風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 友達に求める条件1 うどんへ

<<   作成日時 : 2013/08/24 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放浪に出る前、3月頃。
数少ない僕の友達 うどんとキンタに会いに行った。
キンタん家ではいつも通りゲームしたり漫画読んだり。
うどんの家は多分 その前の年の夏 バイトサボって遊びに行って以来かと。

で、まぁ僕が以前ブログで書いたとある2人について。

・HT
高校で友達っぽく接してた 唯一僕より弱い奴。
信頼関係があったとゆうより、弱者同士付き合いやすかった。
で、ある日こいつに不良に売られた。
「こっち来て」って言われて廊下に出たら
「連れてきたばーい!」つって同時に
待ち構えていた1年の時同じクラスだった不良達が
ボール投げつけてきたり追いかけてきたりした。
それ以降しばらくHTを無視したけど
(向こうは許してちゃ!って感じで言い寄ってきた
 まぁこいつも友達僕だけだったし。)
まぁもう別にどうでもよくなって普通に話す程度の相手としては
接してやるようになった。
まぁこいつもあの不良にやられてたし
助かりたかったんやろうな、って思う。

・サハラ
名前の元ネタはカイジの佐原。
バイト先のマックドの同僚の一人。
年下やけど僕よりランク上。
つーか僕が極端に仕事できない。
良い奴。悪口とか言ってこないし。
とゆうより一部の連中が僕をいじめるのを楽しんでた。
まぁ仕事できん自分が悪いし。
で、ある日僕がブログで書いてるバイトの愚痴をそいつらにバラされた。
具体的に誰のことを書いてるわけじゃない内容なのに、
その辺は自分で解釈した相手に言ってた。
しかも相手違うし。

僕はバイトで色々やられてる分を
仕事や態度に出さない代わりにブログに書いて
まぁ誰も傷つかないように配慮してるつもりではあるんやけど。
それすらも我慢しろってか。

まぁ後にメールで
お前がバラして何か良いことあるのか、ってな具合で言ったら
「ごめんね」って返ってきたし
その騒動で後々何か起こったりはしなかったし
その一回だけだしもういいけど。


まぁ僕はもう2人のことは許してるんやけど
(って言うと上から目線になるけど)
まぁうどんに「そいつらそーゆーことしてくるような奴らなんやろ?」
ってまぁ許すべきではない、的な感じのこと言われて
うまく言い返せず うーん…って感じで終わったけど。


 僕は友達ってものの見方について2回ぐらい変化があった。
 これまでの人生で。


 元々小学生の時友達増やそうともしてなかった。
 ただ普通にしてたら増えも減りもしなかった。
 そしたら親に怒られたり嫌味言われるようになった。
 それ以降はそれほど好きでもない奴でも
 話せそうな奴とは話すように心がけた。
 友達いないのが不安で夜中泣くようになったりした。
 泣くのは小学生の頃やけど、
 形だけの友達欲しがる姿勢や
 友達いないことがコンプレックスだと思うのは高2まで続いた。

 17ぐらいの時、僕にとって色々変化が起きた時期
 親に見切りつけたり
 エロいもの見ないようにしてたけど
 開き直って変態になろうとし始めたり
 友達いないのがコンプレックスではあんまり無くなったり。


 当時のネット友達 ぽけしん。
 友達が多い、と自称してる。
 のわりに友達の家で遊んだぐらいで日記に書いたりする。
 部屋中煙草の煙モクモクで嫌だったけど、とか。
 友達に飢えてたから我慢してたんじゃないの?と。

 「俺は友達が腐るほど居る」と。
 僕がそこを責めたら自分でも失言だったと気づいたようで
 必死に否定しだした。
 「細かいこと気にすんな」と。

 「話せる相手が友達。
  それが多いのが親友」と。
 友達として判断する敷居が低い。
 自称友達多い、の理由がこれで理解した。 

 「もう俺のこと友達と思ってねーんだろ?
  縁切るの確定なんだろ?」と
 友達じゃなくなった相手には途端に態度を急変
 日記に悪口書いてきて文句言ったら開き直って。

 「君そんなんだから友達もネット友達も増えないんじゃないの?」
 別に増やそうとしてるわけじゃないけど
 こいつにとっては普通は増やしていくものらしい。


 ぽけしんはなんか
 人間を舐めてる、っつーか
 友達を頭数としてしか見てないっつーか
 自分を良く見せるための道具?は言い過ぎやけど。

 まぁ友達の数が少ないの馬鹿にされたりして。
 あと幼少時から友達居ないことで親に怒られていたことで。
 友達って何?って思うようになった。

 3DSのフレンドでつまらん奴切り離して
 新しいフレンド探す奴、とか。

 まぁ新しい友達次々と増やすことより
 今居る友達を良く知ろうとしようっつーか
 一応そんな結論。



間逆のシーンの漫画。うえきの法則とカイジ。

うえきの法則は中学の頃好きだった漫画。
ただ今読むとうーん…ってなる。それでも好きやけど。
正義をテーマにした話なんやけど
正義と悪の基準が単純。

悪いことする奴が悪、
勇気を出してそれをやっつけたり
困ってる人助けるのが正義。

悪い奴は、能力を悪用しよう、支配者になろう、ってゆう
単純に悪い奴しか出てこない。
事情があっての悪党はほんの一部。


ネットで見たパワポケの名言
「善の反対が悪。正義の反対は悪ではなく別の正義」

ガチトラ!では
「正義なんて人それぞれなんじゃねぇの
 クジラ美味ぇからもっと捕ってみんなにも食わしてやろうぜ
 ってのも正義だし
 クジラは哺乳類だ。可愛そうだから殺すな
 ってのも正義」

ドラえもんでは
「どっちも自分が正しいって思ってるよ。
 戦争なんてそんなもんだよ」

まぁパワポケの名言見て以来
正義の反対語を悪って呼ぶのに違和感感じるようになった。
脳男とか妖怪人間べムとか。



で、あるシーン。
ぺコルってゆう気弱な少年の回想シーン。
友達がいじめっ子にやられてて、
陰から見てるけど怖くて何もできん。
で、いじめっ子が去ってから駆け寄って
「ごめん僕弱いから…」つったら
「お前何も分かってねぇよ」つって絶交される。


カイジが一人で戦ってて
負けた人たちが集まってきて心の中だけで応援する。
役に立たない友情。そもそも役に立つ友情というのがおかしい。
「オレは気持ちだけでいい。ありがとうみんな…」


なんつーか
友達は助けてくれるものだとしたら
じゃあ助けてくれなきゃ友達じゃないんか?と。


人間的にも良い性格で、困ったら助けてくれる、
裏切ることなど無いぐらい心が強くて正しい判断ができる。
そんな完璧な強い人間しか友達として認めない、
なら自分の方もそんなに出来た人間なのか?と。

自分の意思に反するようなら認めない、
裏切った奴は速攻切り離す
そんな自分も人間としてどうよ?って。
弱い奴救う気も無いやんて。




友達と登山しててロープが切れて、
どっちか片方しか助からなくて、
ナイフを持ってるのは相手。

相手が自身が助かろうと
自分の方のロープ切りたがったら
俺を助けてくれないのかとか非難するのか。

自身の身を呈して自分を守ってくれるのが
友達に求める条件なのか?と。
じゃあ逆にナイフ持ってるのが自分だったら
それができるのか?と。

自身を助けてくれないのを非難してくる友人を悪者扱いして
自分が助かるんじゃないのか。




ぺコルの友人のメーテル、
助けに来てくれなかったペコルと絶交したけど。
ペコルがケンカで勝てるような奴じゃないのは一目瞭然。
じゃあ何だ。
ボコボコ殴られてでも自分を助けに来る姿勢を見せろってか?
それとも単に中学生の考えとかそんなもんなのか。
友情の形とか。

まぁあの後
結果がどうじゃなく助けようとする気持ち云々ってゆう結論で片付いた。
考え方はまぁ人それぞれだし。



カイジの敵 裏の世界の王、の息子。
和也ってゆう捻くれたガキ。
人は人を救わない、って考えてる。

金でクラスメイトに遊ばせてやってたら
違う組のヤクザが自分をさらいに来る。
「どいつが和也だ!」
「名乗りでねぇと全員さらうぞ!」
と言われ クラスメイトたちは自分を指差してた。
で、それで人間不信みたいになった。
こいつらは自分を助けてくれない と。

いや…こいつだって
「お前ら自分だと名乗り出ろ! 
 さんざんいい思いさせてやったろ!」
とか思ってるんですわ。
お互い様やろ。
自分だって友達が犠牲になるの望んでるやん。
自分だって友達救う気無いやん。






悪役みたいなこと言うけど、
誰かて一番大事なのは自分だからね。
皮肉でも何でもなく。
当然やろ。

「身を挺してまで自分を守れ」
って友達に求めること自体も自分第一だし。

人間そんなに強くも正しくもできるわけでもないし。
精神と肉体を軍隊並みにめっちゃ鍛え上げる訓練を
義務教育で取り入れたらまぁ
少しは変わるかもしれんけど
そこまでしないから。

本能でまず 生き物は自分第一で出来てる。
かの石川五右衛門、
我が子と釜茹での刑にされて、
「子供だけでも助けてくれー!」つって抱え上げてたけど
最後は自分が助かろうと下敷きにした、とか。
まぁこれは親から聞いた話で実際は色んな説があるらしいけど。









まぁ大袈裟に話が逸れてきたけど。
別に命とかかかった話ではないし。
サハラもHTも。

まぁ、
僕自身もうどんに縁切られかねん怒らせ方何度かしてるし。
それで全部許してもらってるし。
じゃあこっちもHTとか許してやらないかんのじゃないのかと。
反省してるんならいいわ別に。
もうこいつを信頼することは出来んけど。

HT自身が僕に信頼求めてるかどうか。
求めてないんなら、もう卒業したし別に僕にこだわって
関わってきたりしないだろうし。
(連絡取ってないし多分これ)

求めてたら、僕の評価を良くする努力とかしていくだろうし。
しないんならこいつへの評価は変わらない。
こいつ自身何も良くなる努力とかしてないんなら
こっちも無条件で良く見たりはしない。

まぁ絶縁しようってほどでもないけど
僕からこいつと縁を深めようとも思わん。
まぁなんか見せてきたら見る分は見てやる。
っつーかそんな感じ。


とりあえずここまでで。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
友達に求める条件1 うどんへ 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる