風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 二次元ポルノ批判と 主張の真意

<<   作成日時 : 2015/02/07 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

数年前に知った 児童ポルノ所持禁止を訴える人について。
断片的な情報でしか知らないから あんまり言えんけど
当時その人について書かれてた記事によると

子供を守るために児童ポルノを摘発したい、
自分も若い頃無理矢理グラビアを撮られたりして
嫌な思いをしてきた。
二次元で描かれたものも取り締まった方がいい、だっけ。

僕にとっても不都合な価値観だから当時は
なんでエロ漫画まで目の敵にすんの?
って憤りを感じた。


で、今。自分なりに納得のいく解釈が出来た。
この人の訴えの動機って
半分は正義感かもしれんけど
半分は私怨だろうな。

人の怒りや恨みって結構 相応分じゃ済まない。
5倍にも10倍にも膨れ上がる。
1やられて1返すだけじゃ済まない。

いじめられたら その相手だけじゃなく
いじめっ子を産んだ親や家族まで恨んだり
虐待受けたら 自分の境遇の原因だけじゃなく
平和に暮らす不特定多数の他人にまで矛先を向けたり。

学校でいじめられだした子供が
それまで可愛がってたはずの飼い犬に
暴行し始めた、みたいな話何かで見たことあるけど
あぁ、そういうことか、と納得した。
自分の受けた「負」をどこかしらに返さないと気が済まない。
何故なら人間は(心が)弱いから。

人間誰しもが持ちうる弱さ、駄目さ だから
極端に人でなしとまでは思わない
(その上で 最低、等と思うこともあるけど)


この児童ポルノ反対と世に訴えてる人は
自分が被害を受けた特定の風潮、人の性(さが)に対する
復讐者、リベンジャーなんだろうな、と。

人の言葉に真意があるとは限らないわけで、
主張はあくまでその人の主観、感情だから。
主張したい、同意させたいって気持ち、欲から
私怨で語るより正義で語る方針、
悪い影響を取り上げて むしろ悪い影響しかない、
と見せたい、みたいな。偏向報道というか。
自分でそうしてる自覚があるのか
自分でそう言ううちに本気でそうだと信じ込むようになったか。

主張のその因果を辿ると 違ったものが見えてくる。

まぁあくまで僕の憶測で
また違った捉え方や真意があるのかもしれんけど。
少なくとも僕はこの答えに辿りついて
納得できたしいいや、って感じ。

この人のせいで実際何か僕に不都合が起きたわけじゃないし。
現時点じゃ第三者に過ぎないんで
その価値観もった原因に納得できると
その人に対しての憤りも減った。

まぁそんな感じ。



ただ、この主張する人が力を持てば、賛同者増やせば
この考え方してる人達の正しさが
市民全体に強く義務付けされるようなことになれば
不都合に感じる人間も多く居る。僕も含め。

人間は結構「人それぞれだよね」じゃ済ましたくないって
ことが多いから。

二次元が対象って部分は外されたらしいけど。
また 強く批判する人が出てくる可能性は消えない。
常に警戒はしておかないとな、と思った。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二次元ポルノ批判と 主張の真意 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる