風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 言ったことの義務と事情の変化とか

<<   作成日時 : 2013/02/26 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

落ち度と立場の話、
先に折れる方が相手との距離を縮める努力すべき責任があるとか
何かそんな感じの話をしたけど
それに似た状況やけどかなり違う例。
「言ったことの義務」について。

僕の嫌いな人間の条件の一つ、口先だけの奴。
口先だけ、にも色々あるけど。
今回の話はまぁ
「自分は○○だ!」
「お前なんか××だ!」とか
偉そうに言ったわりに何事も無かったかのようにする奴。

僕は小学生の頃から自分のルールがあった。
「豚」を悪口として使わないこと。
悪く言ってる奴って、結局その罵倒に使ってる豚食ってるじゃん、と
食う資格無いやろ、と思う。
まぁそいつら単に捕食者側、ってぐらいにしか考えてないんだろうけど。
弟とかには豚野郎、って言うけど
本気で嫌いな奴には豚って言わない。
むしろ豚に失礼。



で、小、中学生の時のブス女子グループ数人。
何人かは年取ってまともになってるかもしれない、
と期待はしてるけど
こいつだけはどうしても無理、って思う
特に一番気持ち悪い奴がいた。
身長低くて細身で眉毛太くて目が細い、
悪い意味で一番何考えてるかわからない奴。
最初は他のブス共と仲良くしてもらうため
へっぴり腰みたいな態度だったとゆうか
腰巾着とゆうか小悪党とゆうか。

常に誰かと一緒に居て、そいつに僕の悪口を
僕にも聞こえるように言う、とゆうやり方してた奴。

で、まぁ内容は
「気持ち悪い」
「生理的に無理」
「(僕に触れた女子に)うわぁ勇気あるー」
等まぁベタやけど
触りたくないぐらい嫌、って感じの。

とか言いながら
肩叩いて逃げる、
耳元でボソッと何か言って逃げる、
わざわざ自分が近くに居るのを気付かせてくる(咳払いなど)
みたいなやり方もしてきた。

なんつーかさぁ…おかしいやろ。
触りたくないとか言ったからには触ってくんなよ。

触りたくない、ってわざわざ言う精神的嫌がらせと
肩叩いて逃げる、等の物理的嫌がらせ。
本来どっちかしかしちゃいかんようなことを
両方してくる、ってのがこの細目のKやった。

僕はこいつらみたいに
相手に嫌な思いさせてやろう、ってんじゃなく
このブス連中のこと本気で気持ち悪く思ってて、
見るのも触れるのも声聞くのも嫌だったんですわ。
当時の僕かなりの潔癖症だったんで。
なんつーか
お前がそれを言う資格ないだろう、って感じ。



2種類ある手段で片方使ったら
相対的なもう片方は使っちゃいけない。

カイジで言うなら
カイジが大恩与えてるのを良い事におっちゃんの家に居候して、
おっちゃんが「300万やるから出てってくれ」と。
・金を受け取って出て行く、もう二度と来ないと誓う
・受け取らず居候を続ける
 の二択。
カイジは「負い目になるし…」とか言いながら断ったけど
最後それを受け取った。
おっちゃん「これでようやく切れるんだ…カイジ君との縁が。」

この時点でおっちゃんは300万失った代わりに
カイジがもううちに来ない、
これでプラマイ0。
(まぁカイジは金を返しに一度だけ寄るつもりやけど
 ちゃんと約束守ってる)





昔ネットで関わってたぽけしんって奴やけど。
こいつとの最後の方のやり取り。
僕「お前とは最初から友達とは思ってなかった。」
 (現に僕から友達と言った覚えが無い。
  軽々しく友達、親友、友情とゆう単語を使うぽけしんに
  ネット友達、友達、言葉についての自分なりの考え方を
  言うつもりでこう言ったのだが…)

ぽ「俺だってお前のこと最初から友達だと思ってなかった。
  お前のこと親友って書いたけど、あれは嘘だ。
  騙されたんだよ、お前。」
 (仲良かった頃の名言
  「ネット上だろうとメールだろうと友達には変わりないじゃん」
  「おっさんとの関係:親友」
  「友情がどうたらこうたら」)

自分で言った今までの主張完全に否定した。
なんつーかその場の口喧嘩に勝ちたいだけの奴やな。

ぽ「うんざりやわ。もうメールしてくんなよ」

今までさんざん先にメールしてきたのは
むしろお前の方やろ…!(怒)と思った。
それをメールで返すことも出来たけど
ここはグッとこらえて
「まぁ、いいや。
 ここをひとつ我慢すればようやく切れるんやし…
 こいつとの縁が…」と。


で、数日後
知らん名前やけど明らかにぽけしんとしか思えん人物から
友達申請のメッセージが届いた。

何か嫌な事しようとしたのか、
人間関係は簡単にリセットできる、と
他人を舐めた考え方でまた僕と関係持とうとしたのか。
まぁどういった理由なのか知りようが無いけど
こいつがそれをやったのは事実なんで
どーゆー意味なのか受け取るかは僕次第。
まぁ無視した。

数ヶ月だか数年経って、
とあるネット友達とメールしてたら
「おっさんのメールアドレスを
 ぽけしんに教えても大丈夫?
 なんか久しぶりにメールしたいんだって」
とか。

なんつーか
あの時こいつと縁を切るためにグッとこらえた
僕がバカみたいやん。
誠意を見せろ。他人舐めんな。

ぽけしんは僕にとって嫌いな人間の条件色々満たしてる上
ぽけしんから新しくその条件をさらに知った。
「あぁ、自分はこんな人間も嫌いなのか」みたいな。
僕にとって反面教師のような存在。
こいつと出会ったことで色々と考えさせられることがあった。
友達とは何か、とか
人間を尊重すること、とか
まともな人間とはどんなものか、とか
だからなんやかんやでいい出会いだったとは思ってる。
もう会いたくないけど。

ネット上だから実害は加えられてないのが救い。
 (一応2回あるけど)
多分同じ学校だったら虐められてた。



去年僕のブログで
自分正しいっ子が批判書いてきて
僕の友達がもう来るなつって
子供が
「そうですか、わかりました
 でもこれだけは言わせてください
 変わらないと幸せにはなれない
 以下割愛
 よく考えてください
 もう消えます」

とまぁ当たり前のことを捨て台詞のように言って
もう来ないとか言った割には
すぐ新しい記事で名前変えて批判書いてきた。
「偽名使ったのは気まぐれ」と言うけど
バレない限りは別人の振りしてようとか思ったのかもしれない。
やったのは事実だからどう受け取るかは僕次第。

もう来ないと言ったくせに、と言ったら
「嘘をついたのは反省します
 でもよく考えると二度と来るなと言われる
 筋合いがなかったので…」と。

筋合いとか別として、
捨て台詞吐いてもう来ないと宣言して
戻ってくるとか
自分が格好悪いと思わんのか?と。




高校の時、僕はクラスメイトに黙ってバイト始めたんやけど
 (言ってもろくなことないし)
まぁ連中暇人だから他人のそーゆーの見つけるの得意で
数日でばれたけど。
その時僕を虐めてた不細工坊主が
「うわー、おっさんが居るマックドとか
 行きたくなくねー!?」
とまぁわざわざ聞かせるように叫びよったんやけど
まぁそいつ2回ぐらい来たんですわ。
その日バイト終わったら自転車のカゴに
ジュースのカップ捨ててあった。

で、その次の日のことやけど
「ケチャップが真ん中じゃなかった」とか
難癖付けてきたり

「せんせー!昨日おっさんが俺のために
 ハンバーガー作ってくれたんばーい!」とか

何でお前堂々とできるの?と。


まぁこんな人間に正当性とか求めるのが駄目なのかも知れんけど。
これらはバカやクズの極端な例。
もうちょっとまともな話を出す。



人は自分の正しいと思ってる考え方
偉そうに言ってしまったりする。
まぁ人間の考え方ってちょくちょく変わるから
しばらくして今まで悪く言ってきたものが
いい物に見えてきた、必要になった、とか。
そんな状況になることがある。

こち亀とかでよくある。
部長「ゲームなんてバカがすることだ!」グシャッ!
両津「ぶちょー!!(泣)」

孫「おじいちゃんこのゲームあげる」
部長「意外と面白いな…!
   でも両津にばれたら大変だ…」
両津「部長…(怒)」
部長「ぎくっ りょ、両津!!」


みたいな。
で、まぁ仕方ないことだとは思う。
だから嫌いなものをあまり極度に
悪く言わない方がいいと思ってる。
自分のために。

高校生の時ソニー悪く言ってた。
「プレステとかグロいの多い」とか
「お前の家PS2でできとんやろ」とか。
クラスメイトに。

で、ファンタシースターポータブル目的でPSP買って
その後モンハンとかするようになって
「お前あんだけボロクソ言ったくせに!」と言われ
僕は正座して謝った。
まぁ極度にそいつらに被害与えたつもりはないんで
土下座とかまではせんけど。



あるゲーム会社C社の社長のプレゼン、
そのC社は自分が作りたいゲームしか作らない、って方針で
つまらん仕事は断ってるらしい。
特にソーシャルゲームみたいなのは作らないつもり。

ある日ソーシャルの会社G社から
うちでゲームを出してくれませんか、って話を持ちかけられたと。
で、その時
「そちらの会社って今結構くだらないもん作ってますよね」
と言って怒って帰ると思ったら

「はい」
「いや、認めるのかよ!」

って感じになって
まぁその後のプレゼンあんまり覚えてないけど
結果的にC社もソーシャルを出すことにした、とか。
 ただし極端な課金はやらないもの

「お前ソーシャル作らないってあんだけ言ったじゃないか!
 と言う方も居ると思います。
 はい、言いました。すみませんでした。
 なぜ作ることになったかというと
 時代と事情の変化ですね」

みたいな話やった。



で、まぁまとめると
人間は考え方も事情もコロコロ変わるからしょうがない。
ただ悪いものでしかないもの、とゆうのは無い。
今まで悪く見てたものの良い面を見た、とか
自分の事情や立場が代わって必要になった、とか。


ここでのクズの特徴は、
まぁ少しでも嫌いなものボロクソ言う割に
あっさりと乗り換える。
指摘されたら「そんなこと言ったっけー?」とか
無かったことにしようとしたり誤魔化したりすること。


まぁ今後気をつけることは
嫌いなものを必要以上に悪く言わない、
嫌いな理由ちゃんとまとめる、
それが必要な段になったら
心境が変わった理由の説明と
それまで悪く言った分を認めることと
それによって不快な思いさせた相手への謝罪。
かな。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言ったことの義務と事情の変化とか 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる