとか我侭、と先輩に言われて。
カチンと来て。

「愛想付かされて 手前の負い目を認めず
 相手が悪いって解釈を変えず
 辞めるって言われてようやくハッとなって
 慌てて経費戻しだして
 『戻して”やってる”のにそれでも辞めるとか我侭!』
 とか言うこの会社の方がよっぽど我侭」

と伝えた。

会社の意見じゃなく この先輩の意見なんだけどな。
経費に関しても他にもこの人に色々世話になってるし。

それがずるいんだわ。
僕を苦しめた「本体」が姿を現さないから。

他の個人たちは 僕と同じ立場で
この社会、もとい事業部のために
苦しんだり 頑張ったりしてる立場。
仲間なんだが。

上司ですらその「本体」ではないからな。
こないだ経費関連で話を聞きに行ったんだけど。
「お前が黙って払ってろ」どころか
むしろちゃんと丁寧に 今後どうにか戻す方針で
動いてくれてるようで驚いた。




社会を敵視する僕に問題があるのかもな。
前回「所属意識」の大事さを題にしたけど。
所属したくねぇ・・・ってのが本心。

「稼ぎたいんなら君が先に
 頑張りを見せるべきなんじゃないの?」
って上司に言われたし、それも分かるんだけど。

少なくとも最初の半年は頑張ってたつもりだし
給料上がらない分は別に良いにしても
それどころか金銭面で手痛い仕打ちを受けたしな。
謝罪も無いし。

この会社が僕に何をしてくれた?と。
今年はここに時間と金だけ搾取された気分。

自分を軽率に扱う会社なら
僕も相応に手を抜くようになって。
(給料上げないと仕事しないぞ、みたいな
 駆け引きの材料じゃなく、ただ普通に手を抜く)
そんなんじゃいかん、とは思ってる。
ただもうこの会社の為に頑張ろうって気持ちにはなれなくて。

じゃあ抜けた方が互いの為に良いだろう、と思うが
そこに属してる個人が後ろ髪引いてきて。
 自身が必要とされてるうちがまだ見限られてないってことで
 本当に恐ろしいのは それすら無くなること、
 って解釈もあろうが。


就活を恋愛に例えて言う人は要るけど。
感情的に相手に冷めてしまったら
もう関係を再構築しようとは思えないだろうと。

この半年で 僕にそういう風に見せたのは
この社会(事業部)だからな。


まぁ ムラ社会の悪点と、
個人(僕)の 社会をどう見るかに関して
問題かもしれないって部分。


次回 発表がある。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
炎上した TRPG無償絵師募集問題についての見解
会話とサイコロの目で物語を進めていく 「テーブルトーク・RPG」って遊びがあって それで完成した物語を 小説や動画といった媒体にしたものを リプレイ って言うんだけど。 ...続きを見る
風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。
2017/03/19 20:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どんなブラック企業であっても変わらないルールはある。利益を生み出しているの発言権は大きく、重宝される。ブラック企業では、従順でまじめな社員でも利益を生んでいない人は軽んじられる。利益を生んでいる人は大切にされる。それは、社員の才能、努力よりも部門の採算性によると事が大きい。ブラック企業で大事なことは、直接利益に貢献しているのか否かである。
あじさい
2016/11/18 14:39
今回の場合、転職するのは良いことであると思う。新たな船出に乾杯。前途に希望はある。光を信じて進みましょう。
あじさい
2016/11/18 14:41
実家に帰ったら?

生き馬の目を抜く都会で働くには、ちょっと向いてないんじゃないか?
人が良いだけでも、頑張り屋なだけでも出世は出来んよ

人が作る組織の中には必ず汚い部分があって、それは上に行くほど色濃く現れる
お天道様相手なら文句も言えんだろうし、畑仕事とかが向いてそうだけどな

常に人に対して怒りや恨みが付きまとう生き方というのは、どこに行っても腰を落ち着かせられないものだよ
独りで働くしかないね
ふむふむ
2016/11/19 00:02
人間の価値は重視してるし、それを高めないと世間から軽んじられる、今僕が評価されてるのは「若さ」のみ。ってのは自覚はしてはいるんですけどね。理屈では。

僕が最も嫌ってる社会が 地元と家族なんで 地元戻って安定を得るぐらいなら 東京でホームレスか、I組に報復して刑務所ですね。
おっさん
2016/11/20 00:19
会社と社員の関係とか、自分と社会の関係の理想と現実を考えてみた。経営者の立場から従業員を見ると、従業員を首にしたり引き立てたり、簡単にできない仕組みが出来上がっている。不良社員にせよ優良社員にせよ本音の会話ができにくい。従業員にしても会社が何を期待しているのかわかりにくい。例えば、利益とか原価がどうなっているのか、もともと明確に説明できないところがある。単純に考えれば、赤字部門から利益を出している部門に人を移動すればよいのであるが、数年先のことを考えた場合には不透明になる。
社会にとって、自分の責任とか期待度もよくわからないところがある。法律を守ってたくさん稼いで消費を増やすことだろう。国民としては、日本の利益になる働きを期待するだろう。同僚にとって良い人とは、都合の良い人、友達にとって良い友人は元気をくれる人。そもそも、自分と他人、自分と社会、会社と社員をいうように分離して考えることが不適切なのかもしれない。同じ場を共有して因果関係、縁を考えると分離不可能な共存関係ともいえる。社会が布であれば、自分はそのシミに過ぎないとも言える。
あじさい
2016/11/23 20:28
何が言いたいねん(笑)
ふむふむ
2016/11/24 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムラ社会の犠牲と 社会への敵視 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる