風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 残り5200日 退社した。 仮説を立てて相手を許す行為

<<   作成日時 : 2017/04/27 18:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2017年4月20日が終わる時点で幸福の期限が残り5200日になった。

この期限を決めた頃、思ってた感じとは
今では全然違う考え方になった。

幸福な将来は既に諦めてるし。
ホームレスとか見る度に あぁはなりたくないなぁ、とは思うけど
まぁ実際なる頃には 徐々に慣れながらなるもんなんだろうな、と。
当事者にはあまり悲観とか無いのかもしれん。
どうせ将来ホームレスになるなら海外を放浪とかしたいけど
何が必要かとか調べておくべきか。



愚痴と考察。


大分報告が遅れたけど 会社辞めた。
例の事業部が閉鎖して、
次の仕事の面談探してもらったりしてたけど。

片道1時間半とかの 横浜とか神奈川の現場で
レッカーが入れないから
荷物を人力で上げたりする必要があるような敷地で、
定時まで時間がかかったりする。

タイミング的にそんな現場ばかりだったから
帰ってまた会社に面談行くのがきつくて。
しばらく考える時間をください、と。

で、2月後半。上司に呼び出された。
会社での活動をしてないから
このままだと保険料だけ払う羽目になるから
どこかまた仕事紹介してもらって面談とかするか
一旦退社するのをお勧めする、って話になって。

もし僕が退社して、都合が良い時に
やっぱまた入社したいです、って言うのって
会社的には気分悪くはないのか、と聞くと
別にそういう人も居るし 問題ないとのこと。

まぁ入社の時も敷居が低かったからな。
普通の会社とは違うのか。


試しに2年、って話で入ってまだ1年だけど
去年があんなんでデメリットばかりだったし。
2年勤めても自分にメリットが少ない、と証明するために
もう1年やるとか嫌だし。
じゃあもういいや、って感じで。



去年のこと今でも結構ムカついてるしな。
僕が被った迷惑に関して一度も誰からも謝罪が無いし。

同僚の伝達ミスで僕が普段の3倍の仕事をする羽目になった際
それを追求したらふて腐れ気味に「ごめーん」って言われた程度。

まぁ、僕のこれまでの人生で 僕に迷惑かけた人間のうち
まともに謝罪してきたのって1割程度だったから
今に始まったことじゃないけど。

 もしかしたら僕もこれまでの人生
 迷惑をかけて謝罪してない案件が
 自分の知ってる以上にあるのかもしれないし。
 気づいてないだけで。



なんでこの会社入ったのか分からなくなったと
例の上司との話し合いで言ったんだけど。

「学生時代に何もしてこなかった者達が
 今から普通の会社に入社してもたいして稼げない。
 ここで頑張って成長していけるように」
ってのが会社の方針。記憶が曖昧だけど。

入社前にも聞いたけど。
あの事業部で過ごした後で改めて聞くと
聞こえ方が全然違ってきた。

「何もしてこなかったんだから
 こんな待遇でもお前は文句言えない」
って風に聞こえてくる。
例の事業部の上司に言われると。

向こうにはそんな意図は無いだろうけど。






例の事業部で9ヶ月勤めて色々学んだことはある。

精神的に重圧がかかったとき、切羽詰ったときに出てくる
自分の醜い部分、母親のように気性が荒い部分を知った。
自分は思ったほど心が強くなかった。

自分は社会に属することに向いてないって改めて分かった。

なんていうか、不都合が発生した場合、
その原因に 敵意を見出そうと
してしまう癖が昔からあるんだけど
多分その方がシンプルで納得できるんだと思う。
「相手は悪気は無い」よりも
「この野郎…!」って思う方が。



あと「放送・連絡・相談」の大切さ。

知らせるべきことが行き届いてなかったり
独断で決めた勝手な行動が
別の個人に迷惑をかける。

打刻のやり方が変わったことを僕は知らされず
打刻を忘れてると解釈されて先輩に怒られたり。
怒られる最中も、
過去の何度かの打刻忘れのことを言われてるのかと思って
現行で正確な打刻をしないでいる、ってことだと
お互いに気づくのに時間がかかった。





レンタカーと経費の問題。

会社が先に金を出すのではなく、
僕が自腹で支払った上で、翌月戻ってくるシステム。
最初から十数万かかる、とか
レンタカーを何度も利用することになる、とか
聞かされておらず、

こっちは まぁ1,2回、
数万で済むならいいか、って程度の認識でしかないのに
何度もやるうちに生活費に食い込んできた。

会社のカードは無いのか、と聞いたら
あるけど使っていいって許可が下りてない、とか。
だからって社員個人に払わすってどういうことだと。



で、僕が考えたのが
もしかしたら会社には充分な資金が無いのかもしれない、
ひとまず社員に買わせて 会社に金が入ってから
給料日に返すという形でしか出来ないのかも。
っていう憶測で納得させた。


その後に起こったのがミゼッタ事件。

ミゼッタ っていう小型の軽トラが事業部に導入された。
ただでさえ大量のスクーターが事務所前に
敷き詰めてあって市役所とかから苦情が来てるし
事務所も狭いのに場所を圧迫するし、
しかも即効でエンスト起こしたらしく
一度も使わないままで邪魔なだけ。
聞けば例の上司が10万円ほどで購入したとか。

金あったのかよ!
そんな金あるならこっちに回せや!!!と。

この上司って普段本社に居て、事務所に来ることは稀。
事務所の状況を知らず、事務所に居る人間と
需要や必要かどうかの相談も無く勝手に買ったとか。

全部その上司のせい。
…って同僚達の話を鵜呑みにしてしまって。
本社に行ってその上司に怒り半分で問い詰めに行った。

上司曰く
自分だって別の上司に言われて買っただけ。
確認も無く攻撃的に責められると気分が悪い。

とのことで。まぁ僕も冷静じゃなかった。




こういう「憶測で許す」って
場合によっては良くないのかもな。

自分の怒りに、
「もしかしたら相手はこういう都合があるのかも」と
ある条件を仮定して怒りを沈めること。

その条件ではない、と事実を知ったとき
怒りが余計に膨れ上がったりする。





 高校の時の話になるけど
 クラスメイトからの迷惑行為に悩まされていた頃。
 また、おめでたい教え
 (迷惑行為を働く人間が絶対悪であり、
  常識的な振る舞いを貫くことが善
  という思想も含まれてる)
 を妄信してた時期。
 この非人格者どもが、と苛立ってた。

 そんな時期に図書室で見つけた本に書かれた
 問題を抱えた家庭や虐待する親についての話を読んで。
 こいつらも もしかしたら家では虐待受けてるか
 ろくでもない親の元で育ったのかも、
 っていう風に考えると
 怒りの気持ちが少し治まって、同情の気持ちが沸いた。

 もし何の問題も無い、まともな家庭だと知ったら?
 多分 条件によって抑えられてた怒りや苛立ちが
 余計に膨れ上がるのは想像に難しくない。
 「そんなまともな家庭で暮らしといて
  なんでそんな風に育ってんだ!」と。

 「怒りを静める条件」が、
 信憑性があるかどうか、
 自分がその真意を知ってしまう可能性の程、とか
 そういった要素がどうあるか次第では
 「仮説を立てて相手を許す、怒りを静める」って手段は
 良い場合もあれば悪い場合もある。

 高校の頃のこの考え方は、やりすぎると卑屈な性格になる。
 「自分の方に問題がある可能性」を懸念してないし。
 まぁ当時はそういうものの見方しかできなかったってことで。
 



話を戻すけど。

僕も一銭も出したくない、ってわけじゃなかったから。
自分の所で大金を動かす、ということをしておきたかった。

ローン関係は除いて、
僕の人生で最も大金を払った経験トップ3が
父親にせびられた38万、
自動車学校の学費25万、

そしてI組に脅されて払った10万で。

「自分が大金を払った記憶の上位」に
あんな奴らのことを置いておきたくなかった。
だから自分の手で大金の払い、戻しを
どんどんやっておきたかった。

だから最初は特に苦じゃなかったんだけど。
金は戻ってくるって認識だったし。


僕の上限としてはせいぜい
戻るのが遅れても1〜2ヶ月まで、
上限は10万まで、であれば許せる。

それを越えた辺りから会社にヘイトが募り始めた。
(まぁ経費の前にも元々色々あったが)



10月の給料明細の時に関して、
「経費はちゃんと返していくけど
 今度の明細にはひとまず0円って載る」
って 事前に説明されておけば、
あれが引き金にはギリギリならなかったかもな。

そういう部分でも
誤解されないように報告、連絡を徹底することが大事、
って学んだわ。

あの会社ではそういった伝達が無さすぎ。
僕も足りない所があったかもしれん。





あと相談。
本社に赴いて上司と今後の事務所の方針や
僕のやるべきことを話し合ったりしたら
仕事へのモチベーションが一時的に上がる。

人と相談すること、って大事なんやなと。
小学校の頃から聞いてきたことではあるけど。

悩みを打ち明ける、相談するって発想自体が無いんだよな。
これやるようにしてたら地元や家族のことを
こんなに嫌うことはなかったかもな。

役者の学校も疲れて行かなくなったりした頃も
担当や仲間と相談してりゃモチベーション維持できたのかね。






それからだけど 例の事業部は
真面目に頑張ればバカを見る、ってことが多かった。
表面的に真面目にやって
見えない所で適当に手を抜くのが
上手い世渡りの仕方なんやなと。

僕なりに会社の役に立とうと本腰入れて
一日中動き回って、仕事を終える夜遅くに
上司2人の辛辣な言葉でバッサリ切り捨てられた
あの日とあの日のことは忘れねぇわ。

頑張ったという過程だけで評価されるのは
子供まで、ってのは分かってるけど
別に僕はミスしたわけじゃないからな。
半ば八つ当たりみたいなもん。

仕事上での言動を
人間性の判断材料に繋げる気はないから
その2人を嫌ったりはしてないけど。




あと、僕は上司の機嫌を良くする振る舞いが出来ない。
出来るようになろうって気にもなれない。
出世とか出来ないだろうな。

「新黒沢 最強伝説」って漫画に
こじえもん って呼ばれるホームレスが登場するんだけど。
偏屈で協調性が無く、周りと関係をこじれさせて
生きてきた人の末路みたいな感じ。
下手したら僕もこんな風になるかもな。




「先に金もらわないとこっちも仕事できない」
って言い張ることも出来たけど
僕なりに 勤務時間中に自分の出来る仕事をやって
会社に貢献する姿勢を見せねば、って思う気持ちもあったんだけど。

僕が真面目な姿勢を見せたのは 後でもし会社と揉めた時に
「君が会社にどれだけ貢献したの?」とかいう口実を
与えないため、ってのが第一の目的だったかもしれん。
そのための頑張りを本当の誠意と呼べるのかどうか。



専門学校にも疲れて集中できなかったし。
当時は僕の根性の問題だと思ってたけど
週6で毎日12時間以上働いて
残りの1日も集中して企画書作るとか無理。
本当なら週6の方も仕事上がりに
企画練ったりしてもいいぐらい。

仕事と学校を同時に始めたのが間違いやったな。
そして最初に仕事内容について嘘吐かれた事か。

儲け話に騙されて損した気分、とかじゃなくて
正確な情報で言ってもらわないと困るんだわ。
自分の需要と一致するのかこっちは吟味しないといけないってのに。


求めたのは 月給20万以上確定とか 週休2日とかじゃなく
「本当の仕事内容を話してほしい」ってだけなのに
もうそれすら期待できないのかな。

世の中の人間は基本的に善人面した敵、
って覚悟じゃないといかんのかもな。
僕の認識が甘かった。



退社してからT社でまた建築やってる。
待遇の良かったN社には縁切られたし。

去年は「稼げる」と誘われて
金はほとんど残らなかったから。
今年に入ってコツコツ預金貯めてる。

仕事中に例の事業部でのことを思い出して
イライラすることが未だにあるから
前向きに 別のことを考えるようにしないとな、と思う。







新黒沢 最強伝説 1 最強伝説 新黒沢
フクモトプロ/highstone, Inc.
2014-12-15
福本 伸行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新黒沢 最強伝説 1 最強伝説 新黒沢 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








夜回り先生と夜眠れない子供たち (小学館文庫)
小学館
水谷 修

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜回り先生と夜眠れない子供たち (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「夜回り先生」
子供の悩みや家庭問題と向き合った人の手記。
尊敬してる。
けど一部の行為、思想には賛同できない。
詳しく語るのはまたの機会。








こんな親だから非行にはしる
PHP研究所
相部 和男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こんな親だから非行にはしる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「こんな親だから非行にはしる」

この本を借りて 母親への当て付けのために
居間の目の届きやすい所に置いたりもした。

内容で共感を持った話は
不登校で夜中にまでゲームしている兄が
ゲームで分からなくなった所を
弟を起こして聞き出す、という話。
僕も弟に同じようなことをされてた。

一番気持ち悪かったのは
息子の自慰を手伝う母親の話。
息子のその場面に出くわしてしまい、以降
「一人でやるのは可哀想だから」と
手伝うようになったとか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の気持ちもころころ変わるので、長続きすることはない。それがふつう。理想と違う人生であっても、年取った時にはそれなりに満足していることが多い。若いころ、「**しないと後悔するぞ」と脅かされたこともあったが、実際に後悔することは少ないものだ。(それが問題なこともある。)
会社を辞めたのは正解だと思う。最悪なことは、気力奪われ奴隷のように無為な時間を過ごすこと。
私の信条は、「戦士は戦う場所を自分で選ぶ」ということ。無駄死にはなりたくない。どうせ死ぬなら、選択して決めたい。また、最後まで楽観的で積極的に生きたい。疲れて選択の余地がないと感じる場合もある。パワーを得たときには、足元に道が見えてくる。自分が十字路にいることがわかる。そこで脱出も可能になる。負のスパイラルにいることが常態、チャンスは、それから抜け出すこと。
私も他人からきもいと思われていることも多いだろうが、自覚ないことが多い。自分は社交的でないが、相手が近寄ってきたときには失礼ないように考える。今更、厳しい現実を見て、世の中わかったようには思えないし、みなくて良いものは見たくもない。
ストレス発散の効果的な方法は八つ当たり。自分の心が苦しいいときに、結果的に周囲の人に八つ当たりしている。それが良いことか悪いことかはケースバイケース。
会社の中で、「良い人間」とは稼ぐ人、皆の利益に貢献する人。利益に貢献するために周囲に当たり散らすことが容認される場合もある。(ストレスで倒れるよりまし)しかし、利益に貢献していない人が周囲に不快な感情を出せば、皆に嫌われる。それが会社の善であり悪。
あじさい
2017/04/28 15:13
報告、連絡、相談は大事ですね。社員採用の重要な要素は、滑舌が良いこと。滑舌悪いと伝達で不要なトラブルが生じる。海外と電話で仕事する会社では、滑舌の良さが入社試験の売り。
悪者を作り出して「スケープゴート」にするのは世の常。苦しいいとき悪者作って攻撃して発散すると気が晴れる。それでいじめがなくならない。他人のことはよくわからないのが真実。妄想が邪魔をする。勘違いして攻撃する。気が付かない間に加害者になることが多い。怒りを鎮めるのは簡単ではない。目に言えないが、怒りは単純に減らせる代物ではない。気持ちの切り替えは、簡単ではないがテクニックはある。
自分にとって金は空気のようなもの、不自由していないと存在感はない。しかし不足すれば大きな問題になるであろう。そのため、金を増やすことは人生に必要なスキルだと思う。会社での評価は、能力、努力、やる気にあまり関係ない。集団の中で立ち回りで決まる。会社という組織を理解したほうが良い。現実は理想的な状態とは違い、ドロドロして、愚かなものだ。
あじさい
2017/04/28 15:13
アンガーマネジメントが出来ていないと人間関係は改善されないぞ

怒るだけならサルでもするんだ
怒り
2017/05/04 08:53
>あじさいさん
ありがとうございます。
こっちは自分の需要と一致しないから手を引くだけなのに 相手からすれば感情論や勝手な前提を持ち出して「去った奴は逃げた弱者」「こんなことにも耐えられない」とかいう風に思われるのかもな、ってのが頭にくる理由の一つなんで。辞めて正解って声は励みになります。

伝達については 滑舌以前の問題で。「LINE」使ってたんですけど。それを使った報告とかもきちんとやらなかったり。
「明日の備品運搬はいつもの3倍になる」→運搬担当の僕にこれを送ってない。
その問題を指摘したら「グループの報告には流したんだから見てないお前が悪い」とかで。素直に落ち度を認めもしない。
ちなみに僕が所属してる方でない千葉事務所のグループで、僕に関係ない事務報告が毎日何百個も流れるからいちいち見てないし。
千葉事務所の担当に「こっちは聞いてないんですけど」つったら「ごめーん」


組織内で 打刻の仕方が変わった報告が行き届いてない人間(僕)が居る事も問題だし。その場合、割合で見れば「決まったやり方に背いてる少数(一人)」である僕の落ち度として扱われる。
おっさん
2017/05/05 20:01
落ち度、なんてのは 探そうと思えば何処からでも出てくるんですよね。重要なのは納得がいくか、と 適性である場所からそれを見出すこと。

精神論とか人格の観点で言うなら
なるべくそれを他人から見出そうとせず、自分に向けること、だけど。

単純に他人が悪いと思うようなことで 自分に向けるってのは、我慢というより見切りなんですよね。

極端な例え、モノを貸してほしい、と言ってきた相手に貸すと、 それが壊れて戻ってきて。追求すると「いやだってわざと壊したわけじゃないし」「そもそも壊れやすいものなら先に言うべき」とか。
あぁ、あくまでこっちに責任見出すのか。
あぁ、そうかよ。
って感じ。

ちなみにこれ小学生の頃の実話。
おっさん
2017/05/05 20:07
>怒りさん
新しい言葉として学べました。
ありがとうございます。

「許すことが人としての強さ」みたいな精神論よりも
アンガーマネジメントの説明みたいに「大事なものを遮断、妨害されたときに発生する感情、防衛機制」という理屈の方が納得できる。

怒りの感情はほぼ毎日沸くので。睡眠、運動、あるいはカルシウムの摂取などで抑えられるなら心がけたいと思います。
おっさん
2017/05/05 20:13
睡眠運動食事でセルフコントロールするのは賛成。また、怒りが防衛機制だということも納得できる。
流されやすい人は周囲のムードに抗うことは難しい。現実、怒りの場が形成されているときに周囲に染まることが怒りに対処しがたい原因であると思う。
あじさい
2017/05/07 07:35
それは怒る事で自分の落ち度や無力を肯定する行為だよ

怒る方向に後悔を向ければ楽になるのが今の心理学の定説
だから進歩しない
ターゲットを設定して脳内でキレて溜飲を下げる
で、落ち着いたら関連がありそうに見える、実は関連が無い事を思考する
逃げた事実を誤認させるためにね

勝ち負けの結果と、ちゃんと向き合うもしくは逃げるということは別のベクトルの思考だよ

ごった煮にすれば楽だけど、それじゃあ同じ螺旋から出られないね
ちゃんとした大人になろう
それは
2017/06/19 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
残り5200日 退社した。 仮説を立てて相手を許す行為 風呂上がりのおっさんの脱衣場ブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる