風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 意見したのが間違いだったって話 主張者が返答として求めるもの

<<   作成日時 : 2017/01/05 02:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

人が疑問や不満を提言する際に
他人に対して求める答えの種類が複数あって。

”疑問”を呈した者が 必ずしも
”解決案”を求めてるとは限らない。



議題を提言する形ではあるが
自分の不満や不幸をいち問題として着目されたい、
同情、肩入れなどを求めてるケース、

客観的観点からの別の視点以前に、
まず自分の視点が正しいものという自信が欲しい、
同意、賛同を求めてるケース、

実は納得すらも求めてない、
愚痴や悩み相談など。

まぁ色々あるけどまだ僕もはっきり
区分けしきれてない。





人が何を見てきたか、何を経験してきたか、
どういう待遇や仕打ちを受けてきたか、
ってのは人によって違うから
その人によって「適正」となるような回答は違うし
それを見つけるのは 答えを出す側 だけじゃなく
疑問を持った側も努力が必要。




去年の1月に書いたけど
「自分の尊厳が充分に守られていない」っていう
心境にある人間に
中立意見や相対的な意見は通用しないし逆効果、
って話をしたけど。


あと「伝達側の責任」を重要視するようになった。
自分の話で相手が納得しないのなら
相手が分からずやなのではなく、
自分の伝え方が悪かった、と戒めるように心がけた。

(もしかしたら自分の考え方自体が
 間違っているのかも・・・などとは
 基本的に考えないし、それを傲慢だとも感じなくなった)




数ヶ月前に ある女性の主張に反論したら
ブロックされたんだけど。
ブロックはやっぱ「あなたの話はこれ以上聞いてられない」
って意味合いが大きいから
あぁ、失敗したな、と思った。
 自分をブロックした相手の方が悪い
 という人もよくいるようだが。



警察の住民課?によって作られた
一般女性に向けての
痴漢からの自衛を促すためのパンフレットなんだけど
そのパンフレットを見た ある女性が
「被害者に自衛を促すより
 痴漢の取締りを強化しろよ!」と怒って
色々と主張してたんだけど
僕はそれぞれの発言に疑問を感じて。


主張になんか 守られるのが当然、
っていう認識が見える、とか。

子供に対しても犯罪に巻き込まれないように
自衛を促す教育がされてるのに
いい大人が怒るのか、とか。

加害者が「悪」っていう前提があるから
倫理に基づいて責めにくく、
「善」である前提の警察の方が責めやすい、
だから「善」であるのに守ってくれない
立場を責めてる、みたいな。

虐められっ子が 虐めっ子に反撃できないから
干渉しない(いじめに加担も止めもしない)クラスメイトや
守りが充分に足りない友達や先生を責める、
っていう状況に似てる。
(虐めっ子はそもそも相手への倫理を
 度外視してる場合が多いから
 やめてほしい、って言ってもあんまり効果が無い。)


自衛の術を身につける努力もしない自分を棚に上げて
守る立場の者に、守りが足りないと責めるのか?と。



といった意見を申し立てたらブロックされたんだけど。
まぁそもそも僕は他人だし
言い方にも気をつけるべきだったのと。

少ししてから様子を見直して考えてみると
この女性にそもそも
被害者意識を高める羽目になった背景やら、
パンフレットを破いた写真を載せたりする辺り
精神状態に余裕が無かった様子が見える。

あぁ、今のこの人に必要なのは 同意だとか、
自分の主張が正しいという自信だったのか。
その自信もはっきり付けきれてないうちに
相対的な批判だとか苦言を言ったのは間違ってたな。
僕が悪かった。





幼児がクラスの子に意地悪されて相談したら
先生は「君のことが好きなのかもしれないよ」とか言うだけで
まともに取り合ってくれない、という
いじめ経験者の視点での話読んだことあるけど。



僕もなんか中学、高校の頃よく
知らない奴やガラの悪い奴に因縁つけられて
先生に不満を申し立てたら
ほぼ毎回言われたのが

「相手もいい所があるから・・・」とか。
(学業に真面目に取り組む、
 他の生徒に優しい一面もある、等)

いや知らんがな、と。
こっちはそいつのせいで迷惑してるってのに
他の奴に対しての振る舞いとか関係ないやろと。

 まぁ僕ももしかしたら、
 主観的に不満を述べる言い回しじゃなく、
 相手の人格否定をするような言い回しをして
 本来の意図とは間違った伝え方をしたかもしれんが。

 これ今時の人の多くに言える問題かもな。
 主観的な考えを
 客観的な言い回しにして主張する。
 「この作品は自分には合わない」が
 「この作品はつまらない、駄作(皆がそう呼ぶべき)」に。
 「あいつが嫌い」が
 「あいつは非人格者(クズ)」に。
 偏見や曲解が連鎖してより荒れていく。




さて
僕は世の中は男女平等どころか むしろある程度
女性が優遇されるぐらいが丁度いいって思ってる。
まぁそう思うのは身体の構造上どうしても
女は男よりも不利、っていう勝手な印象とかなんだけど。


女を上手く酔わせて持ち帰っちゃおう、なんて番組が
テレビでやってて叩かれたのは全然分かるんだけど
自衛を促すポスターに批判するのは違うのではと。

あるCMが性差別的だ、って理由で批判されたり。
僕はピンとはこなかったんだけど。

「差別表現」という 倫理を武器に
それっぽいものを見かけ次第そうやって噛み付くのか?
って思ったりする。

行き過ぎた主張はいずれ 味方となりうる立場にすら
付き合いきれない、と見放されると思うけどな。

僕の理解が足りないのか。




件の女性、発言がなんか
「人は生まれながらにして100の力を
 自分の為に使えるはずなのに
 他人の力を削るために行動するような奴が居る」
というようなことを言ってたり。


なんか高校時代の僕と価値観が似てるな・・・って。

その言い分のニュアンスを
上手く掴めてるか分からんけど。

人によっては自分の為の行動そのものが
他人を害することである場合もあったり
そもそも100が全部自分の為に使える、
ってのが間違いって見方もある。


おめでたい教えによって 倫理を妄信してた頃
「非常識なことをやって迷惑をかけてくる
 クラスメイトの連中が完全に悪いのに、
 先生は指導を放棄してる」
っていう風に 本気で思ってた時期があったけど。

そもそも人が他人に肩入れする義務は無いからな。
僕が守られなかったのは
僕にそこまでの力を割く価値が無いからだし、
本来 僕がどうにかすべき問題だった。

「誰しもが平等で安心して暮らせる世界であるべき」ってのは
・無理難題だが一応目指している世界の形 であって、
・すでにそれが約束されている ってわけじゃない。



守られて当然、って認識が一番危ないと僕は思うんだけどな。
人権はあるけど機能してない場合が多い。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
カウンセリングの基本は、エコー、受容(傾聴、共感)、指示である。
いけないことは、自分の立場でよい悪いを決めつけて相手にぶつけること。

教師がいじめを見て見ぬ振りするのも、自分の立場で「いじめっ子」を指示することで、いじめがあったことを拒否していますね。よくある話です。

私は、「言っても聞いてくれない人には話をしない」と考えているので
必然的に、受容だけになる。
あじさい
2017/01/05 13:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
意見したのが間違いだったって話 主張者が返答として求めるもの 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる