風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS マックレマー結論 決裂への方面

<<   作成日時 : 2014/12/06 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次は決裂の方面。

11月18日にいつもは8時開始なのに6時半開始で
小さい、妙に重い、形がバラバラ、傷つけちゃいけない板を
何百枚も蒸し暑い中 3人で部屋ごとに振り分ける仕事で
この仕事送ってきた奴死ね!とか思いながらやってた日。

僕がこの2年ぐらい考えてたことを
根本から覆しかねないような考えに至った。

正しさの基準を自分なりに判断して
出来る限りその方面に向かう、みたいな。
もうどうでもよくね?と。


ベタなこと言うけど完璧に正しい人間になるのは不可能。
だから正しさ目指すのも半分でいいと思ってる。
その出来てない半分ってのは何か。

・失敗
 こうした方がいいって分かってても出来なかった
 やらない方がいいって分かっててもやってしまった

・冗談(のつもり)
 いわゆるマジレスじゃないもの。
 相手次第じゃ冗談じゃ済まなかったりも。

・叩くこと
 例え嫌いでも非難はしない法が正しいんだろう
 でもむかつくから、嫌いだから叩く。

・視点
 相対する二種類の正義のうちどちらか一方にしかつけない場合。
 自分が第三者の立ち位置なら
 中立、どちらにも無関心で居るのが一番安全かもしれない。

・思索する範囲外
 食用動物の命を奪うことやら紛争地域での問題とか
 これは極端な例やけど。
 まぁ特に悪意もなく普通に歩いてたらアリを踏み殺したみたいな。
 自分が意識してる範囲外のことまでは最早考えてない。
 マックドでのクレーマーがこの辺に当たる。



前回の和解の方面。
相手の立場になって考えて自分の落ち度を突き止めること、
憤慨して攻撃的だったり支離滅裂な言い方をしてくる相手から
根本的に何が言いたいのかを汲み取って
相手を落ち着かせる方面に持っていって…みたいな。

試みること自体はそれほど難しくない。
ただすげぇ疲れる。精神的に。


自分の落ち度が10%しかないと思っても
その10をどうにかすることで問題をどうにか出来るなら
試みることはをできるんじゃないかとか
思ったりしたわけで。

で、この日
相手が90も悪いと思うんならそれもう切り捨てでよくね?
と思った。
 90ってのはクレーマーの一件だけじゃなく
 その後の賛同者の非難とかも含めて。


引っかかるコメント結構来たけど
あぁ、こういうことかと納得した。
時間かかったけど。

・今まで僕がクズ呼ばわりしてる奴(大体高校の奴とか)
 より僕がクズなんじゃないのかっていう

高校の奴らがどんなことしてたかって知らんやろ。
例えばこの客のハンバーガーを
「ウェーイwww」とか言って指で潰したり
クレーム入れられたら客の所に行ってイス蹴って
睨み付けて舌打ちしたり、とか
そんなことの半分、てか10分の1でもやったんなら
同じ、そいつら以上のクズと言われても仕方ない。

クラスメイトとバイト先の客じゃそりゃ全然違うけどな。
これ知った上でも僕の方がクズと言ってくるんなら別の話。



・もうこの際人を尊重しろといわない
 心遣いなんてしなくていい
 ただ人に迷惑をかける行動をするな

コメントで一番むかついた。
気配りが足らない、もっと気を使えなら分かるけど。

僕の尊厳ごと踏みにじられるような気分。
議論で相手の尊厳を無視する言い回しってのは
多分禁句なんだろう。
 僕で言うなら「もう外に出んな」って話だし。

僕が何かしら意図して危害を加えたなら
そう言われても仕方ないけど
僕にとってはすごい些細な失敗。
一度きりで今後は気をつけるって意志を示してるのにも拘らず
こんな言い方されるってのはつまり
誰しもお互いに掛け合ってる程度の些細なミスを
僕だけ一切許されない、下ばっか向いて生きてろってか。
そんなこと言ってくる奴が
善だの正義だの語ってんだから本当に反吐が出る。



なんつーかお互い指してるものは
同じように見えて実は別のものなんよな。

相手は 僕が先にやったこと
僕は 相手が反撃してきたこと

僕は先に仕掛けるのも 倍にしてやり返すのも
一応どちらもよろしくないと思ってるけど。

僕は先に何かをしたって意識がないけど
相手がそれを悪いって言うなら一応認めてるつもり

自分の方が正しい、って考え方は持ちつつも
一応相手の視点で考えるよう試みてるけど
相手の方は全部僕が悪い、って言ってくるし。

自分の悪さが0のつもりが 責められるから
「じゃあ50は自分が悪いってことでいいよ」
って感じなんやけど

相手からしたら
「100悪い奴が 自分は50しか悪くないって言ってる」
みたいに言われる。

「ちょくちょく自分で自分のこと悪いって
 いってる時もあるから 尚更たちが悪い 」とか。



なんかな
キレた、というか。
つっても激怒するタイプのそれじゃなく
懸念することの放棄、みたいな感じ。

自分が「出来てない部分」もとい
「別に出来てなくてもいい」部分に対しても
自分は人格者で居たいのだろうか、と。

僕がクズって呼ぶのは基本的に
過度な奴、当たり前の感覚の奴、反省しない奴 だから。
自分の思う基準さえ背いてなけりゃ
僕は別にクズとは思わんけど 人によって基準は違う。

クズから離れることを考えてきたけど
別の人の「クズの基準」を意識する必要が
そこまであるだろうか、と。
そりゃある程度は意識するけど。


この客ってそもそも僕にとって
好きでもない、強くもない、優しさもない奴。
 正確には好意もない、特に何かを認めてもない、
 僕にとって都合不都合のあるカードを
 持ち合わせてるわけじゃない、
 脅威になりかねるわけでもない。
 その上僕に気を使ってくれもしないくせに
 議論の応対だけは求めてくるすげぇ図々しい奴。

それでも出来る限り聞こうとはした。
自分の意見や評価を不要とされるのが
どんだけ悔しいか分かってるからな。
他人を尊重しようって意思の賜物。

でももういいや。
どーでもいいんだわ元々こんな客。
見切りつけた所で戦争が始まるわけじゃあるまいし。

上からな物言いになったんで
下から言うと、

この件に関して客側もといその賛同者に
「出来た人間」として見られることを諦める。


ただ一つ、
多分何かの件に関して放棄、反撃したりしたら
その件に関して人格者ぶる資格は多分無いんだと思う。

相手から見たら これまでの僕はもしかしたら
「やることやっといて 非を認めないにも拘らず
 理屈こねて人格者ぶる奴」
に見えてたのかもしれない。

I組のそれみたいなな。


この件が大事に思ってる人にとっては
その分嫌われるだろう。

それでもいい 無理に人格者ぶるのはもうやめた。
嫌いたきゃ勝手に嫌え。
ってことです。

まぁ相手の態度、気遣い次第などでその都度変わる。


18日のことやけど。
年の終わりに自分の中で大きな結論が出るのって2回目やな。

別にいいや嫌われても。
理ばかり考えてたけど理を無視した欲も平気で持つことにする。

コメントで言われたこと。

「他者を批判するときは
 その批判するポイントにおいて
 自分自身は潔癖でないといけない、
 と私は思うのですよ。 」

自分でもネックだった。
自分で出来てないこともいっぱいあるし。
そもそも自分がこんな風に書くこと自体も
もしかしたら資格が無いのかもしれない、とか。

もういい。書きたいから書く。それだけ。
いわゆる欲やな。

そもそも資格が無いのにもの言ってる奴らだらけやし世の中。
自分の基準満たせればいいや。

「自分でも出来てないじゃないか」と言われたら
「まぁね」って言うわ。


今までなんか 絶対 のような言葉を使うことは極力避けてた。
どんなことにせよ場合によりけりだし

比喩として使うこともあるかもしれん今後。
「出来る範囲でなら何でもしますんで」
みたいないちいち遠まわしな言い方じゃなく
「何でもしますんで」みたいなことを言うこともあるかもしれん。

かといって本当に何でも出来るわけじゃない。
それで死ねって言われたら反故にして相手を見切る。

約束を反故にした人間と思われても構わん。
相手も相手で何でもするといえば本気で付け込んでくるような
奴だと思われても構わんってことやろ。
人は見る側でもあり見られる側でもあるから。
お互い様。




コメント
「よくそんな人がこれまで人について
 色々偉そうに語ってこれたね 」

このブログで反論できないからプライベートなツイッターで
(言ってしまえばブログもプライベートやけど)
僕の馬鹿な部分探してしかもわざわざ匿名性の聞く
ブログの方で叩かれたけど。


このブログはこんな方針になってしまったけど
元々僕って「フヒヒ幼女ペロペロ」とか言ってる感じの奴なんで
総合的に見て 良い者か悪者かそっちで勝手に判断してくれ。
 (本当に隠したい部分は隠すけどな)
これが僕なんだわ。

ってことです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マックレマー結論 決裂への方面 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる